うーん。
具合が良くない…
っていうか二日酔いなだけじゃん^^;;

 

 

ガッキーさんの6歩歩レベルが少し気になって行ったお店です。

 

マリモさんと比べると賛否両論ってところでしょうか。
それともセラピストによるものなのか?

 

 

予約電話の受付は丁寧な男性で、
電話予約すると1時間後くらいで大丈夫だそうです。

まあ、そのくらいならと思い予約しました。
セラピストは2人いてそれぞれ丁寧に教えてくれたのですが、
どうなのか…
どっちも同じくらいの年齢だったので、
お任せすることにしました。

1時間程度、時間を潰してアパート?
っていうのでしょうか?
そこに向かいます。

多分、あれだろうなと思いつつ着いたよ電話。
僕「多分、近くにつきました」
受「では時間丁度に〇番の駐車場にとめて」
受「〇号室にいってください。」
僕「禁煙でしょうか?」
受「はい。すみません。」
僕「じゃー一服してから入ります。」

といって、一服。
駐車場は前のレポにもあるように広くて止めやすいです。

さて向かおう。
部屋の前でピンポン。
セラピストを待ちます。

その扉が、この建物の古さを物語っています。
中で足音が聞こえ、近くまで来たのは分かったけど、
一瞬とまります。

あの、小さな穴から恐らくはこちらの様子を伺っている。
そう思いつつ扉が開くのを待ちました。

 

 

空いた瞬間、
心(…サンタさん)
しかも若いセラピスト。
若いというのは受付時に知っていたのですが、
いざ目の前にすると、可愛いセラピストです。

セラピストは笑って会釈して部屋に案内されます。
ん?
スリッパ3つ、どれを履こうかと一瞬考えたけど、
一番左端のやつを選びました。

入ってすぐは何でもない部屋、
正面と左に施術ルーム。
入って右にシャワールーム。

ざっとこんな感じで、正面の部屋に案内されました。
すぐ、左にテーブルと椅子があって、
小さなサンタさんがテーブルの上に居ます。

セ「2枚ありますので、記入してください。
僕「はい」
セ「今日は90分コースですね
セ「今イベント1000円引きで
セ「10000円丁度になります。

料金を支払いました。
疑っているわけじゃないけど、必要以上にもって入らないようにしています。

アンケートが結構細かく、内容を読んで、
サインします。
アレルギーとか疲れている所とかあったかな。

まあ、普通に記入してサインしました。
その間にセラピストがシャワーの準備をしています。

セ「シャワーに案内します。
セ「こちらになります。
そう言ってシャワー室に案内されました。

シャワー室に籠がありその籠に服を脱いでシャワーを浴びます。
良かったのは、セラピストが事前にシャワーを適温で出していてくれたこと。

これって、ありそうであまりないのです。

セ「こちらに紙パンツあるので履いて出てきてください
僕「えーと。」
僕「これは?」
セ「トランクスタイプ
僕「スリットは?」
セ「多分ないと思います。
セ「みんな大抵これ

Tタイプです。
僕「じゃー僕もこのTにします。」
セ「(笑)

 


セラピスト募集中!!


 

シャワー室。
シャワーのタイルが冷たいですTT
マットのようなものがあった方がいいかな?
なんて思いつつシャワーを浴び、
キッチリ目な神Tを装着して部屋に戻ります。

戻りながら、
部屋が古いというか、
何故か瓦町の裏を思い出しました。
僕は嫌いじゃないです。
この感じ。

 

 

セラピストは髪を結ってました。

セ「こちらを頭にしてうつ伏せになって下さい
早速施術です。

 

 

 

僕「ちゃんと拭けてないかもです^^;;」
セ「大丈夫ですよ

そう言うと、背中にタオルをかけてくれ、
片足にもタオル。
もう片足にもタオル?
かと思いきや、
足裏からのオイルマッサージだったと思います。

これこそ、オイルマッサージ。
指圧なんて不要です。

年齢こそ若いものの、
セラピストの包み込むような感じのマッサージは僕には合ってました。

余り会話はしなかったけど、
足裏のマッサージから脹脛のマッサージ。
この脹脛のマッサージは良く言えばかなり丁寧。
悪く言えば時間かけすぎ、時間配分大丈夫?
と思わせるようなマッサージです。

ただ、単調なマッサージじゃなく、
圧をかけたり、リンパを流したり、親指でワイパー?
のような多彩なマッサージは…
やっぱりウトウトと幽体離脱です。

意識があるかどうか、
その境を行ったり来たり。
そんなマッサージは太もものマッサージに。
ここからがKIWの勝負です。

ゆっくりと太ももの付け根まで行くものの、
決して当たることなどないラインでのマッサージ。

遠いマッサージです。
そこからのカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。

普通、なんか言ってと思うのですが、、、
セラピストは足を持ち上げて曲げています。

僕「カエル?」
セ「はい^-^

さて、ここでのマッサージ。
条件反射で反応するものの、やはり遠いです。

この時、既に最終形が分かったような感じがしました。
そしてその予想は…

逆足、時間大丈夫?
と思わせるようなマッサージ。
そのカエルリンパ鼠蹊部マッサージが終わって、
背中のマッサージ。
そして肩まで。

セ「仰向けになってください」
僕「はい」

サッと仰向けになります。

もう一度言えば、
セラピストは可愛いセラピストです。
再認識しました。

 

足からのマッサージ。
脛、太ももとマッサージしていきます。
そこも丁寧なマッサージ。

僕はセラピストの普段の仕事。
前の仕事など色々話をしていました。
話をすると明るいいい感じです。

そう言えばマッサージの途中で思ったのですが…
爪が…
それにしては、マッサージが上手いです。
妙な所で関心しつつ。
他のお客さんの事など聞いていました。

 

 

2割、ERサービス希望。
3割、2白。
5割、FKのまま。

 

 

僕「えっFKってこの状態でわかるの?」
セ「わかります(笑)

僕「そっか。」

施術は最終局面のセンターのリンパ鼠蹊部マッサージ。
ワイパーのような感じ。
左足は、
インコースに食い込んでくるようなシュート

右足は、
切れのいいスライダー

 

そんなマッサージは、少し遠く。
ボールに手が出ませんでした。

 

 

でもね。
大よそマリモさんのレポで想像できたことです。
でも、カエルリンパ鼠蹊部マッサージがあっただけでも、
良かった。

 

正統派マッサージに近い。
そんな施術。

そう言えば、デコルテマッサージはなかったです。

120分からだそうで、
90分だと仰向けは下半身までだそうです。
全身マッサージじゃないので^^;;

そんなマッサージはセラピストのタイマーの
「ピピッ」
って音と共に終了です。

僕「終わりですか?」
セ「はい。そうです。

 

サンタの服装よりもワンピの方がいいかな?
なんて思いつつシャワーに向かいます。

シャワーに向かうその時。
玄関の扉が10cm程度開きました。

誰かが…見ています。

これが一番(*_*)

普通なら一瞬で閉じる所。
何か、僕を確認しているかの様。

考えすぎかな^^;;

僕「誰?」
セ「多分、スタッフ
僕「女の人?」
セ「うん。

 

シャワーを浴び服を着て部屋に戻ります。
そして、

僕「B?」
セ「ううん^^
セ「こんな服装だから^^;;

思いっきり外していました。

 

僕「腹減ったな…」
僕「ラーメン食いに行ってきます」
セ「はい(笑)
僕「また来ます。」
セ「(笑)

僕は手を振ってセラピストと別れました。

 

 

 

んー。
そうだ!
渦流いこう!

店に入ると、
店「すみません準備中です。」

 

がんてつ?
車線が逆。

 

りょうか。
気分じゃなく、
やはり辛子高菜が欲しい。

 

でもって贅沢ラーメン福一。

 

 

見た目、一瞬、小さって思うけど。
ネギをそこそこ入れることが出来るのと、
辛子高菜の辛さがいい感じなので、
もう何度も行ってます。
金額も650円とまあ普通。

ラーメン食べると眠たくなって…
家に帰ってもうひと眠り。

DEW A/wNwLw/

 

リラクゼーションサロンEir(エイル) 基本情報

 

 

セツビレベル(悪くは無いのですが…)
★★☆☆☆
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル()
★☆☆☆☆
カンヨウレベル(まず無理でしょう。)
★☆☆☆☆
ムフフレベル()
★☆☆☆☆
マッサージレベル(思ったよりも普通)
★★★☆☆

 

 

 

 

 

リラクゼーションサロンEir(エイル)(香川県高松市)
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)