前日、散々?
飲んでいたけど二日酔いにならなかった。
それにしてもヘパリーゼプレミアムは素晴らしい。

 

 

早めに切り上げるつもりだったけど、
お客さんと飲みの時間。
そんな時間はあっという間です。

散々スナックでPST破りゲームを楽しんだ後の〆。
ラーメンです。

これが文句無しな味で、
あっさりなんだけどコクのあるラーメン。

 

 

 

 

そして、気が付けば夜中2時。
なーんとなくオイルマッサージ。

 

そんなオイルマッサージは、
セ「コンドハサイゴマデスルネ
この意味はよく分からなかったけど、
今度を楽しみにしておけばいいのだ。

そう思い眠りました。

 

 

 

 

 

そして、目が覚めて岡山に向かいました。

 

 

 

 

予約はたしか3日ほど前だったと思います。
後のエステは決まっていたのですが、
いろんな情報に少し疑問があって、
信憑性というか確認のエステです。

 

情報というものは明確でなくてもよいのだ。

 

例えば、
「何度かいったけど…良くなかった。」
というくだりで、
良くなかった所に何度か向かうかな?
そう考えればいい。

 

さて、

 

アイスコーヒーが数分で、
ホットコーヒーに変わるような暑さの中。

 

お店近くのセブンイレブンから連絡します。
近くまで行くと迎えに来てくれるそうです。
一瞬戸惑いました。
でも、流石に暑い。
これでは、エステの手前で倒れてしまいそうです。
僕は甘えました。

 

 

 

近くについてから迎えに来てくれた女性。
その女性が響、担当してくれるセラピストだと
直感的に分かりました。

 

 

 

 

何となくだけど、オーラが違うのです。
普通に二度見してしまうような女性。

 

セ「よくわかりましたね♪

 

程よいスタイルにTNMが眩しい。

E~感じのセラピスト。

 

僅か数分のドライブだったけど、
施術は問題ないだろう…
そう確信していました。

 

エステ民家?というべきだろうか。

 

建物を見ると今はもうないだろう、
高松瓦町の裏の旅館を思い出す^^;;

 

ピンポンなど必要無し!
セラピストに中に案内されます。
案内された部屋は、畳の部屋の手前。

 

僕「畳はダメなの?」
セ「暑いんですよ^^;;

 

双方、汗だくというのも魅力的だと思ったのですが、
ここはセラピストに従いました。

 

クーラーで温度調整された部屋に入ります。
セラピストはお茶を持ってきてくれました。

 

そして、コースについて話ます。
この、リンパ10分?
それを何分つけるかが問題なのです。

 

 

 

 

 

僕「KIWAMIコースで行くか」
僕「全くノーマルのするか…」
僕「迷います^^;;」
セ「KIWAMIコースは準備がいるんですよ^^;;
僕「そっか^^;;」
セ「でも〇〇さんなら大丈夫だと思いますよ^-^

 

少し考えて。

 

僕「みんな何分つけるの?」
セ「だいたい20分かな
セ「中には30,40,50,60とか^^

 

うーん。

適当に掴んだ金額は15000円でした。
僕「これでお願いできますか?」
セ「はい!わかりました。

結局10分か20分、何分になったか分からなかったけど。
それで大丈夫なようでした。

 

シャワーまでに、
セラピストと色々話していました。
そのせいで結構時間がたって^^;;

 

セ「いろいろ聞きたいことがあるのです^-^
僕「シャワーの後で^^」

 

シャワーは1階にあります。
階段で降りるのですが、
微妙にオイル?
で滑りそうなので足に力が入ります^^;

 

そう言えばPCR不可な施術服を見て。
僕「それ、PCR不可ですね^^」
僕「無ければいいのに^^」
セ「後でね♪

 

マジ?(*^^*)

 

美人系セラピスト&E~トークにも軽く対応。
文句無しなセラピスト。

 

 

 

 

 

シャワー室で服を脱ぎます。
どこかで変化した彼を、
セラピストは眺め。

 

セ「(笑)
セ「神P履いて部屋に戻ってくださいね♪
僕「わかりました^^//」

 

シャワーは相変わらずのレインボー。
目の前の鏡は2枚。
上の鏡の役割はよくわからなかったけど、
下の鏡には、準備中の彼を見ることができました。

 

そして、神Pを装着。
脱いだ服を入れた籠をもって、
滑らないように気を付けながら階段を上り、
部屋に戻ります。

 

しばらくしてセラピストが戻ってきました。

 

 

 

 

そして、、、

 

いきなり!

 

セ「互無とってきますね^-^

 

咄嗟に、

 

間髪入れず!

 

僕「持ってます!!」

セ「(笑)」

 

 

 

この辺りでひょっとしたらと考えるようになって^^;;
あまりにノリが良すぎないか?

 

 

微妙なのですが、経験上、
あまりにノリが良すぎる場合は。

 

最終、ここぞという時にストップ!
そうなるケースがある…

 

 

ただ、一定レベルを超えてくることは確信出来ていました。

 

セラピストは髪を結って戻ってきました。

 

 

うつ伏せから始まったオイルマッサージ。

 

これが、思いの外上手いです。
しっかりした圧。
外さないマッサージ。

 

恐らく、セラピストなりに色々あったのだと思う。
まともにマッサージなどしなくとも、このビジュアル。
そして、この接客力。

 

これらでうまく乗り切れたはずだ!
でも、彼女は努力したのだと思う。

(ん???ナニサマ???)

 

でもね。

 

そんなマッサージは脹脛、太ももと旨いマッサージでした。
KIWはもちろん深い。
深いリンパマッサージに、彼は一杯一杯でした。

 

 

 

 

そして、3着カエルリンパマッサージ。
後ろからと腰サイドからのマッサージ。
もう片方の手は。

 

セ「ここもいいんでしょ~(*^^*)

 

とピンポイントなデコルテマッサージ。

 

そんなマッサージが両サイド。

 

もう神Pの役目そこまででした。

 

実は、ここからの記憶が曖昧になってきます。

 

確か仰向けマッサージ。
セラピストの膝枕でのヘッドマッサージだったかな?
目隠しタオルをされました。

 

やはり思いの外マッサージは本格的。

 

セ「セットが崩れてすみません。
僕「大丈夫ですよ^-^」

 

そんなヘッドマッサージが終わっりました。

僕はスーパーサイヤ人の様になりました。

 

そこからの腕のマッサージ。
セラピストのコアに当たります。
それが両腕。

 

セラピストが腰に跨って

 

セラピストの鼠蹊部による

 

揺れるメンズマッサージ。

 

 

鼠蹊部リンパマッサージ…

これは、マッサージと言うべきだろうか。

 

 

 

もう、施術の予行演習の様でした。

 

 

 


セラピスト募集中!!



 

 

そんなマッサージ中、
色々、随所で長割り。

 

でも…

 

セ「ダ~メ
僕「はい!」
セ「かわいい。

 

これの繰り返しでした。

その間に僕は、
セラピストのピンポイントデコルテ。
それをMタイプオイルでマッサージしたり、

 

フェイシャルを、
Mタイプオイルでマッサージしたりを、
繰り返していました。

 

頃合い…?

 

いや待て。

 

PCRを見ていないではないか。

 

僕「PCRを…」

セラピストの防御が少し弱くなり、
SKSKのBLACKな、

昨夜のPST破れのようなPCRを見ることが出来ました。

 

その時の4281ポーズは、
決して僕の記憶から消えることはない。

 

そのくらいE~感じでした。

今度こそ、

 

頃合い。

 

セラピストと僕は何故か同じ体勢の
ようだったと記憶しています。

 

ョン!

 

 

少しお願いしてみたのですが…
叶わず。
途中の予感は当たっていました。

 

音のない静かな部屋の耳もとで、
セラピストの大人の音楽。

 

それを聞きながら…
セラピストは鼠蹊部リンパマッサージを継続し続けます。
そして、しばらくして…

限界。

施術終了となりました。

セ「え~少なくないですか???

 

この暑さのせいでした。

 

満足度は高く、
リピりたくなってしまう…
いい施術です。

 

僕は一服してシャワーを浴びて部屋にもどりました。
そして服を着ます。

 

僕「ん?時間…オーバーじゃん^^;;」
セ「最初、話していたのでいいですよ

 

いいセラピストです。

 

セ「車、エンジンかけてきますね。

 

至れり尽くせりでした。

 

 

 



 

ホントはね、ラーメン経由を考えていたのですが…
時間がなかったです^^;;

そして、僕はエステに向かいました…

 

 

DEW A/612820/

 

 

Aroma Twinkle アロマトゥインクル 基本情報

 

 

セツビレベル()
★★☆☆☆
セラピコノミ度(文句無し)
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル(3.5?)
★★★☆☆
ムフフレベル()
★★★★☆
マッサージレベル(上手い方になります。)
★★★★☆

 

 

Aroma Twinkle アロマトゥインクル②(岡山県岡山市)