目が覚めた。
まだ行った事無いお店で、
どこに行こうかと考えつつ
朝LINEして風呂に入りました。

 

 

ん?LINEの返事が22分後。
その予約でお願いしますと13分後に返信。

 

 

???
その間に一本入ったようだ…
少しだけ考えてまあゆっくりして、
ごはん食べながら行けばよいかと考える。

 

そして取り敢えず90分で予約。

 

これが、ゆくゆくになろうとは…

 

この寒さ故の重装備。
準備に時間がかかる。

マンションまで2km程度。
歩くか。

余った時間は、ラーメンでちょい飲みしよう。
そうしようと思いつつ。
歩きながら良さそうな所を探します。

 

ん?

 

やぁ!久しぶり!

岡山以来だね!

 

 

でも昼飲みにはどうかな?
やっぱり軽くラーメン。

ん?
生中90円?
そんなのを横目で見ながら。
結局は、
中華料理屋に入った。
日替わりランチがチャーハンと唐揚げという。
ガッツリした感じで680円。

この680円に負けてしまいました。
んでもって生中。

店員は中国人?
うーん。出てくるまでに10分くらいかかったかな。
途中、同じくランチを別の客に運んでいるのを横目で眺めた。

 

心(マジかよ…)

 

さて、やはり…
多過ぎです。
2人前はあるんじゃなかろうか?
というチャーハン。

 

 

 

んでもって唐揚げ。
唐揚げは後から運ばれてきました。

チャーハンも、
唐揚げも、
スープも、

美味しいけど、
食べきれませんでした。

テイクアウトを微妙に考えたけど、
話すのが面倒で^^;;
そのまま、料金を払って店を出ました。

華中苑 上本町店

ちょこっとだけ駆け足で、
ほぼ、時間丁度にマンションに到着です。

お店に到着の電話。
さて、電話番号が同じでした^^;;

受付の男性は丁寧で、
受「〇号室にお願いします。」

とのことで、
オートロックを解除してもらって、
エレベータで部屋に向かいます。

恐らく眺めが良さそうだろう高さの場所。
景色を見ることは出来なかった。

 



 

そして、ピンポンから出てきてくれたセラピスト。
どう言えばよいか、
良く言えば清楚な感じ。
普通のスタイルの良いセラピスト。
上は完全防御。
隙間?あったっけ^^;;

 

 

そんなセラピストに部屋の中に案内されます。
ワンルームの床施術でオーソドックスな感じ。
煙草吸う事ができました。
右奥のチェアー。
そして、テーブル。
同意書、などは一切無し。
椅子に座って、
右手に床施術。
頭上に鏡。
右サイドにも鏡。

その鏡が特徴的で、
六角形の20㎝半径の鏡を組み合わせたもの。

右サイドは大きめです。

 

 

一服しながら、
中華料理屋の話など、
セラピストと何でもない会話をして、
服を脱ぎ、シャワーに向かいます。

特に神Pは言われませんでした。

それ故にそのままタオルを巻いて施術開始。

 

 

脹脛のマッサージはやはり本格的。
歩き疲れた足にはいい感じのマッサージ。

そして太もものマッサージ。
深いです。
カエルリンパ鼠蹊部マッサージじゃないのに、
隙間から手が侵入。
手前のリンパ鼠蹊部マッサージまで。

もう当たって当然のライン。
そのラインは、FKに至るには十分で、
カエルリンパ鼠蹊部マッサージでは、
素手にTRTR。

でも丁寧なマッサージは、着実に施術時間を短くしていきました。

背中、肩甲骨などあったかな?
その後の施術のせいで記憶が定かじゃないです。

 


セラピスト募集中!!



 

仰向けマッサージ。
普通な感じのセラピストだったのですが、
表情が、

メンズエステ向けの表情というか、
切ない表情に変わっています。

 

そして、
その施術内容はメンズエステの王道。

サイドからの鼠蹊部リンパマッサージ。
とピンポイントなデコルテマッサージ。

 

あろうことか、
セラピストはFKをセラピストの膝の裏を使っての、
マッサージ+片手はGYO9やHIPセンターラインの、
マッサージ+片手はデコルテマッサージ。

 

このマッサージは一人のセラピストだけど、
ダブルセラピストで施術を受けているかの様。

 

 

そして、僕はセラピストに軽く長割。
それは、鼠蹊部辺りまで。
そしてさらに深く。

 

えっ
(n*´ω`*n)

Vタイプオイル。

 

そのオイルを確認している間のセラピストの表情は虚ろ

この辺りで、
こうなるとは思っていなかったので、
延長をお願いします。

 

セ「ちょっと聞いてみますね。
セ「多分大丈夫だと思います。
セ「次、予約入っているので
セ「30分5000円になりますが^^;;
僕「わかりました。」
僕「それでお願いします。」

 

この
全く予想出来なかった。

 

 

しばらく話しているセラピスト。

セ「最初から120分コースというこで
セ「4000円でいいそうです。

1000円だけど、いい気分です。
そしてそんなERな施術は継続。

 

TRx4

 

少しだけお願いします。

僕「少し横からの施術はどう?」

 

 

Aブロック

Aブロックについて

ミセスレディアース(大阪)

 

 

今日、とても良い日になりました。
ん?

さっきまで何かにとりつかれていたセラピストの表情。
それは最初の普通な感じのセラピストに戻っていました。

 

僕に取り付いていたものは、
すーと消えて賢者モードに。

 

それからサクっとシャワーを浴び部屋に戻って一服しながら話ます。
いろんな話をしたけど、また施術を受けたい。
そう思う内容です。

 

遠くから来ている事を告げると、
セ「え~♪ほんと!ありがとう!!
とても嬉しそうで。

そんな姿は心に残った。

 

 

 

そして笑顔で分かれます。

僕「じゃ~」
セ「(笑)

部屋を出て…
もう香川に帰ろう。

そう思いつつスマホ眺め。
地下鉄に乗り。

 

やはり友達は重要だと帰路を迷いながら思う。

 

 

DEW A/Five/

 

ミセスレディアース 基本情報

 

セツビレベル()
★★★★★
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★☆
ムフフレベル(文句無しで)
★★★★★
マッサージレベル()
★★★★☆

ミセスレディアース(大阪)