なんの情報もなく適当に行ったお店。
こういう時、やっぱりな…
となる事が多い。

 

それは、過去の経験がそう言うのだ。

マンションのオートロックを解除。
エレベータで部屋に向かいます。
そしてピンポン。

 

ドアが開いてセラピストを眺めます。

 

 

 



 

 

 

 

まだ気づかない。

 

何故なら、
当たりなどこのタイミングで起こるはずもない。
そう思っていたから。

 

しばらくして、
セラピストのビジュアル。
スタイルを考えます。

 

何故?

 

このタイミングで?

 

このセラピスト?

 

 

めちゃくちゃ

 

綺麗なセラピストでした。

 

 

多分、そう思うまで、
10秒以上かかったと思います。

 

そんなセラピストに90分コースの料金を支払います。

 

サクッとシャワーを浴び、
NPで部屋に戻ります。

 

 

うつ伏せから始まった施術。
早々に、太もものマッサージ。
経由、カエルリンパ鼠径部マッサージ。
になります。

 

 

もう、速攻カエルリンパ鼠径部マッサージ、
といっても過言ではありません。

僕は、めちゃくちゃ美人のセラピストを見たくて、
振り返ってみた。

 

多分、長い時間だったのだろうと思います。

セ「めっちゃガン見しますね。
僕「え?」

 

微妙にPCR発見!

 

僕「ブラックダイヤモンド発見!」

 

セ「え?
セ「あーあ♪
セ「いいですね。
セ「ブラックダイヤモンド♪

 

 

鼠径部リンパマッサージは、
桑田のレインボールのような
緩やかなラインでマッサージ。
そして、斎藤のスライダーのように
ギリギリで切れるようなマッサージ。

 

えーと…

 

さらに、槇原のストレート???

 

思わず彼は硬直してのけ反った;;

 

うわっ!

 

ヤバい。

 

ここは大阪だ。

 

 

セ「(笑)

 

そんな話をしながらも、
その手つきはメンズエステそのものでした。

 

 





 

 

両足のカエルリンパ鼠径部マッサージが終わって、
仰向けになります。

 

そして始まった鼠径部リンパマッサージは、、、

 

 

いい感じで…

 

(*^^*)

 

僕「デコルテも同時にお願いでしますか?」
セ「え?
セ「贅沢(笑)

 

セラピストは横に来ました。
長割りポジション。

 

(*^^*)

 

セ「こんな感じ?(笑)

 

しばらくして。
施術は終了します。

 

僕「あと時間どのくらいありますか?」
セ「48分?かな?
僕「めっちゃありますね♪」
セ「だって(笑)
セ「マッサージした箇所が

 

僕「そっか」

 

僕は上を向きながら、
右手で右折のサインを送った。

 

そのサインに反応したセラピスト。

 

セ「眠ってしまいそう^-^

 

3着度満載の施術。

 

なのか???

 

 

否!

 

 

癒しの時間だ!

 

そんな時間を過ごしながら。

 

サイド何故か反応。

 

しばらくして、

 

僕は180度時計周りに回転しました。

 

 

 

 

ブラックダイヤモンド。
それは間違ってました。

 

ブルー系で^^;;

 

それを眺めつつ。
自分で遊びます。

 

そんな遊びをセラピストは興味深く眺めていました。

 

878の89恋。

 

動けない…

 

眠ってしまいそうだ。

 

僕「眠ってしまいそうです」
セ「私も…

 

 

渾身の力を込めて起き上がり、
シャワーに向かいます。

 

ふらふらの状態で服をきました。

 

しばらくセラピストと話をします。

 

そんな話から、
今回事情によりセラピスト名をお教えすることが、
できませんm(__)m

 

そして時間になりました。

 

 

 



 

僕は、ニッコリわらうセラピストを見て、
やはり思います。

 

 

DEW A/N/L6/

 

 

 

sha na na spa(シャナナスパ) 基本情報

 

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度(X軍)
★★★★A
キワレベル()
★★★★A
メンズ向き(4)
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

sha na na spa(シャナナスパ)(大阪)
Tagged on: