さてもうVol8となってしまいました^^
数日前にLINEで予約したのですが…
ブログチェックしておらず3日前からしか予約できないみたいです。

予約できます!とのLINEだったのですが、翌日LINEで予約することにしました。
さてセラピストですが、全制覇を目指すかキレカワセラピストを指名するか。
2人のいずれかで予約していました。
そして翌日電話予約です。

キレカワセラピスト予約です。
当日、仕事を終え速攻で木太町に向かいます。
ん???
ちょっとまてよ???

そそ、タマゴ。おでんの材料。
豪華なタマゴ、烏骨鶏のタマゴの倍の値段はするだろう。
そのタマゴを買ってから行きました^^

あれ?あかいポールないじゃん^^;;
そう思いながらもいつもの場所に駐車。
僕「着きました」
受「すみません。駐車場の場所がかわりました。」
心(やっぱり)
受「目の前の赤いポールの所に止めて203に入って下さい。」
僕「分かりました」

車の場所を変えて、203に向かいます。
そしてピンポン。
いつものキレカワセラピスト。

そんなキレカワセラピストに部屋に案内されます。
僕「久しぶり!」
セ:にっこり。

このキレカワ度合。
個人的な感想なんだけどね。
とても届かない。そんな感じです。
長割なんて恐れ多くてとてもとてもって感じ。

狙うなんて…
km先のゴールにシュートするようなもん。
セ「どこにでもいますよ♪」
っていうんだけどねぇ~。見当たらない^^;;

そそ、
僕「これがタマゴ!」
セラピストは興味津々で眺めます。
このタマゴ。高い割に黄身がありませんwww
白身のみです。

そしてこのタマゴ。
テーブルの上に飾ると転がったwww

結局このタマゴはテーブルの上で新しいインテリアと化して、
セラピストにプレゼントするわけでもなく…
自分で持って帰ることにしました。

さて、90分10000円を支払い。
セ「お飲み物何にしますか?」
僕「補強用」
セ「カルピスwww?」
僕「お茶」
そんな会話をして一服。

そして、シャワーを浴び神Tを装着後、
施術が始まります。

経験を重ねたせいだろう…
上手くなっています。

そして深い鼠蹊部施術のカエル。
セ「足曲げてください」?だったっけ?
と同時に曲がる足
セ「はやっw」

深い施術のせいもあってFBK。
偶然w、一度だけ、神Tにセラピストが侵入する事故^^;;
既にTRTR。

そっからのヒップ、背中の施術。
前回まではホッペがくっつきそうなくらいな感じの背面スパイダー。
今回はホッペはくっついてしまった背面スパイダー。

僕「すみません…」
僕「血液なくなりそうです。」
僕「貧血でたおれそう」
僕「ってもう倒れてるじゃん」

セ「w…^^;;」

う~ん^^;;;
相変わらずの背面施術は終わり。
仰向け施術になります。

仰向けデコルテ。
超キレカワセラピストの顔が近づきます。
10cm…
5cm…
3cm…
2cm…
1cm…


セラピスト募集中!!


5mm…
mm

+。゚★感・・(ノ)゚∀゚(ヾ)・・激★゚。+゚

上を向こうとする僕に、
セ「キチンと前向いてください♪」
僕「はい。」

明らかにリピの力でしょう。

そして、足からの施術。
最終、鼠蹊は言う事梨。

僕が両手を広げてみる。
セ「少しだけですよ♪」

仰向けsPiDeR!!


片手は鼠蹊部施術。
そして、目を閉じたセラピスト。
程なくして…589
相変わらずの施術にマッサージのレベルアップ。
シャワーを浴び、オイルをおとします。

着替えて、お別れ前のセラピストとのトーク。
最後にお茶、一服してアパートを後にします。

そそ、タマゴは黄身がないのでTKGには不向き。
おでんも同じく。
そんな烏骨鶏のタマゴより高いタマゴ。

そのタマゴはセラピストに割られてしまい、
僕のポケットに入ってクッションになりました…

DEW A/RTmG/

サラン隠れ家(Sarang) 基本情報

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★☆
ムフフレベル()
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★★☆

サラン隠れ家(Sarang)⑧(香川県高松市)
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)