今週いつ予約できますか?
とLINEを送りました。
翌日予約できそうなのですが、
おっと、平日だと夜になります。
んでもって、再度。

 

 

すみません。夜です。
とLINE。
すると、翌々日の予約になりました。

 

 

何故このお店を選んだのか…
とあるメールで思い出したという感じです。
まあ、色々あるみたいで^^;;
へ~って思いながら予約です。

 

そう言えば、やさしささんが夜営業始めてました。
といっても20:00までだったかな?
僕「今日、予約できますか?」
受「今日…難しいです^^;;
僕「そう言えば、夜営業するようになったんですね」
受「そうですよ~♪随分来てないから
受「知らなかったんでしょ(笑)
僕「そうです。また行きます。」

 

 

疲れているときにはもってこいの正統派マッサージ。
久しぶりに行けそうだ。
何か、いい方向に流れが来ている。
そう思いました。

 

 

予約日前日の話。
近日中にもう一個予約放り込んでおこうと予約電話をいれます。
これが、結構長電話になってしまって^^;;

 

車で岡山まで出かけて施術を受けて、
帰ってこれるくらいの時間の電話。
まあ、内容はなんでもない話なんだけど、
印象に残ったのが、少し離れているけど。

支那そば 餐休 江崎総本店

ここが美味しいらしいということ、
兎にも角にも泉田とは違うというのだ。
念を押されて日付をまたいで眠った。

 

 

 

 

その電話中に飲んでいたもんだから…
当然の如く二日酔い><

 

そんな状態からの仕事は全く気力なくで^^;;
適当に終え、エステに向かいます。
若干の時間があったので、相変わらずPLANET。
結果-10K。orz

いい時も悪い時もあるけど、

打たなければいい時は決しておとずれない。

 

さて、この場所に来るのも、
もう最後だということは知っていました。

 

若干早めについて、着いたよ電話をします。
遠くのマンションを眺めスマホで遊び時間を潰します。

 

ここから、歩けばほぼ時間丁度。
マンションに向かいます。

 

お!時間ピッタリ!!
部屋番号をプッシュして呼び出しボタン。
この時の音。
大きすぎです^^;;
オートロックが解除され階段を上がります。

 

さて、どんなセラピストだろうか…
そんな事を考えながらピンポン?
いやドアが開きました。

 

 

そして、再認識。

 

美人セラピスト

抜群のSTYLE。

 


セラピスト募集中!!



 

このスタイルで何故?
こうも立派に成長するのだろうか。
僕が見た中でもトップクラスのセラピストです。

セ「どうぞ~
僕「こんばんは。」

靴を脱いで紙スリッパに履き替える時。
少しよろめきました。

そして、部屋に座って。

 

セ「久しぶりですね♪
僕「え?そうかな。」

実際、あまりよく覚えていなくて…

 

ソファーに座って、アンケート兼同意書にサインします。
注意事項は、大よそ想像できるのですが、一応目を通します。
特に疲れているところ、鼠蹊部に〇。
マッサージの圧。普通。
楽しく話しながら・静かには、どっちでもよかったので、
真ん中に〇をしました。

 

楽しいというのもどうかな?
また、静かにというのも寂しいし^^;;

 

僕「そう言えば、ポイントカード見つかりました。」
財布からカード探します。
ん?
見つからん^^;;

セ「そんなにカード持ってる人初めて見た(笑)
僕「いや^^;;そんなにでもないよ。」

僕「やっぱりないです^^;;」
僕「このカードで。」

 

確か2枚あったって思ったけど^^;;

僕「煙草大丈夫でしたっけ?」
セ「はい。灰皿もってきますね

 

飲み物は、熱いお茶、
90分10000円の料金を支払います。

コートを掛ける時、再度セラピストを確認。
やっぱりスゲー!。

 

お茶を飲み一服。
セ「シャワーの準備してきますね。
僕「一風呂浴びているので」
僕「着替えだけでいいですか?」
セ「いいですよ♪

 

シャワー室で着替えて、
SKSKSKESKEの緩い神T装着します。

そして、タオルを巻いて部屋に戻って施術が始まります。

 

セ「うつ伏せでお願いします。

うつ伏せ指圧からはじまった施術。
普通で、良くも悪くもなくです。
時間的には丁度いい感じ。

 

指圧が終わればオイルマッサージ。
セラピストの鼠蹊部は僕の足裏にフィットします。

そのフィット感はセラピストが身に着けているもの、
それを想像することが出来ました。

 

そんな想像は、微妙に反応します。
脹脛、太もものオイルマッサージ。
個別というか流れるように一本一気にといったリンパマッサージ。
強弱もあり文句無しのマッサージ。
このマッサージは、とあるセラピストの施術を思い出させてくれます。

 

前回と違ったのは、そのさ。

ヒップセンターから緩やかな曲線を描いていたセラピストの手。
その手はストレートに第0鼠蹊部リンパ足元まで。
そこから引き返す。

そんなマッサージで反応しないはずがない。

僕「結構、元気なんですよ^^;;」
セ「最高、何回くらいですか^-^
僕「分からないけど5回くらいかな^^;;」
セ「へ~すごいですね
僕「〇さんは?」

 

そんな会話から逆足。
逆足も同じくで。
相変わらず反応。

 

いつもの事ながらの話で。

僕「1階から苦情来ますよ。」
僕「天井がおかしいって。」
セ「(笑)

 

そんな両足のマッサージが終わるとカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。

この3着度は、香川県じゃ最強じゃないでしょうか。

背面スパイダーに近い状態。

背中にGがかかります。

そしてウエストから鼠蹊部リンパマッサージ。

微妙ですが、何回かはPAN2に当たります。

後ろからのリンパ鼠蹊部マッサージ。
微妙ですが、何回かはGYO9に当たります。

 

しかも、このマッサージ。
時間的にも長いので、もうTR2で?
反対側のカエルリンパ鼠蹊部マッサージでは、

TR4

 

セ「跨ってもいいですか?
僕「どうぞ~(*^^*)」

 

圧迫されます。
違和感満載でのマッサージ。

 

おっとその前に、神TずらされてのHIPのマッサージ。
センターラインは、GYO9を通過して足元まで伸びていくかの様。
深いヒップリンパマッサージ。

 

そこからの腰背中。
肩甲骨のマッサージ。
肩甲骨は肘を使ったマッサージ。
ピンポンで解れます。
さらに腕のマッサージ。
背面スパイダーです。

 

 

手が、僕の顔の横を通過するもんだから、
少し遊んでました^^;;

 

僕「この施術、仰向けでも欲しいです。」
セ「仰向けですか?(笑)

 

そんな、正統派+メンエス要素満載な美人セラピストによるマッサージ。
これこそ価値ありです。

 

セ「仰向けになってください。
僕「はい」

 

瞬時に仰向けになります。
多分1秒とかからなかったかと(*^^*)

 

こう眺めてみると、やっぱり美人セラピスト。
その先には、エアコンの緑のランプが目に着きました。

 

セ「最近エステいっているんですよ♪
僕「へーそうなの。」
なんでも興味のそそる内容で^-^

僕「ねぇ…」
僕「〇さん…」
僕「それ、」
僕「三…体」
セ「やだ(笑)

僕「ねぇ…」
僕「〇さん…」
僕「それなら、」
僕「死…体」
セ「やだ(笑)

 

そんなERな会話も難なく対応しつつの施術。

 

 

仰向けマッサージは、
セラピストが足の間に入っての
鼠蹊部リンパマッサージ。
これがメインだったかな。

 

セ「PANPANですね(*^^*)

 

 

そんなワードはさらに増長!

僕「PANPANPANです。」
セ「(笑)

 

確実だったのは前回よりも深いマッサージだったのと、
両腕に挟まれてのマッサージ。
これが、さらにメンズよりでした。

 

 



 

時に、デコルテBCKマッサージも織り交ぜながらのマッサージ。
そんなマッサージは体中の血液がなくなりそうなほどで。

 

 

セラピストの視線が変わった。
時計を眺めていたのだ。
その光景から、施術ももう終わりだろうと思いました。

 

そういえば、
途中。
セ「えい!
との掛け声。

 

ん?まるで無防備^^;;
この神Tの脆さがでた瞬間です。

 

 

それからしばらくして施術は終了しました。

 

その手前。

白いボールがセラピストの腕に反射して、
おへそに嵌った^^;;
スゲー。
そんなボールの破片はみぞうちのあたりにもありました。

 

おへその白いボールと
その破片を取り除いて施術は終了です。

 

シャワーを浴び、服を着て部屋に戻ります。

セラピストが1000円もって戻ってきました。
セ「ポイントで1000円引きでした。
僕「え?そうなんですか?」
僕「これはうれしいな^-^」
僕「ラーメンとチャーハン食べれます。」

 

 

 

セラピストはラーメンもお酒も好きらしい。
気が合いそうだ。
結構、コアな話もしてコートを着ます。

セ「話しやすくていいですね♪

 

僕は両手を広げた。
施術途中でその願いは叶わなかった仰向けスパイダー*^^*
僅かな時間だったけど、その願いは叶いました。

 

そして、
「また来るよ!」
といって笑顔で部屋を出ました。

DEW A/iziii/

 

Relaxation Salon CUTI(チュティ) 基本情報

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★☆
カンヨウレベル()
★☆☆☆☆
ムフフレベル()
★★★☆☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

Relaxation Salon CUTI(チュティ)③(香川県高松市)
Tagged on: