僕にとっては、

最悪のX-dAy

X-dAyとは、
エステ、飲み、呼び、反省会+〆が基本。
参加したいお客様もいるのですが…^^;;;

少し前まで、
パールダブルx2+パールシングル×1。
その後、梯子で、さらにM.ゆきのしんさんのエステ。
その間、僕はスーパースイーティな時間。
OHさんは休憩。

の予定だったのですが、

OHさんが休憩ってのが申し訳ないのと、
前回のラグゼで変更。

そんなラグゼは、
僕にとって
呼ぶ方をかき消してしまうほどの、

絶品セラピストによる、
神施術。

[X-dAy]

 

もう来ないかと思っていました。
男子会は何回かありました。

それ故、今回のX-dAyは重要です。
風邪はひけないし、ひいたとしても出席です。

予約は前回ラグゼ行った時だったかな?
既に予約を考えました。
ただ、その後のエステや飲みの時間を考えると、
60分のラグゼと南区でのエステ。
南はM.ゆきのしんさん希望だったので100分のエステ。
そうなると、その間に僕もエステ。

 

 

後に、ん?OHさん…休憩は…少しかわいそうかなと思ったのと、
状況が少し変わったのでラグゼのみで90分にしよう。
そう思いました。

後は、ホテルの予約と居酒屋。
呼ぶのはそれぞれなんだけど、
M.ゆきのしんさんは去年と同じ^^;;
僕は当日決めようと思っていました。


セラピスト募集中!!


 

[ラグゼ]

ピンポンから出てきてくれたセラピストは、
切川セラピスト。
可愛い系:綺麗系=7:3くらいな感じのセラピストで、
スタイルは文句なし。
殆ど前回セラピストと同じ感じのスタイルで、
スレンダーで程よい大きさ。

やはり…トップクラス。

僕「大当たりだ!」
僕「来てよかったです。」
セ「ほんと?嬉しいです。
セ「あまりいわれないので。

心(そんなはずはない…)
心(もう何度となく聞きなれた言葉)

そんなもかわいく見えてくるから仕方がない。

桃太郎さん指摘の設計ミスなドアを開け、
部屋に入ります。
90分12000円の料金を支払い、
左手前の椅子の座って一服。

下心満載な表情でセラピストを眺め話ます。

再度、

僕「やっぱり大当たりです」
セ「(笑)」
セ「みんなに言ってるんでしょ」

僕「いや。2回は言わない。」

心(僕もをついてしまった。)

 

[X-dAy]

当日、11時M.ゆきのしんさん宅集合。
ちょっと仕事しようかな?
なーんて思ってしまうとあっという間に時間が経ってしまうので、
僕「ここブックマークしておくので決めておいてくれます?」
といって皆で出かけることにしました。

笑えるのが、、、
服装が(笑)
考えることはほぼ同じでも、
センスはM.ゆきのしんさんです。

橋を渡りながら、
まずいうどん屋さんの話とか、
チャーハンうまいけど、
怒り出す店員(腱鞘炎になるわ!)
など面白い話。

あと、なに食堂だったかな忘れたけど
OHさんオススメで、
年明けの新年会?男子会でそこ使おう。
など話ながら橋を通過。

M.ゆきのしんさんが、
サンキュウ行こうの予定だったのですが、
場所的に離れているので、

僕「醤油、豚骨、担々麺」
僕「どれがいいですか?」
速攻で
M.ゆきのしんさん「醤油!」

僕「OHさんかたやまでお願い^-^」
OH「了解です!!」

そして昼頃だったかな?
かたやまに到着です。

3人とも中華そばだったけど、
運転しない僕とM.ゆきのしんさんはビールです。

パシャろうとした時。
映像関係のOHさん
OH「Aさん逆光がいいですよ~♪」

なるほど、今度から覚えておこう。

 

 

う~ん。
まあ、写真は兎に角、
かたやまのラーメンはかなりおいしいです。

 

 

 

 

 

かたやま(岡山県岡山市)

 

何よりも、他の二人が満足してくれたことが嬉しかったです。

そしてエステマンションに向かいます。
少し時間があったので、僕とM.ゆきのしんは打ちました。
時間が少ししかないので、

A-Type。
僕はカエル。

 

M.ゆきのしんさんは最近のどうすればいいかわからないらしいので、
ジャグラーを勧めました。
僕「ここが光ったら呼んでくださいね。」

それにしても、なかなか当たらんな。
このカエル。

誰かが結構まわしていたけど、
結局700超えたあたりで、カエル-チェリ-7。
で7を狙ったら下段テンパイ。
そのまま揃った。
ひょっとして確定?
などと思いつつ
クレジットだけ回して297枚のコインを流した。
800円勝ち!
大勝です(笑)

 

[ラグゼ]

切川セラピストを目の前にして服を脱ぎシャワーに向かいます。
シャワー室はシンプルなもので。
ん?前回神Tなかったと思うけど。
セ「神パンツ履いて出てきてくださいね。

単に前回のセラピストが忘れていただけ?なのか?

シャワーを浴び、部屋に戻るとセラピストが、

セ「向こうを頭にしてうつ伏せになって下さい♪
早速の施術。

僕「一服するので少し待ってね。」

セ「時間もったいないので。
セ「頭の上に灰皿おいて吸っていいですよ。

 

いいセラピストだ。

 

僕は甘えた。

うつ伏せ指圧から始まった施術。
ん?
系統が間違っていないか?
と思えるほど本格的なマッサージ。
★4に相当する腕だと思います。

何故かびっくりしました。

ここは?

 

ラグゼ!

 

正統派?

 

いや…

このお店はメンズエステ要素が満載のはずだ!

 

かなりつづく(笑)

 

Luxe ラグゼ 基本情報

Luxe ラグゼ②(X-dAy)(岡山県岡山市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)