まあ~。
Visual、技術、接客。
どれをとっても文句無しのお店。

 

さっき、合間で放り込んだエステで(*^^*)
だったにもかかわらず^-^

 

本当ならラーメン食べたかったけど、
時間が中途半端だったので少しだけファミマで時間潰しです。
そもそも予約は朝一でしていました。

 

 

 

 

ホボ時間かな?
アパートに移動するか。
などと考えつつ、アパートに移動して眺めます。

 

相変わらずですが、お世辞にも綺麗とは言えないアパートです。
受「準備が整いました。
受「左の棟の〇にお願いします。

 

相変わらず丁寧です。

 

ここで、右の棟にも同じ番号があるのだろうか?
などと奇妙なことを考えます。

 

体力があれば確認するところ、
さっきのエステで体力ゲージは残り半分という所。

 

右の棟を眺めつつ階段を上って、部屋の前。
ピンポン?
おっとそうそう、この真ん中のやつだった^^;;

 

このアナログチックなピンポンボタンを押す体力は、
この段階では、まだありました。

 

押してから、数秒。

 

セ「え?久しぶり!
僕「久しぶりですね^-^」
セ「あれ?一瞬わかりませんでした^^;;
僕「えっどこか変わった?」
セ「なんか、感じが若い

 

疲れた体に、甘い言葉。
最高のご馳走です^^/

 

僕「この服装のせい?」
セ「いや違う(*^^*)
僕「じゃー髪型かな?」
セ「ううん?
セ「なんかあった?
僕「え?特に???」

微妙ですが、スゲー!!!

気分良くしながら部屋に案内され
椅子にすわります。

 

 



 

 

セラピストが出してくれた冷たい、
ルイボスティ。
それを飲みながらさらに話ます。

 

セ「〇さんだと聞いてなかったし、
セ「突然だったので
セ「ほんとうにビックリしました。
僕「そうですか^^;;」

そんな感じで言われるとさらに嬉しいもんで(*^^*)
しばらく話をしていたんだけど、

僕「料金支払います。」

 

といって90分指名料込13000円を支払います。

 

僕「えーと。シャワー」
僕「さっき浴びたばっかりだからまあいっか。」
セ「いいですよ♪

 

僕「やっぱり浴びます」
僕「微妙に汗ばんだので^^;;」
セ「(笑)

 

シャワーを浴びて、マッパにタオルを巻いて部屋に戻ります。
おっと、神P?

聞くのも探すのも面倒だったので^^;;

NP施術です。

 

 

 

 

今更ですが、セラピストの服装は相変わらずです。
白いシャツにタイトな黒いMNSK。

この施術服が次第に透明になっていくから
不思議なもんです^-^

うつ伏せでセラピストを待ちます。
セ「どっから行きましょうか?(*^^*)」
僕「太ももくらいからでお願いします。」

 

 


セラピスト募集中!!



 

太もものオイルマッサージから始めてもらった施術。
相変わらずですが滑らかな動きです。

もうこの動きが素手にE~感じなのです。

 

さて、太ももからなので速攻でKIWリンパ施術になります。

深さというか滑らかに前面鼠蹊部まで深く入ります。

この技術は、今日のセラピスト固有のものだと思います。
余り他に体験したことがないのです。

 

足を閉じた状態なのに、
カエルリンパ鼠蹊部マッサージの深さを凌駕するのです。

 

掠るというか、セラピストは確認しているかの様。

 

このセラピストに関して言えば、
カエルリンパ鼠蹊部マッサージ。

4281などが不要で、

Automaticallyに深いKIW施術になります。

 

当然のことながら、化学変化。
腰、背中をスルーしてNaturalに仰向け施術になります。
セラピストが腰に跨ってのデコルテMマッサージ。
手を使わずピンポイントにデコルテマッサージしてくれます。

 

 

 

 

 

 

ここからはメンエス系フェイシャルマッサージなど、
鼠蹊部を間接的にマッサージしていきます。

 

ん?どこかで。
確か、

 

白いシャツだったかと思うのですが、
目がおかしくなりました。
服の面積が小さくなって、
色も赤に変わっていたと思います。

 

しばらくして、その赤すら霞んでしまって…
こうなるとねぇ(*^^*)

 

 

もうどのくらい時間がたったのか。
最初話し込んでいたけど、
まだ時間はありました。

 

僕は僕に服を用意します。

僕「あれ?これザラザラ感満載です^^;;」
セ「え♪(笑)

 

今日の施術。

 

僕「やばいかも」
セ「うん。
僕「まだ時間あるよね^^;;」
セ「うん…

 

でもね。

施術は終了?しました。

と思いきや、一旦休憩です。

 

セ「そう言えば、高いエステあるんでしょ?
僕「〇〇のこと?」
僕「岡山じゃ高いかな^^;;」
セ「どんなの?
僕「ビックリするくらいセラピストがいいよ」
僕「リピコースはまだ知らないです。」
僕「ん?」
僕「行ってみてまた教えてあげようか?」
セ「(笑)
セ「お願い♪
僕「(笑)」

 

休憩中こんな会話をしつつ回復中です。

 

 

 

体力ゲージがもう20%きってたんじゃないかな。

セ「そう言えば、前々から聞きたいことがあって
僕「えっ^^;;なに?」

そう言われる微妙に構えます^^;;

セ「なんでエーなんですか?
僕「特に意味ないです^^;;」
僕「マジで意味ないんですよ^^」

 

僕は入口右前の飾りの中間くらいにある時計を見ました。
その視線にセラピストも反応して時計をみていました。

 

 

建物の外は、綺麗じゃないけど、
部屋の中は綺麗にしています。

 

床施術が斜めだったかな?
ここの記憶が定かじゃないけど…

また、セラピストと目があいました。

僕「うーん…どっちがHyouかな?」
服の表裏が微妙に分からなくなる時があります。

 

それをのぞき込むようなセラピスト。
しばらくして施術が始まります。

 

さっきの施術。
うつぶせ…太もも。
仰向け…デコルテ。
仰向けスパイダー。
仰向けスパイダーリバースVer。

 

休憩後の施術。

カットビ!

 

リバースVer~♪

 

Aブロック

Aブロックについて

グラディナ③(岡山県岡山市)

 

そんな施術は、
もう体力などないはずだったのですが、
バリで…(*^^*)
やめておこう(笑)

 

 

 

 

この部屋のピンポンボタンを、
震えながらプッシュ。
しばらくして、
セラピストが出てきて、
笑顔で迎えてくれる。

 

プッシュ~迎えてくれる。
その時間には勝ったはず。

 

息切れと共に施術は終了しました。

僕「お茶、飲みます^^;;」
セ「つぎましょうか?
僕「これで大丈夫です。」
セ「あれ?冷えてるのこれしかない^^;;
僕「大丈夫ですよ^-^」

一服してシャワーに向かいます。
そして部屋に戻って着替えながら
セラピストと話ます。

 

話をしながら僕はx2の施術って過去にあったかな?

なーんて記憶を探っていました。

 

数える程度しかないはずだ。

 

経由ということを考えると、
これはもうないんじゃないかな?

 

僕「また来ます」
セ「(笑)

 

笑顔で見送るセラピスト。
名残惜しい。

 

 

 

おっとそう言えば、
体験してセラピストに報告しなきゃ^^;;

 

DEW A/1244Pt/

 

グラディナ 基本情報

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度(ここから)
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★★
ムフフレベル(ここまで文句無し★追加★★★★★★)
★★★★★
マッサージレベル()
★★★☆☆

 

グラディナ③(岡山県岡山市)
Tagged on: