ちょっと前から考えていた新店。

ブログを何度か見てみる。
施術服が良さそうだ。

ところで、あの赤い十字架の刺繍なんだろう?
何か意味があるのだろうか???
なーんてことも考えていました。

 

Fでよくあるサイン的な意味。
まあ考えるより行ってみる。
その方が早い。

事前情報は全くありません。

 

 

 

 

 

昼間、
僕「○時から予約できるでしょうか?」
受「少し確認して〇時に連絡いたしますが
受「よろしいでしょうか?
僕「はい。お願いします。」

そんな感じで仮予約したと思います。

その後、確定電話がかかって来て岡山に向かいます。

まだ早いな。
そう思って新保のローソン辺りなので、
今まであまり出た記憶がないバージンで時間を潰します。

 

KING JACK。
小役の落ちが悪すぎですTT。
3本で大よそビック1回分のコインを流します。

 

まだ早いな。
音の出ないジャグラー眺め。
今度は1本で引きました。
少しだけ回してまたまたコインを流します。

 

まだ早いな。
一台だけ分からないAタイプ。
小役が良く揃います。
でも当たらずorz

 

ふとカエルを眺めます。
エステでもスロでもカエルは気に入ってます。

(くだらん)

 

そんなカエル。
こっちは1本でビック。
そっから100G以内?
何連しただろうか…

途中、この機種で初めて1G連しました。
うれしさの余り…

 

店員に、
僕「凄いでしょ?1G連」
店「凄いですね。
店「僕、ジャグラーしか経験ないです
店「もっと出ればいいですね。
僕「ありがとうございます。」

 

100G回してやめようなどと考えていたのですが、
よく当たります。

約二箱のコインを流しました。

僕「いっぱい出たよ。」
店「なに打ちました
僕「ニューパルです」
店「Aタイプで凄いですね
僕「設定7でした」
僕「オーケーありがとう」
店「(笑)

頃合い。
エステに向かいます。

 

 

 

 

 

勝手に、リアン岡山のマンションをイメージしていました。
???
言ってた歯科?みつからん???

電話します。

僕「すみません。○歯科が見つかりません」

受付の男性の人が丁寧に教えてくれました。
でも、難しいです。

この歯科?
手前はブラフで奥にもう一個。
そこを曲がらないといけません。

部屋の前で待っていると、
セラピストが出てきてくれました。

 

おおっ!

 

ブログのまんまの服装。

TNMが眩しいスタイルのいいセラピストです。
そんなセラピストに部屋に案内されました。

正面にテーブルとソファー。
テーブルには同意書のようなもの。
右に床施術用に用意されていて、
頭上に鏡。サイドにも鏡。

 

この状況。
いい施術になる事は間違いない。
そう思っていました。

 

一服しようかと、

僕「禁煙ですか?」
セ「禁煙なんですよ^^;;

 

残念orz

同意書には名前や住所など。
触って欲しい所と
触ってほしくない所をチェックするアンケート。

触って欲しい所は鼠蹊部に、
触って欲しくない所は、
鼠蹊部以外〇しようかと思ったけど。

触って欲しいところだけ〇しました。

多分、笑っていたと思います。
セラピストはかなり真剣に名前など見ていました。

 

 

 

 

 

その光景に違和感を感じつつも、

僕「いい施術服ですね」
セ「そうですか♪
僕「その赤の十字あるのとないのは」
僕「何が違うのですか?」
セ「え~みんなありますよ~♪
僕「そっかー^^;;」

深読みし過ぎ^^;;

僕「100分13000円ですね」
セ「はい。そうです^^

 

料金は事前に聞いていたし、
ピッタリプラスちょっと持って行く主義です。
100分指名料込で13000円支払いました。

 

セ「シャワー室開けておきますので、
セ「シャワー浴びて部屋に戻って
セ「このボタン押してください。

僕「服はこの籠の中ですか?」
セ「はいそうです♪

 

そういうとセラピストは部屋を出ました。

シャワー室はボディーシャンプーが一つ。

非常にコンパクト!

どこか引っ越した直後って印象です。

シャワー室の外に神Pがありました。

心(特に何も言われなかったよな…)
心(これを勝手に装着するのもダメだよな…)

 

なーんて思いながらNPでタオルを巻いて部屋に戻ります。

 

えーと。

このボタン。か

ん?

これでいいのか?

 

タオル巻いたままうつ伏せで待ちます。

セラピストが動いている気配がありません。

 

ん?
もう一度プッシュします。

 

おぉ~く光った!

 

光るまで押さないとダメなのか。

セラピストが動いているような物音。

 

 

 

 

 

スグにセラピストが部屋に入ってきました。

僕「これ光るまで押さないとダメなんですね^^;;」
セ「そうなんですよ~^^;;
セ「結構、大きい音です。

僕「へ~」
僕「うつ伏せからですよね」
セ「はいそうです。

僕はタオルをとってNPで転がりました。

心(やっぱりNPOKだ。)

と思う間があって…

セ「あ~!!!

セ「神P???」

セ「神P!!!」

セ「神P(笑)」

僕「え?」
僕「何も言わなかったのでNPで大丈夫かと…」

セ「(笑)(笑)(笑)(笑)
セ「持ってきます(@-@)

セラピストは神Pを持ってきて部屋をでました。
その間に神Pを履いて。

またまた、セラピストが入ってきます。

セ「あ~ビックリした
と同時にめっちゃ笑ってます。

僕「そんなに受けると思いませんでした。」

微妙に上機嫌。
何故かハイテンションで始まったマッサージは。

うつ伏せ指圧から。
脹脛のマッサージでは!
セラピストが足裏に跨ります。

足裏の指が震えます。

セ「よく動きますね♪
僕「もう幾度となく練習しています。」

 

 


セラピスト募集中!!



 

左足脹脛のマッサージ。

その時。
僕「うぅぅ…ちょっ…とまって。」
セ「え?
僕「つりました><」
セ「

施術中段で足裏回復休憩です^^;;

 

そして、またまた。
凝りもせず(笑)

足裏が微妙に震えます。

なにがいいか。
セラピストの会話の語尾や合間の息遣い。

 

文字で表現しにくい大人の時間を思わせる音。
それが常に聞こえます。

 

太もものマッサージ。
セラピストが太ももに跨ってのマッサージですが、
セラピストの膝が人という文字の分岐点にフィットしています。
そして微妙に震えているかの様。
そう、恐らく意識してのマッサージ。

3着度満載。
そんなマッサージはパブロフの犬の如く変化。

 

そして微妙な変化を保持しつつ、
セラピストが腰に跨っての背中のマッサージ。
マッサージの圧や上手さ?
そんなことを考えることができない程の3着+声。

この声を上手く文章で伝えることが出来ない。
今、その事がもどかしい。

 

僕「オイルマッサージがいいな」
セ「あ、もうオイル始めます?
僕「お願いします。」

セラピストが腰に跨りました。

僕「え?背中から???」
セ「はい。
セ「背中、手と教えられました。

 

背中のマッサージ。
マッサージよりも僕は手を後ろに回してみた。
あっさり、元に戻されます。

 

そして手のマッサージ。
背面スパイダー。
僕は3着狙い。
両手を真横に広げました。

 

3着度満載のマッサージです。
耳もとで、またまたいい音楽。
この雰囲気づくりはトップクラス。

 

僕「タイタニック!」
と言って鼻歌を歌った。

セ「え?そんな感じでした?

少しだけ音量を上げた。

セ「あっ。そうそう。そんな感じ

こんな普通の会話の中でも、セラピストの語尾はいい感じです。

 

 

 

僕「今までで、一番、E~Rな瞬間だったわ。」
セ「え?何???それ
僕「おばあちゃんの言葉」
セ「(笑)

 

僕は少し体を浮かせて、ピンポイントデコルテマッサージを願った。

 

セ「マッサージ店なので。
僕「そうですね。」

 

この時、僕は少しだけひょっとして?
と思いました。

 

常に3着するマッサージ。

そんなマッサージはFKTRTRには十分で、
太もも、鼠蹊部のマッサージとなりました。

GY9は辺り、足元にまでくるものの…
そこから先はなかなか行かない。

 

そして4281。

セラピストのBlue、PCR。

そこに届こうかという時。

 

交わされます。

4281のGY9や足元。

ここには来るものの感じんの施術して欲しい第0鼠蹊部リンパ。

ここには触れることすらありません。

 

そして4281の状態から背面スパイダー。
脇腹から鼠蹊部リンパ。
そこをマッサージされます。

 

でもね。惜しい。

FBKに当たることはありません。
そんなE~感じの4281が終わって。

セ「仰向けになりますか?
だったと思います。

 

サクっと仰向け。

FKなBSは面積の小さな紙Pで防げるはずも無く、
申し訳なさそうな感じでセラピストを眺めています。

 

ここからの施術。
3着度満点の施術です。

 

ほぼ仰向けスパイダーの状態。
セラピストの顔はデコルテ、お腹、鼠蹊部と移動します。

その鼠蹊部でまたお腹に引き返したり。

そんな3着施術はセラピストの眩しいTNMを利用したPZRモドキ。

FKが思いっきり飛び出してTNMに挟まれます(*^^*)

 

それを見たセラピスト。
神Pを元に戻そうとしているのですが、
施術前と今の状態。
元に戻れるはずもなく。
さらに3着施術は続きます。

 

ピンポイントなデコルテとセラピストの口との距離2,3cm。

 

は願った。

 

でも却下。

 

セラピストは、僕の太ももをセラピストの太もも。
それを使ってマッサージしていました。

セラピストの腰にFKBS。
セラピストの施術服で間接的にマッサージされます。
それ故、BKを通りこしてTRTR。

 

セラピストは腰に跨ってのおなか、デコルテのマッサージ。
腰で間接的な第0鼠蹊部リンパマッサージ。
でも確定施術ではありません。

 

そしてまたまた、セラピストの顔はBS近く。
PZRモドキマッサージです。
そのマッサージの間の声。
それはパフォーマンスタイムのB面の音楽の様。

 

その距離は、僅か数cm。
しかも演出してます(*^^*)
この状態で平静にいることは難しい。

 

恐らく震度1の地震でも接触してしまうだろう。

 

僕は願った…

でも答えはorz

セラピストはBSを眺め…

セ「OO奇異…(*^^*)

 

ここまで来てなどと思っていましたが、

僕「自分DEW A(*^^*)」
セ「それなら…
セ「見ないようにしているので^-^

 

オイルの量や施術服は違っていても、
まるで東京のスイートチーク。
それに近い仰向け施術。

 

 



 

僕は僕を自分で助けようとしました。
本来なら間違いなく字白。

そのままタイムアップとなりました。

セ「初めてのお客さんだし…

 

シャワー室で神Pを確認、
そこには、

ん?

 

モロッカンオイルのヘアーワックス。
それに似たものが付着していました。
そのワックスを製造したのは、
今日のセラピスト。

 

部屋に戻って感謝の気持ちを伝えよう。

 

僕「また必ず来ます」

セ「なんか嘘っぽい。
僕「気が向いたらまたきます。」
セ「そっちの方がリアル♪

服を着て、手を振ってセラピストと別れます。

 

何故かリピって見たい。
そう思えるセラピスト。
僕の★では評価できない★。
それが今回のセラピストにあります。

 

いつもの僕なら間違いなく字白。

でもそうならなかったのは、
恐らくこいつのせい。

 

 

 

 

この勝ちが、施術途中で梯子と思わせた。

僕は、遅い時間。
電話をしてみる。

一件目、繋がらず><
二件目、繋がらず><

三件目、「〇〇様お世話になります!

えっ?
待ってました!!
そう言わんばかりに、ハイテンションな受付

受「もう終わりなのですが確認するので
受「2,3分待ってくれますか?
受「すぐ折り返しますので…

 

 

 

マジ、すぐにケータイが震えました。
受「まだ大丈夫です!〇〇様

僕はもう一件のお店に向かった。

 

 

DEW A/^-^/

 

 

relaxation-sweets-room(スイーツルーム) 基本情報

 

 

セツビレベル()
★★☆☆☆
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★☆
カンヨウレベル()
★☆☆☆☆
ムフフレベル(2だけど雰囲気加算で)
★★★☆☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

relaxation-sweets-room(スイーツルーム)(岡山県岡山市)