さて、Vol8
思い立ったように予約します。

微妙なんだけどこんなに深かった?
などと思った前回。
あくまでも健全範囲なんだけどね…

まあ後は、セラピスト。
誰に当たってもいい感じです。
それ故、指名せず予約です。

 

 

 



 

 

時間的に30分程度あまってしまう。
当日、時間を合わせてくれました^-^

 

仕事で疲れた平日の夜。
エステに向かいます。

 

ほぼ時間丁度にお店に着いたよ!電話。
愛想の良い元気な受付です。

 

玄関の観葉植物を確認して、
そろりとドアを開け靴を脱ぎます。
ピンポンは鳴らさないでとの事です。

 

靴を脱ぐのにもたついている間にセラピストが出てきました^-^
逆光で…
どんなセラピストか確認したくても…
確認できない。

 

確認できないセラピストを眺めるづけるのも変な感じ。
僕は、階段をあがった。

 

セ「久しぶり♪
僕「あっ久しぶりですね^-^」
僕「◯さんですね♪」
セ「そうです^-^
僕「えーと…E?」
セ「違います(`・ω・´)

 

もう2回言ってやっと当たりました。
Welcomeドリンクを聞かれます。
お茶とコーヒーだったかな。

 

僕は冷たいお茶にしました。
後、90分コース料金を支払います。

 

僕「えーと90分、10000円だったかな」
セ「ちょっと確認します♪

 

セラピストはお茶と灰皿。
後は、1000円のお釣りを持ってきてくれました。

 

セ「9000円でした^^
僕は1000円を眺めて、
僕「かけうどん3杯」
セ「(笑)

 

少しの間話をします。
まあ、最近のエステについてですが^^;;

 

セラピストは、
少しもの悲しい。
そんな印象を受けました。

 

僕「なんか悩みとか疲れとかあるの??」
セ「全然ないです(笑)
セ「目薬のせいかな…

 

と言ってたのですが、
やっぱり少し寂しい感じがしたかな。

 

 

 

 

そう、突然ですがセラピスト。

 

 

抜群です。

 

スレンダー体型に相反するP。
Visualは万人受けする美人系。

 

セ「シャワーの準備してきますね♪

 

シャワーを浴び神P装着します。
この神Pが…
SKESKEで^^;;
固定できません^^;;

 

ふと思う。
この神Pって1日に何個消滅するのだろう…

 

僕は神Pを装着してタオルを巻いて部屋に戻ります。
追ってくるようにセラピストが入ってきました。

 

隣の部屋で、他の客の声が小さく聞こえる。
そんな状態で始まった施術。

 

うつ伏せ指圧からです。
挨拶程度の指圧から始まってオイルマッサージになります。
足裏、脹脛、太ももと…
ゆっくりと、力強く圧をかけてくれます。
太ももでKWがどうなのか…
ここを一つの目安にしているのですが…
足裏の感触がとても良くて^^;;

 

微妙に反応してしまいます。
それまで、いろんな世間話をしていたのですが、
部屋が静まり返ります。

 

全神経を足裏に集中します。

 

僕「今日は白?」
セ「今日は黒T

 

その姿を想像してさらに増長。

 

太もものマッサージはとてもゆっくりで、
秒速5mmといった感じです。

 

 

その指先1mmがわずかにIラインサイドを通過し、
触れるか否かというラインをさらにゆっくりと、
インサイドに切れ込むように移動する。

 

 

 

 

 

僕「もう8mm」
セ「(笑)

僕「1cmだと大きすぎるけど」
僕「8mmだとちょっとって感じでしょ?」
セ「(笑)

 

そこから確かに少し深めに感じたけど、、、
感じただけかもしれません。

 

両足太ももが終わると、
3着型カエルリンパ鼠径部マッサージです。
後ろからと腰サイドからの、
鼠径部リンパマッサージ。

 

もう時間が止まったかの様に、
速度はさらに落ちます。

 

太もも外側にセラピストのPが当たります。

 

 

 

 

 

ここがこのお店のポイントである。
そのことを理解しているセラピスト。

 

 

 





 

 

 

僕「この時、字白っています?」
セ「いませんよ(笑)

 

そんな静かな鼠径部リンパマッサージが終わると、
臀部、腰、背中のマッサージになります。

 

心(はて…)
心(時間大丈夫だろうか…)

 

そう思ってしまうほど施術はゆっくりです。
そんなうつ伏せマッサージが終わると、

仰向け施術になります。

 

腕からのマッサージでした。
僕の手はセラピストの足の上。
足の上からインサイドに。
インサイドからさらに奥に???

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

届くはずもなく^^;;

 

そのまま両腕のマッサージが終わって、
お腹のマッサージになります。

 

僕「5分前になったら言ってくれます?」
セ「はい♪
僕「いや、3分で十分かな…」

 

 

セラピストが一瞬時計を見て。

 

センター鼠径部リンパマッサージになりました。
腕が、、、、
クロスラインでのマッサージ。
当たります。

 

さらに、GY9KWKWのマッサージ。
そんなマッサージは結構な時間続いているように感じました。

 

もう、モードはメンズエステ満載で、
いつでも大丈夫??
そんな時。

 

セ「あと、3分くらいかな…

 

僕「オイル…」

 

 

 

(*^^*)

 

 

 

 



 

 

 

 

部屋の温度はそれほど低いわけじゃなかったけど、
少し震えながら施術を終了させました。

 

 

あれ??

 

お腹???

 

さっきのオイルが…

 

そのオイルをふき取って一服。
そしてシャワーを浴びて服を着ます。

 

時計を見ると一本吸える時間程度。

 

途中、遅い?
かと思われた時間はそう思うことなくいい時間配分でした。

 

軽くHGをして部屋をでます。
僕「やっぱりこれ地震でたおれそうでしょ?」
セ「(笑)

 

階段の上で見送られます。
ふと階段上を見上げるとセラピストが笑顔で手をふってました。

 

綺麗に整えられた靴や
僕が出るまで見送るセラピストを見ながら思う。

 

やっぱりいい店だ!

 

 

DEW A//

 

 

 

 

Relaxation Salon CUTI(チュティ)

 

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度(X軍)
★★★★A
キワレベル()
★★★★☆
メンズ向き(2.2)
★★+☆☆
マッサージレベル()
★★★★☆

Relaxation Salon CUTI(チュティ)⑧(香川県高松市)
Tagged on: