気になってたのは、

P E A R L

こんな感じのロゴ

P E A R L

こうでもメンズエステ要素は満載だ。

VVセラピスト

60分定価13000円。

 

 

どんよりとした平日の朝。
少し小雨だったかな?天気予報調べる。
11時には晴れそうだ。

午後から予約できるか?どうか?
SMSでメールを送って。再び目を閉じた。

少しして目を覚ましてメールに気づく。
Wセラピストの提案だった。
少しだけ迷った。
迷ったのは、まず評価という点。
どっちを評価すればよいか…
セラピ好みなど…
後、施術がどうなってしまうのだろうかという点。
とあるラインを超えてってのは無くなってしまうのではという心配。

いろいろ考えたけど、興味本位でその提案に乗った。

パソコンの液晶モニターを眺める。
僕の作った予約管理システムはダブルセラピスト対応だ。
変更率やキャンセル率も大丈夫。

 

 

時間が決まって、シャワーを浴び着替えて岡山に向かいます。
天気予報が降水確率50%程度と曖昧なせいで、
バスと自転車を迷った。

 

 

雨の中の自転車は最悪だ。
バスで行こう。そう決めた。

野田東までのバスでの到着時刻を逆算すると、
岡山駅に着いてから20分くらいしかない。

うーん…
バリを諦めるしかなさそうだ。
でもね、そう思うと余計にバリが頭をよぎる。
辛子高菜が食べたくなってしまう。

初めて気が付いたのですが、
バス案内所のそばに地下に行く階段があって、
地下から高島屋に向かえば長い信号を待つことなくいける。

今更(笑)?

そっから少し歩いてバリに到着。

相変わらず旨い。

 

 

 

さて、通常のやつに辛子高菜満載。
辛子もやしもさらに追加。

やっぱり嵌ります(笑)

店を出ると店員がドリンク無料クーポン券を配っていた。
心(ちぇっ!少し早かった)

でも貧乏性なので、クーポン貰いました!
僕「期限あるの?」
店「無いです♪」

バリのせいでバスでは行けなくなった。
高島屋の前のタクシーに乗って、

僕「スロットの鬼が島わかります?」
うなずく運転手。
僕「そこまでお願いします。」

もう一カ所運転手は何か言ってたけど、
運転手「コンビニのところですよね」
僕「そうです。ファミマのところ」

もう一カ所の鬼が島ってどこだろう?
などと考えながら、久しぶりのエステマンションに到着です。

心(うーん。まだ30分も時間がある)
心(少し打ってみるか…)

鬼ヶ島に向かいました。

30分だとジャグラーなどのAタイプになるんだけど、
心臓に悪い「ガコッ!!」って音のでないジャグラーは無かったので、
カエルを打つことに。

1000円でコインを買って、残り1枚。
チェリーで15枚になった。(←凄いところ引いたw)

その15枚を消化中に7枚子役が2回。
心(ここで引けば神だな..)
な~んて思っていると、
カエル、白バー、ゲチェ7の大山型。
左のカエルが光った!

ビックお願い(祈)

叶わず(泣)

クレジットを落として精算した。
107枚。2100円と黄色いバタークッキー。
1100円の勝!
うーん…がいいのか?どうなのか^^;;

タクシー代が1070円だったので30円のプラス。

ほぼ、丁度の時間になった。
そして電話。
受「702でお願いします♪」

ん。昔よく押した番号だ。

おお!
TKG。旨そうだ!

 

 

一度くらいここのラーメンも食っておくかな?
などと考えながら。
マンションに入ります。

開けっ放し厳禁の張り紙を見て、
丁寧にドアを閉めます。

そして702をプッシュ!
数字の7には、テープが貼られていたけど、
そのテープに書かれている7すら消えかかってる。

そんなオートロックを解除してもらい、
セ「どうぞ~!」
と優しい声。

 

 

その声から、そんなに若いセラピストじゃない?
そう思いながらエレベータで部屋に向かいます。

 

右、か…

 

ここだ!

 

ピンポン。
ほぼ同時にドアが開きました。
その速さに少しビックリ。

今日、施術してくれるセラピスト二人。
美人でスレンダーなセラピストと
ん?Iアールな感じのセラピスト。

この段階で、脳内に莫連ホルモンが分泌されました(笑)

先客がいるようで、入って一番奥の部屋に案内されます。
床施術様に準備がされていて、
頭上と右側面に鏡。
左奥にテーブル。

お茶を飲み一服です。

少しの間セラピストと話をします。

ダブルセラピスト。
どっちに話してよいか…
二人が聞くから^^;;
少し緊張しながら差障りない話。
さっきのニューパルや、
他のお店のことなど。

ただ思うのは、このお店に何人のセラピストがいるのか?
分からないけど、全員の施術を受けたいと思えば、
仮に8人計算で13000円×4=52,000円で達成できる。
格安。そう思った。

しばらくしてシャワーに向かいます。
セ「服を脱いで待っていてください
と言って一旦セラピストは部屋を出た。
そして、服をぬいで待っていました。

タオル?どっちの使えばよいのか?
二つあってわからなかったので、
そのまま、待ってシャワーに行こうかとすると、

セラピストが部屋をノックして開けた。
その瞬間。
セ「(笑)
タオル巻いてくれました。

サクッとシャワーを浴び部屋に戻って一服。
またまたセラピストと話をして、
施術に入ります。

うつ伏せから始まった指圧は、
ダブルセラピスト故、倍速です。
あっという間にオイルマッサージに突入。

両足裏にセラピストのPがあるという、
凄い状態での脹脛のマッサージ。
両足同時に動かしてみます!
なんて器用なことも出来ず片足づつ。

カナリ寛容で^^;;
そのまま太もものオイルマッサージ。
ダブルセラピストならではです。

マジスゲー!

20本のI-アールなfingers
太もも奥の鼠蹊部リンパマッサージ。
通常なら4281施術です。

素手にTR××

セ「あし閉じてください♪
僕「難しいです(n*´ω`*n)
もうそんな状態。

でも足を閉じました。
かなりな違和感を感じながら。

一人のセラピストが腰を施術。
時に背面スパイダー!
もう一人のセラピストが頭上からの施術。
目の前のPCRが眩しい。

そして僕はそっと手を伸ばした。
セ「動き早すぎ(笑)

もう一人のセラピスト。
腰のマッサージ+時にデコルテBCKマッサージを織り交ぜる。

そして、セラピストがチェインジ!。
もう一人のセラピストが頭上に。
そしてもう一人は背面スパイダー。
さらには、鼠蹊部リンパマッサージ。

この状態で精神を正常な状態に保つことは、
あの局面でビックを引くより難しい。

 

セラピストが塗布したオイル。
そのオイルは皮膚から吸収。
そしてTR×4ナチュラルオイル

そして、カエル鼠蹊部リンパマッサージ。
一人のセラピストが鼠蹊部リンパをほぐします。
もう一人はデコルテマッサージ。
僕の手は????

デコルテマッサージをしてくれているセラピストへ。

本と言うとね…
この辺りで限界でした。
でもなんとか継続。

もう片方のカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。
またまた、セラピストがチェインジ!。

休むことなく、
ひたすら続く
鼠蹊部リンパマッサージと
デコルテマッサージ。

仰向け施術になります。
またまた、足裏から、通常の倍速で鼠蹊部リンパマッサージ。

 

膝をたてての太ももマッサージ。
二人のセラピストのPが膝に当たって、どこに意識を集中すればいいのか…
わからない。そんな嬉しい状態。

 

その後、一人のセラピストが腰に跨っての鼠蹊部リンパマッサージ。
もう一人は頭上からのデコルテBCKマッサージ。
目の前にはPという。
UHAUHAを通り越した状態。

 

はて!
僕「ちょっと待って(n*´ω`*n)
セ「まだダメ

いや、

 

カバンどこだっけ?

程なくして。

 

息切れ。

 

僕「すみません。一服します。」
お茶を飲み(-。-)y-゜゜゜

そして仰向けになります。

 


セラピスト募集中!!


 

その施術は初めてのVRくらい新鮮で、
今までに味わったことのないMAX施術でした。

 

 

…まだ時間が残っている。

 

 

何か聞こえる…

セ「…ってないですよ

心(?なんだろ?)

セ「4281♪」
セ「やってないですよ(*^^*)

僕「ちょっとまって^^;;」
回復中。

5分くらいして。

 

 

僕「すみません。手伝ってください^^;;」

セラピストのSlow
包み込むように回転する、

第0鼠蹊部リンパマッサージは
あっという間に、
次の施術準備完了な状態に…

 

セ「4281お願いします

一人のセラピストが通常の4281施術。
もう一人のセラピストが側面からのデコルテ施術。

 

少しProposalします。

僕「下からのデコルテ施術はどうでしょうか?」
セ「こうですか?」

僕の目の前には美人セラピストが、
後ろからはもう一人のセラピストが鼠蹊部リンパマッサージ。

 

 

目の前のセラピストと僕の顔との距離。

 

(笑)

 

ふと、横の鏡を眺める。

 

※今回、指名していないのでセラピストの名前を聞いていません。
ご了承ください//

Aブロック

Aブロックについて

PEARL(パール)(岡山県岡山市)

 

優しくヒップマッサージしていた
もう一人のセラピストの手の動きが止まった

僕「よくわかりましたね^^;;」
セ「(笑)♪

シャワーを浴び服を着て部屋を後にする。
野田東までのバス停まで歩きながら、
IRマッサージが継続し続ける4ハンド
これに嵌りそうだ。

受けるんじゃなかった。
通常のマッサージが物足らなくならないだろうか???

でも、もうい。

バス停でバスを待つ。
10分くらいかと思っていたのですが、
見間違えた。
今日は平日だ。

結局1時間近く待っていた。

暇だったので、

パシャリ!

 

 

少しだけ軽くなった体に、
少しだけ軽くなった鞄をもって。
岡山駅まで眠った。

 

DEW A/2k2/6/89連!!!!

※全制覇まで後、3×2セラピスト?
なのか?
Thanks(‘-‘*)アリガト♪

 

PEARL(パール) 基本情報

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★★
ムフフレベル(*ノωノ追加。)
★★★★★
マッサージレベル()
★★★☆☆

PEARL(パール)(岡山県岡山市)
Tagged on:

2 thoughts on “PEARL(パール)(岡山県岡山市)

  • 2017年10月4日 at 11:03 AM
    Permalink

    野田東www
    リアルだなぁ~帰りのバスを待つ時間の脱力感、嫌いじゃないです。

    Reply
    • A
      2017年10月4日 at 11:09 AM
      Permalink

      マリモさんこんにちは!
      マジ勘違いしていました^^;;
      気が付いたのが20分くらいしてからだったので^^;;
      40分待つか。
      あのマンションから南に行けばタクシー乗り場もあったのですが^^;;
      放心状態で(笑)
      座り込んでました。
      今、思えばマルハチ?で休憩すればよかったですね(笑)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)