そもそも岡山予定だったのですが、風には勝てぬ。
早めの変更をしておきました。

 

そしてふっと思い立ってリアンに。
今まで120分コース。
90分コースがどうなのか確認です。
セラピストは当日出勤しているセラピストからセレクト。

 

もう、過去の経験から大よその施術は分かっています。
KIWは深い。
そして当たることもある。
でもね。
最終決定打がどうか…
殆ど微妙な感じのお店です。
とは言っても香川県じゃ深い方になります。

 

まあ、過去になかったわけじゃないけど、
期待できるほどでもない。

そんな気持ちで予約したリアン。
随分と久しぶりの様な気がします。

 

チュティでとあるセラピストが気になっていたラーメン。
帰りにそれも確認しておこう。
そして報告しに行こう。

 

夜、リアン→気になるラーメン計画です。

 

 

 

 

 

 

予約は昼間しました。
受付の女性はまあ普通な感じです。

受「オススメは120分になりますが大丈夫でしょうか?
僕「90分で大丈夫ですよ^^;;」
受「また、着きましたらご連絡ください。

 

そんな感じの予約。

時間を逆算してエステマンションに向かいます。
ほぼ丁度?だったかな。

 

僕「着きました。」

準備が出来ているとの事で部屋に向かいます。
迷ったのはエレベータを使うか否か。

 

階段で上りました。
微妙に健康に気を使ってます^^;;

上に行くほど、その日の強風を肌で感じつつ、
え?
まだだっけ?

 

グルグルと回る階段。
一番上の階なので間違えなかったけど、
途中だと間違えていたかもしれません^^;;

 

そして部屋の前でピンポン。
セラピストはいい感じのE系のセラピスト。
多分若い方になると思います。

 

何故か入って左を想定していたのですが、
入って右の部屋に案内されました。

 

セ「Welcomeドリンク何にいたしましょうか?

 

梅昆布茶が無いこと。
それだけをメニューから確認して、
温かい烏龍茶をお願いします。

 

 

90分の料金を支払い。
一服します。

出してきたお茶を一飲み。
セラピストと何でもない会話をしつつ、
テーブルの上のカントリーマアムを眺めます。
一瞬食べようか…
と思ったけど。
ラーメンの味を落とすだけだ。
眺めるだけにしておきました。

 

 

 

 

 

 

セ「シャワーの準備をしてきますので
セ「タオルを巻いて待っていてください。
僕「煙草すってるのでゆっくりでいいですよ」

 

煙草が終わって着替えます。
そして、タオルを巻いて座って。
ん?
スマホ。テーブルに置いておこう。
とスマホを脱いだ服のポケットから出した瞬間。
セラピストが部屋のドアをノックしました。

 

さて、シャワー室。
相変わらずの充実装備。

 

これ?
どうなのかな?
使ってみよう。

 

そう思うアメニティ。
充実しています。

 

サクっとシャワーを浴び、
不安定感満載の神Tを装着します。

 

部屋に戻って、一服。
その一服途中。
ん?あの象さんの置物の上なんだろう?
その象の置物を眺めていたらセラピストが戻ってきました^^;;

 

ほぼ待ち時間はなく、
いいタイミングでセラピストが戻ってきます。

僕「えーと。うつ伏せからでしょうか?」
セ「90分なのでそうですね。

 

今まで90分の施術は受けたことは無いけど。
どこかで微かに記憶に残っていました。

 

しっかりした指圧から施術は始まります。
セ「どこかお疲れの所ありますか?
そう聞かれるとね~。

僕「肩甲骨…」
ブラフ一個入れて。

僕「あと、鼠蹊部(*^^*)

 

セ「はい!わかりました。
セ「さわってほしくない所ありますか?
僕「特にないです^^」

久しぶりに正統派指圧です。
脹脛、太もも、ヒップ。
そして、セラピストが跨っての、
腰、背中、肩甲骨。

 

それだけで解れてしまいそう。
そんな指圧は十分に時間かけてもらったかな^^

 

 

 

 

 

 

そしてオイルマッサージ。

僕「太ももからでいいですよ。」
僕「余った分肩甲骨周りお願いします。」

 

そんな太もものマッサージはセラピストが踵に跨っての施術。
足裏の指が震えます^-^
恐らく、ピンポイントだったんだろう。

 

セラピストが話しかける語尾に何故か
E~感じの声もプラスされます。

 

90分の施術ではうつ伏せカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。
これは無いのですが、
微妙にGYO9の当り。
前面鼠蹊部まで施術されます。
ん、何故か腰から鼠蹊部目指して施術。

 

うつ伏せの体制から僕はセラピストを眺めました。

WhiteなPCRGET
このお店にしては珍しいかな^^。

 

そう言えば、そもそもタオルがあった気がするのですが、
僕「そのタオル邪魔?かな?」
と言うと、
タオルは消えてくれました。

 

深いマッサージでFBに変化。
少し腰が浮かされます。
ん?
さらに深いマッサージ。

さらにFKに変化。

 

 

 

 

 

 

さて、セラピストが跨っての腰せなかのマッサージ。
背面くまなく脇腹までマッサージされます。

 

僕「もう少し手前がいいかな?」
少し上体そらしをしてみました。
それを察したセラピスト。

 

ピンポイントなデコルテマッサージをしてくれます。
ん?
今までこんなことあったっけ?

 

いー要素が色々加算されています。
この時間がそうさせるのか…

僕もかなりE~モードに移行していました。

うつ伏せの状態で、
見えないセラピストに長割り。
ギリギリ届きそう。
後少し!
というところで、
セ「DA目^-^
そんな背中の施術は、

心(延長、しようか…)
そう考えつつありました。
でも90分施術でないと意味なくて^^;;

 

何時しかセラピストの上手い施術でTRが満載。
Naturalにそうなってしまいます。

その後、頭上からの背中のマッサージ。
PCR!
セ「打芽^-^
軽く長割りしながら施術されます。

 

セ「仰向けになってください。

さて最終がどうなのか…
気になる仰向け施術。

オーソドックスに足からだったけど、
カエルリンパマッサージや
お腹のマッサージなど。
手もあったかな?

 

でもね。
やっぱり気になるのは、
センター鼠蹊部リンパマッサージ。
セラピストが足の間に入っての施術。

 

 

 


セラピスト募集中!!


 

 

 

上手く、掠ります。
当たります。
そんな施術は神Tがずれ。
セラピストの目の前にBOSが(*^^*)

 

微妙でした…
僕「時間ギリになったら教えてくれますか?」
セ「はい^-^

 

でも、
どうなっているのだろうか…
セラピストの鼠蹊部施術は、

さらに膨張。

何故か何本ものまとわりつくような施術。

そんな施術は、

僕「もう…す…こし。」
セ「

 

気が付くと、少し震えました。
と同時に…

このお店では、珍しく語白。

 

満足した施術になりました。
少しE系より?
そんな気がしました。

 

そしてシャワーに向かいます。

着替えて待っていると、
セラピストが、缶コーヒーを持ってきてくれます。

 

 

 



 

 

 

その缶コーヒーを手にもって。

 

 

部屋を出ました。
そして靴を履きながら、
玄関のLIENの文字を眺めます。

 

 

 

 

僕「へ~こんなスペルだったっけ?」
セ「そうですよ(笑)

 

僕「じゃーまた!」
セ「また、お待ちしています(*^^*)

 

いい施術でした。
ぐったり感満載でラーメンに向かいます。

 

一完歩。

 

 

食券を買うタイプ。
しばらく迷った末。
鶏ガラ醤油。

 

 

 

見た目以上に脂っぽいです。
麺は、平打太ちぢれ麺。
どん兵衛を中華そばにしてコシを増強した感じ。

 

食べ始めと中間、終わりでスープが変化しているような感じがします。
食べ終わって、他の煮干しそばが気になりました。

 

 

 

 

 

 

そんな夜、何故か寝付けない。
さて、仕事を始めよう…

 

DEW A/YPRn(**)n/

 

 

A collection LieN リアン高松店 基本情報

 

 

セツビレベル(文句無しで)
★★★★★
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★☆
カンヨウレベル()
★★☆☆☆
ムフフレベル(オーソドックスに)
★★★☆☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

A collection LieN リアン高松店⑯(香川県高松市)
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)