何でもない平日の仕事帰り。
何人かの情報とブログの写真から
微妙に気になって当日予約です。

 

念のため
受付に電話で場所の確認をしたところ、
予想通り扇町でした。

 

駐車場というよりお店に行くまでの道が狭いのは、
他の店だった時に確認済です。

 

 

 

 

でもって、近くのパーキングに放り込んで歩いて行く事にしました。

 

歩いて向かっていると、
ここが細いんだよな^^;;
と思えるところを左に入ります。

 

そして、普通の民家の前でピンポン。
一瞬、ここで大丈夫だろうか?
と思う時間があってセラピストが出てくれます。
結構年配でした。

 

セラピストはブログのまんまの服装。
Yシャツを羽織っただけの感じで^^;;
昔何度か行った岡山のお店を思い出します^-^

 

そんなセラピストに2階に案内されます。

 

セ「この辺滑りやすいので注意してくださいね♪
そう言われると階段を見つめます。

 

相変わらずですが、階段が急で^^;;
少し屈むと、

あまり意味ないけど…

PCRゲット!

セラピストは笑ってました。
階段を上がってすぐ右の部屋に案内されます。

 

僕「禁煙ですか?」
セ「そうなんです^^;;
僕「そっか^^;;残念TT」

90分12000円の料金を支払い服を脱ぎシャワーに向かいます。
セラピストはシャワーの準備で少しだけ部屋を出てました。

 

 

 



 

シャワー…
あまり記憶になかったのですが1階にあります。
さっき上った階段を今度は下ります。

滑りやすいというのを意識しながら降りました。

 

降りてから、シャワー室どこよ?
って考えることが出来るほど奥に入ります。
何部屋か通過してシャワー室に到着です。
シャワー室というか普通の風呂場^^;;

セ「シャワー終わったら部屋に戻っていてくださいね♪

サクっとシャワーを浴びタオルを巻いて部屋に戻ります。
神Pはなかったと思います。
NPでの床施術。
セラピストの施術服と合わせてメンエスとしては文句無しです。

 

 

 

 

施術はうつ伏せからで、
かなり滑らかなマッサージ。
足、脹脛、太ももという感じじゃなく、
一本一気にマッサージしてくれます。

何がいいか。

 

オイルの温度が丁度人肌で^-^

まるでSPの様。

 

そんな暖かいオイルをたっぷり使ってマッサージしてくれます。
KIWというか深く付け根までキッチリと手が伸びています。
当然NP故。当ります。
そしてその手つきはマッサージというか、
素手にエンディングを意識してのマッサージ。
そんな風に思います。

 

 

 

 

セ「足曲げて下さい。

 

カエル鼠蹊部リンパマッサージ。
さらにオイル投入です。

そしてゆったりとHIP、太ももと
マッサージしてくれます。
これはマッサージ?なのか癒しなのか…

 

そして、前面鼠蹊部リンパマッサージ。
当たって当然のライン。
そしてセラピストは変化に気付く。
気付けばさらにマッサージを深くする。
深いというよりも、
ピンポイントな鼠蹊部リンパマッサージ。

時に掌で小さな円を描くようなマッサージ。

 

そんなマッサージでBSはTR状態です。
そのTRにさらにオイル投入。
まさにオイルまみれなリンパマッサージ。

 

僕は、上半身をひねってセラピストを見つめた。
セラピストは少し微笑んでいるように見えました。

 

僕はいろんな希望をセラピストにお願いします。
セラピストは提案してくれました。

そう、その希望を叶えるためにです。

 

 


セラピスト募集中!!



 

 

話は変わるけど、
お兄さん!マッサージいかがですか?
「30分3000円」
っていうやつ。
実際は、もっとな金額になります。
なのでその手の誘いには、
その金額以上を考えていないといけません。

 

今は殆どアジアンマッサージばかりだけど、
多分30年くらい前かな?
3000円キッチリで飲めるというお店が結構ありました。
入口や看板からはピンク色満載で*^^*)
実際にその金額で終わるはずもなく。
席についてすぐに女性スタッフがやってきて、
一緒に飲み始めます。

 

そのスタッフの服装もMNSKとかで^^;;
たまにこっちを触ったりします。

 

そのスタッフが頃合いと感じると。
ス「ねぇ。
僕「ん?」
ス「後、〇〇円で△◇してあげる。
こんな提案をしてきます。
まあ、大よそ分かっているんだけどね。

 

ここの〇〇と△◇は、
お店によって統一されてなく、
多分、スタッフによって自由だったんじゃないかな。

 

第一の〇〇と△◇をクリアすると、
さらなる、〇〇〇と△◇△が待ってます。
そのハードルがどんどん上がっていくもんだから^^;;

 

頂上に着いた時に、
使った金額を計算して我に返る。

 

 

施術中、何故か分からないけど、
そんな昔の事を思い出していました。

 

そのカエル鼠蹊部リンパマッサージ移行の施術は、
もうメンズエステオンリーだったと思います。
普通でも莫確定な施術。
でもね。

その莫量が問題で…

多少、セラピストのアドバイスを聞きました。

 

 

 

 

そんな施術は少し時間を余して終了します。
またまた、階段を下りてシャワーに向かいます。
そして上がってきて服を着替えます。

 

僕「すみません。」
僕「煙草吸いたいので」
僕「もう帰っていいですか^^;;」
セ「あっ。そっか^^;;
セ「そうですよね^-^

 

いつの間にか隣にお客さんがいました。
壁が薄いのでよく聞こえます。

 

 

 

階段を下りて、靴を履き、
セラピストに手を振ってわかれます。

 

 

DEW A/^^;;/

 

カフー 基本情報

 

セツビレベル()
★★☆☆☆
セラピコノミ度()
★★★☆☆
キワレベル()
★★★★☆
カンヨウレベル()
★★★☆☆
ムフフレベル()
★★★☆☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

カフー④(香川県高松市)
Tagged on: