[2017末]

さて、お気に入りの居酒屋です。

もう何度も行ってますが、
初めて知ったのは東京の友達とこの近くのホテルで泊まった時に行きました。

最初は確か平平平平。
そこで接客が余りよろしくなく友達の機嫌が^^;;

友達は寝るっていうから僕一人でふら~と入ったお店。
その時は、岩ガキ食べたかな。
確か。

 

それからというものしばらくはここばかりで^^;;

何人かの友達、いろんな人と食べました。

 

 

 

[ネスルV2]

ラグゼを出て、またまたエステに向かいます。

一旦自転車を戻さないと自転車が返せなくなるので、
駅まで戻ります。

駅に戻って予約時間を考えつつバスの時刻表を眺めます。
どうも間に合いそうもなく、タクシー使いました。

となると帰りのバスもなく、事前にお店にタクシーを施術終了時間に呼んでもらいます。

僕「すみません。」
僕「少し遅れそうです。」
僕「ただ帰りの時間は守りますので。」
受「極力対応させていただきます。」

丁寧な気持ちのいい対応です。

時間的なものなのか、全く動きません^^;;

僕「全く動きませんね^^;;」
運「バス優先になってて全くです^^;;」
僕「何かつくりに問題があるのかも知れませんね。」

行先は、山陽マルナカの辺りって言っていたのですが、
少し雨が降ってきたのと、時間…
ギリギリっぽかったので僕のスマホのGoogleMap見せます。

運「だいたい分かりました!」

着いた時間はほぼ時間丁度だったかな…

 

[2017末]

 

突き出し。
文句無し。

 

 

僕がこの後、
何を注文し、
どのくらい食べるか。

僕にとって初めて行くお店では、
この突き出しが勝負だと言っても過言ではありません。

これが悪いと、一人で飲んでいる場合だともう一品注文して
その一品でどうするか決めてしまいます。
そのもう一品が悪いともうそこには近づくことはありません。

 

 

歯ごたえの良い数の子と生中を飲みながら本日のオススメを眺めます。

ほとんど想像できたけど、玉ネギの奈良漬と柿アイスクリーム。
この二つの味が想像できなかったです。

後は、ハタハタ。
子持ちかどうか?そこだけ店員に確認しました。
結果、選びませんでした。

 

 

ヒレ酒を見ながら、とあるセラピストを思い出しました。
僕は飲まなのですが、頭に入れておいて損はなさそうです^-^

 

 

[ネスルV2]

 

タクシーはマンション西側の道路に。

僕「もう歩いて行くので大丈夫です。」
運「あ。反対側ですね」
運「もうメーター切っているので」
運「反対側いきますよ」
僕「いえ。大丈夫です」
僕「歩いて行ける距離なので。」

ん?
このマンション。
西側から入れません。
結局グルーと回ってマンションに到着です。

僕「たぶん着きました。」
受「真ん中の〇号室になります。
僕「もう大丈夫でしょうか?」
受「はい。大丈夫です

階段を上がって、
心(えーと…ここか。)
ピンポンプッシュ…

「…」

ん?
長くない?
間違えた?

などと考えながら、部屋番号を見ました。
いや、あってる。

しばらくして出てきてくれたセラピスト。
愛想のよい可愛らしいセラピストです。

そして施術服ですが、キッチリ目のワンピと膝丈くらいの長さ。
後で分ったのですが、寒さ対策していました。

僕「こんばんは。」
セ「お待ちしておりました。
セ「こちらになります♪
セ「寒かったでしょ?

そう言って案内された部屋は、初めてここへ来た時と同じ部屋だったと思います。
先客?
黒い靴がありました。

 

ただ、その先客の気配が全く感じることはできませんでした。

 

部屋に案内されると、正面が床施術。
左手前にガラステーブル。
アンケート兼同意書があります。

僕「煙草大丈夫でしたっけ?」
セ「はい!
セ「すぐに灰皿お持ちします。
セ「今日は90分コース10000円になります。
僕「えっイベントで8000円じゃなかったですか?」
セ「イベント割りですね。
セ「8000円になります。

そう言って8000円を支払いアンケート兼同意書にサインします。
別紙を確認してのサインだったのですが、
その別紙が見つかりませんでした。
でも取り敢えずサインです。

 

 

大よその内容は想像できたし、そもそも不要なことをしなければ問題ないのだ。

セラピストがお釣りと熱いお茶を持ってきてくれます。

 

 

セ「それ吸ったらシャワー行きましょうか?
僕「はい^-^」

そのアンケート兼同意書。
最後までセラピストが見ることがなかったです。
これも不思議と言えば不思議だし、
なにも言われないのに、勝手に書いた僕も変な感じです。

 

 

セ「タクシー何時に呼びましょうか?
僕「〇時でいいんじゃないですか?」
セ「終わりのシャワー時間は含まれないのです。
僕「それなら…その10分後でどうでしょうか?」
セ「分かりました♪

文章では素っ気ないのですが、
セラピストはとても愛想よくにこやかで丁寧な接客です。

 

 

 

施術服など好みじゃなかったけど、接客力という面ではトップクラス。
そんなセラピストです。

 

 

 

[2017年末]

 

本日のオススメメニュー。
それよりも、目の前の真子の煮つけが旨そうだ。
それを食べよう。

 

 

 

僕「魚、何がいいですか?」
店「さわらがオススメです。」
心(メニューにないじゃん(笑))

 

僕「そのさわらとこの真子お願いします。」
店「さわらはたたきでいいですか?」
僕「はい。それでお願いします。」

 

 

真子の煮付けの味付け。
薄味、多少甘めで素材を殺さない味付け。
想像していたものがそっくりそのまま口のなかに入って来るかの様。
後、さわらのたたき。
もう言うまでもないです。
なにが良いか。

 

 

 

この生ニンニクのスライスの量。
多分、多めといか、本来あるのかな?。

久しぶりに行ったけど、よく覚えていてくれてます。
こういう事されるとね。

 

通ってしまうタイプの僕です。

 

 

 

[ネスルV2]

シャワーを浴び神Pを装着して部屋に戻ります。
神Pはしっかり目。

 

うつ伏せ指圧から始まったマッサージは、ポイントを確認しながらのマッサージです。
最初は頭上にセラピストが座っての首の指圧から始まるマッサージ。
良くも悪くもないといった感じです。

 

 

そして、背中のマッサージ。
背中は、背骨を軽く確認程度に触ってそこから少し離れた所を押すといった感じです。

 

今日のセラピストにメンズエステ要素は皆無だと最初に思っていました。
それ故、色々とセラピストに話ます。

 

そんなくだらない話を笑って聞いてくれる、

かなり聞き上手なセラピスト。

 

 

適当に返事をしているのではなく、

会話を正確に聞いているというのがわかります。

 

後ろから聞こえる笑い声。
その音はセラピストの笑顔を想像させてくれました。

 

セ「オイル始めていきます
こんな感じで始まったオイルマッサージ。

 

足裏から、脹脛、太もものマッサージ。
悪くないのですが、やはり遠いマッサージ。

 


セラピスト募集中!!


 

香川県の健全店に行ったことある人ならわかるかと思いますが、
正直、ラニーさんやパルムさんよりも遠いマッサージです。

 

当然の事ながら、カエルリンパ鼠蹊部マッサージ。
そんな施術はありません。
4281などはもってのほかです。

 

 

というか

 

鼠蹊部リンパマッサージが無い

 

といった方が無難でしょう。

それ故、反応することもないです。

そんな両足のマッサージが終わって、
臀部、腰、背中、首のマッサージが終わります。

セ「仰向けになってください。

この段階でもうKIWAが無いのだろうな。
そんな風に思いながら仰向け施術になります。

 

デコルテ、足、お腹のマッサージ。
最後は腕のマッサージで終了です。

 

やっぱり反応するポイントはなかったかな?

PCRなんてのも皆無です。

 

ただ、聞き上手なセラピストとの会話は、
90分があっという間。
そんな時間でした。

 

 

でも、前回と施術内容は別物といった感じです。

 

 

 

[2017年末]

最後に迷ったのが、セコガニにするか車海老にするかという所。
僕の好みは、セコガニだったけど、
記憶の中が車海老を選びました。

 

 

車海老は生きているものをさばいてくれます。
造りか塩焼か…
ここでも同じく記憶の中が造りを選択。

 

海老の頭は食べれるように揚げてくれます。
そのなかのみそも味わえる優れもの。

 

 

 

これ食べたい♪

「いいよ♪」

つい最近のような気がします。

 

僕「すみません。」
僕「会計お願いします。」
店「いつもありがとうございます。」
僕「どうも最近あまり食べれなくて^^;;」
店「どっかで食べてきたんでしょ?」
僕「いいえ。ここが初めてです。」

 

確か、6000円そこそこだったと思います。

 

店「良いお年を!」
僕「良いお年を^-^」
僕「来年もよろしくお願いします。」

 

 

 

[ネスルV2]

 

シャワーを浴び着替えます。

僕「楽しかったです。」
僕「ありがとうございます。」
セ「はい、ありがとうございます。

確かそんななんでもないような会話。

セ「これポイントカードです
セ「全部たまると2000円引き

「2●〇〇」
黒丸の所に日付とセラピストの名前。

 

 

僕「もうタクシー来てるかな」
僕「急がなきゃ」
セ「大丈夫ですよ。

 

 

セラピストと別れる時。

 

玄関には、先客の靴がまだありました。

 

僕よりも長い時間で入っている客のもの?
なのか…
そう考えるのがストレートな考え方。

でもね、
何故か、ブラフ。
と考えるようになってしまった。

 

 

それと同時に、大変なんだなと…

 

 

そう思いながら笑顔でセラピストと別れました。

 

そして、飲みに出かけます。

 

 

 

[2017年末]

 

ホテルのベットで深い睡眠から目覚めて、
久しぶりに路面電車に乗りました。

 

「口コミで人気のたこ八…」

 

というフレーズが引っかかる。

口コミで人気のはずなのに、なぜ宣伝する必要があるのだろうか…
僕なら、「連日完売のたこ八」とか他のフレーズ考えるかな。

 

 

おっと、なるほど、
そのように考えさせることが、このフレーズの目的。

 

 

心(え?)
心(ひょっとして深読み?^^;;)

昨日の靴と同じく(苦笑)

 

 

DEW A/^-^/

 

 

ヒーリングサロン ネスル 基本情報

 

セツビレベル(ボディシャンプーの位置が…)
★★☆☆☆
セラピコノミ度(好みではないけど接客が良く楽しい)
★★★☆☆
キワレベル(ここから)
★☆☆☆☆
カンヨウレベル()
★☆☆☆☆
ムフフレベル(ここまでは無いです。)
★☆☆☆☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

ヒーリングサロン ネスル②(岡山県岡山市)
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)