そもそもいくら考えたって無駄なのだ。
台風の進路など…
でもね、あの進路予想図の円を1時間近く眺めた。

どうも都合悪くなりそうだ。
予約変更可能かどうか聞いてみた。

 

早めに決断しないと迷惑がかかる。
最悪を想定して計画を立てた。
もし、予約している日に来そうなら、
前日に本州に移動すればいい。

予約日に台風が来そうなら、その日は泊まればいい。

二日続けて台風が滞在しない考えが前提ですが…

 

そう考え予約を変更。
ただ開始時間が遅くなった。
どっか予約を放り込もう。

方角的には、ラグゼじゃなかったのですが、
どうもその辺りしか予約が出来そうもなさそうだ。

となれば、動ける時間など考えると、時間が限られる。

取り敢えず予約です。
予約の受付は男性の方で結構丁寧でした。

色々好みなど言ったけど、
そもそも写真など殆どないし、選択する方法も特になく、
最終的には、
僕「深いリンパマッサージの出来るセラピストでお願いします」

そう言って予約しました。

前日、台風の円を眺めながら明日動けばいいという結論に達し、仕事を始めた。
割と早く片付き、岡山にマリンで移動します。
雨は降ってなかったけど、
風は台風接近を思わせる風だった。

マリンの中で考える。
あのマンション1FのTKGとラーメンを食べるか、
バリなどにするか。

少し迷ったけど、何故か西口の冨士屋が浮かんだ。
一度浮かんだラーメンは頭から消えることなく。
冨士屋に向かった。

へーこんなのあるんだ。

 

 

とか、
店名が気になっためしや。

 

 

一度は行っておこう。

などと、思いつつ冨士屋。

 

 

店内はいっぱいで少しまってから、カウンターに案内されました。

よくよく読んでいると豚骨醤油?
食べるとコクがあるあっさりとした醤油ラーメンって感じです。
ウエストが気になるので半分サイズ。

 

 

旨い。
そう思いながら一気にたべた。
料金を支払う時、チャーシューの切れ端?
1パック300円?で置いてある。
(安っ)などと気にしながらエステマンションのファミマに向かいます。

 

 

ほぼ時間丁度にファミマに到着。
10分くらい早かったかな?

僕「ファミマに着きました」
受「すみません。準備があるので後5分してからでお願いします。」
僕「わかりました。5分後に電話します。」

5分後。

僕「どう行けばいいでしょうか?」
受「右の道を…」

丁寧に案内してくれました。
歩きだったので結構長電話です^^;;

すごく分かりやすい建物。
心(ん?ここか?)

 

ピンポンからしばらくして出てきてくれたセラピスト。

理解するまでに3秒はかかったと思う。

スレンダーで可愛い系セラピスト。
そのスレンダーな体系に反比例する立派な…

当り?

いや

大当たりだ!

そんなセラピストに部屋に案内されます。
1ルームタイプで、
入ってすぐ左にシャワールーム。
奥が施術部屋。

セ「あっ。開けにくいので開けます。
ふと見ると、なるほど隠れているのか。

僕「大丈夫です。」
そう言って、部屋に入りました。

頭上に鏡、側面にも鏡。
確か同意書は無かったと思います。

施術料金を支払うと、
お茶と灰皿を持ってきてくれました。

セ「はじめまして、〇〇です。
僕「はじめまして!よろしくです」

服を脱ぎ、籠に入れて、タオルを巻きシャワーに向かいます。
シャワーから出ると、
セラピストがタオルをもって待っててくれました。
これにはビックリです。

セ「拭きましょうか?

やさしいセラピストです。
そんなセラピストの姿は、反応するのに十分なほどで^^;;

あろうことか、拭いたタオルをかける道具を、
僕自身で作り出してしまいました。

そんな姿をみて、セラピストは喜んでいるかの様。

さらに一服して、施術開始です。
カッ飛びうつ伏せ太ももオイルマッサージから始まった施術。

素手に深く、その深さを遮るものなど何もなく。
大阪のレディアースを思わせる施術。

また、グラディナのVol1のセラピストに近い感じの施術は。
うつ伏せの体制を苦しくさせました。

兎に角、動きが滑らかで;;
もうTRTRです。

カエルってあったかな?
そんな記憶すらなくなってしまう施術は。
少し上体そらしをするとそれを察し、デコルテBCKマッサージ。

 


セラピスト募集中!!


 

腰に跨っての、腰、背中、肩甲骨、首のオイルマッサージ。
でもその手つきが何ともよく、FK継続

そうそうに、
僕「すみません。苦しいです。仰向けいいですか?」

そっからの仰向けマッサージ。

僕「いい感じですね。食べたくなります^^;;」
セ「(笑)♪
こんなくだらないイートークにも軽く対応。

僕「いただきます。」
僕「御馳走様でした。」
僕「えへへ(〃´∪`〃)ゞ」

セラピストが太ももから始めてくれたオイルマッサージ。
その手つきも継続するには十分な施術。

両手を広げてみた。

そこにダイブ!

セラピストと僕との距離は測定不能な3着。

そこから少しお願いします…

ノリのよいセラピスト。
そこからの施術は何故か施術服の色の記憶がなくなった。

 

 

 

Aブロック

Aブロックについて

Luxe ラグゼ(岡山県岡山市)

 

 

しばらして、施術終了です。

πさんの表現で言えば…

九回裏、2アウトランナー無し。
得点差は1点。
フルーツチーム6番の僕は、
目をつぶって、適当に思いっきりバットをふった。
えっ?ボールの方から芯に当たった。
ピッチャーライナー?
ピッチャージャンプ!
?.??mm(笑)届かず!
打球はグングン伸び、
バックスクリーンに突き刺さった。

サヨナラホームランだった。
ヒーローインタビューで、
嬉しさのあまり少し噛んだ、
「今日は、サイキョ…最高で~す」


πさんならこう?

 

 

 

ここで、ふと迷います。

なら隠すかと…
そんな風に思いながら部屋を出ました。

 

そっからの梯子は、
エステ?

 

否!

 

支那そばの店 餐休 泉田本店です(笑)

何故故(笑)

 

 

 

かなり迷いました。
普通のとゴマスープ。
しばらく悩んだ末ゴマスープに。

 

 

 

 

確か醤油だと僅かな魚介風味?だったかな?

食べていると、女子高生?3人組が入ってきました。
楽しそうです。

僕「すみません。」
僕「生中お替り、金額そのままで半分でいいので^^/」
店「なら小があります^-^」
僕「じゃーそれで//」

小は350円だったかな?

そのビールとゴマスープのコンビネーションは絶妙で^^/

 

 

飲み干した後、店を出た。
そして、暫く?少し長い?休憩
(〃´∪`〃)ゞ

 

 

 

DEW A/^(SweetX2)^/

 

Luxe ラグゼ 基本情報

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度(++)
★★★★★
キワレベル(++)
★★★★★
カンヨウレベル(++)
★★★★★
ムフフレベル(++)
★★★★★
マッサージレベル()
★★★☆☆

 

Luxe ラグゼ(岡山県岡山市)
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)