X-dAy 計画

 

X-dAy…

仕事仲間と打ち合わせを兼ねてエステにでかけるそんな日。
当然、エステだけで終わらず食事やさらに呼んだりなど、
一個で終わらないのがX-dAy。

 

 

 

 

それ故、計画は重要です。
今回は、このX-dAyの名付け親のOHさんが、
諸事情により休憩となりました。
そもそも3人で遊びに行こう!
などと打ち合わせ中に仕事そっちのけで計画。
ゆきのしんさんがカレンダーに「×」印を付けた。
その×印をみたOHさんがX-dAyと決めました。

 

まあ、単純な発想^-^

その名付け親のOHさんは…
色んな事があるんでしょうね。

 

ただ、楽しみがないと仕事しない僕。
この暑さじゃ…まったくノラナイ^^;;

ゆきのしんさんと僕とで出かけることにした。
そんなX-dAy。

まずは昼間の中華そば…

 

いつだったかな。
セラピストから、
セ「違うんですよ本店は!」
と強気でおされた、さんきゅう本店。
ここを出発地点として、
ゆきのしんさんと僕と別々エステ。

 

ゆきのしさんは、
「ひかり」に乗ってみたいらしくマッサボクーに。
僕は、新店をと、一旦別々に。

 

その後、合流して居酒屋で夕食。

 

そんな居酒屋は、
またまたその数週間前くらい?
僕「最悪です。お気に入りの居酒屋が…」
僕「ことごとくTT」
そういうと、
セ「黒ひげ?くろちゃん?」
とかはどう?

 

そんなオススメを教えてくれたのですが、
結局色々考えて爺やになりました。

 

その夕食後は、
僕はエステに向かい、
ゆきのしさんは622な時間。

そして、ラーメンで〆よう。

そのラーメンは、
そらねこさんに幾つか教えてもらった中で、
花を予定。

そのラーメンまでで一日目。
翌日は珈琲館経由。
朝一のエステ。
ここは同時に入って同時に出れた方がよく。
年配セラピスト。
かつ、満足できるお店。
そうなれば限定されてきます。

そのエステが終わってラーメン経由帰ろう。

 

二人のセラピストとそらねこさんに感謝!

 

 

 

X-dAy 第一部

 

 

 

当日、なぜかワクワクして待ちきれない昼前。
そんな気持ちはゆきのしんさんを急かせました。
「ゆっくりでいいですよ」
妙に落ち着いたラインの返事などスルーします。

そして一緒に岡山に向かいました。
途中、ずーとほったらかし^^;;
にしているホームページは、

 

僕「どうも、暑いと何もする気が起きないんです^^;;」
などと言い訳しつつも、
僕「まあ、年内でどうです?」

 

笑ってゆるしてくれたゆきのしんさん。
寛容な心です^-^

 

取り敢えず、餐休 江崎総本店。

 

 

 

 

ピークは過ぎているだろう時間帯。
そんな時間帯だったけど、7割は埋まっていたかな?
注文したのは僕もゆきのしんさんも中華そば。

 

 

 

出てきたラーメン。
スープを一飲み。

 

セラピストの「違うんですよ!」
っていうのを理解することができました。
微妙ですが、スープにまろやかを感じます。

 

食べて良かった。
心からそう思った。

そんなラーメンを食べ終わり、
ゆきのしんさんはマッサボクーに、
僕はクオリアに向かいました。

 

別れる時、
ゆきのしんさんは、
YU「すみません。
YU「耳かき10分つけてもいいですか?
僕「大丈夫ですよ♪」

 

この答え以外見つかりません。

それにしても、暑い。
そんな暑い中。
彼女の家に来たような感覚で過ごせるというコンセプトの
ヒーリングサロン、クオリア。
そのマンションにやってきました。

 

二つマンションがあって少しだけ迷ったけど、
到着です。
オートロックは確かなかったと思います。
エレベータで一個上がって、部屋番号を探します。
そしてピンポン。

 

 

 

 

 

ん?

しばらくたってセラピストが迎えてくれました。
そして部屋に案内されます。

 

部屋は多分2つ?
シャワーの前の部屋と、突き当り右の部屋。
僕は突き当り右の部屋に案内されました。

 

部屋は、ローベット。
セミダブルサイズだろうか。
そんなベットが横たわっています。
そして二人掛けのソファーにテーブル。

 

ちょっとしたアンケート込みの、
同意書にサインします。

 

こんもりちゃんのレポの様に神Pが選択でき、
僕は黒い神褌SKSKタイプを選択しました。
セラピストには白いSKESKEタイプ…とはならず^^;;

 

料金は120分15000円です。
その料金を支払いサインをしてシャワーに向かいます。

 

多少、違和感があったけど、
そのシャワーを浴び部屋に戻ります。

 

しばらくして、またまた違和感がありました。
最終的に、
セラピストはベージュのパジャマのような施術服。

薄い化粧。
若く可愛い普通体型のセラピストです。

 

煙草を吸っているあいだソファの横に座っていました。

 

そして施術になります。
足裏指圧から始まったマッサージ。
かなり丁寧なマッサージです。
そんな丁寧なマッサージが終わってオイルマッサージになります。
オイルは確か選択できたと思います。

 

僕はお任せでいきました。

そしてまたまた、足裏からオイルマッサージです。
脹脛、太ももとマッサージ。
その太ももでの深さで大よその施術が推測できるのですが、
微妙な深さでした。
ギリギリ掠る程度のマッサージ。
そのマッサージが終わって、
背中のマッサージです。

 

背中のマッサージでは
セラピストが臀部に跨ってのマッサージになります。

 

ここまで、結構丁寧です^^;;
そしてカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。
それが両足。
あくまで正統派のライン。
そう思っていたのですが、

セ「反対側おねがいします。

僕は足を曲げる。
セラピストが鼠蹊部リンパマッサージを始める。

最初は、同じラインだと思っていたのですが…

今度は確かに彼の顔を掠めていきます。

 

彼は目を覚ましました。
しかも

 

覚醒。

 

そんな施術は、
セ「仰向けになってください。

 

その言葉でまた眠ります。

仰向けマッサージ。
またまた、足裏からのマッサージ。
ここまでで計3回足裏マッサージされました。

 

 

 

 

 

そして脛、太もものマッサージ。

僕はセラピストに聞きました。
僕「この後、どんな施術になりますか?」
セ「おなか、腕…
セ「4281

ん?

セ「4281の変形

 

ん???

 

僕よりも先に彼が耳を立てて聞いていました^-^

 

その後はなんだろう…
そう思いつつのおなかと腕のマッサージ。

おなかはさらにデコルテマッサージまで。
僕は凝っている所を指さしてみた。

 

セラピストはニッコリと微笑んで
E~感じでマッサージしてくれます。

 

本と言うとね。
最初の段階で何も期待していなかったのだ。
それがここにきて、施術が変化しました。

 

 

 

セ「4281になりますか?

 

 

僕はギリギリ4281になってみた。

セラピストの施術の前では、
彼は左右に動いたり、
まるで落ち着きのない子供の様でした。

体勢は4281だったけど血液はまるで逆流しているかの様。

 

そして、

セ「そのまま起き上がって…
セ「足の上に座ってください。

 

中腰背面スパイダー。
最近よくある施術スタイルです。
片方でデコルテ。
もう片方は鼠蹊部リンパマッサージ。

 

そんな施術は、神褌を不要?

 

いや、この神褌は頑張っていました。

 

 

 


セラピスト募集中!!



 

 

そして、仰向けセンター鼠蹊部リンパマッサージ。
逆M字でのセラピストが近づいての施術。

 

僕の力でどうすることも出来ない神褌。

 

セラピストの施術には邪魔だったようです。
その神褌はセラピストによってずらされました。

 

そして、さらにオイル増量…

 

僕はセラピストと向き合う形になり、
ソフトになら許してもらえた長割りを少し。

 

セラピストの

 

GTアールな施術は

 

々に

 

僕は後ろに倒れました。

そして、
摩擦熱で巻き上がる白い煙を見て、
施術が終了します。

 

 

気が付けば、期待していなかった施術は…
予想外?(←失礼)
に満足した施術となりました。

 

 

僕はシャワーを浴び服を着ます。
そしてしばらくセラピストと話ながら、
ゆきのしんさんと合流するために部屋を後にしました。
セラピストの笑顔は印象的でした。

 

 

 



 

 

そう言えばスマートフォンがこの暑さ?
いや、寿命だったのだろう…

 

 

さて、ゆきのしんさんと合流です。

 

Healing Space Qualia (クオリア) 基本情報

 

 

セツビレベル()
★★★★☆
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル()
★★★★☆
カンヨウレベル()
★★★☆☆
ムフフレベル(3.5?)
★★★☆☆
マッサージレベル()
★★☆☆☆

 

 

Healing Space Qualia (クオリア)(岡山県岡山市)
Tagged on: