どう言えばよいのだろうか。

 

セラピストによって施術がまちまちなお店…
僕は、時間の関係で60分コースを予約して、
お店に向かいます。

 

そもそも、
失礼ながらあまり行く気はありませんでした。

 

友達がこの近くのエステを予約。
その間に僕もどこかへという感じで。
時間的には、友達が120分。
その間にエステ。

 

 

 

 

 

幾つか浮かんだのですが、
60分程度しかないという理由と、
オススメセラピストがいるということで、
このお店なりました。
そういう感じで放り込んだアロマオイルマッサージ。

 

ところが、
当日、とあることから体力を消耗。

本来なら、彼のライフゲージはMAXで向かう所、
残念ながら半分程度消費してしまいました。

 

 

相変わらずですが、
友達と岡山での打ち合わせ会食。
エステなどは、いつも楽しい。

 

そんな友達と、某エステ店の近くで分れ、
お店に向かいます。

 

 

 

 

 

 

そして、お店に着いたよ電話をして、
アパート?に向かいます。

ピンポン!

セ「は~い♪今行きます^-^

そう言ってピンポンからセラピストが出てくるまで、
かなり時間があって
少し心配になってしまいます。
といっても1分くらいかな。

 

そして、出てきてくれたセラピスト。
若い、スレンダーでE~オーラ満載のセラピストです。
TNMはくっきりのタイトなMNSKワンピースタイプの施術服。

 

セラピストはスリッパを用意してくれました。
さて、階段。

 

セラピストに先に登ってもらおうと、
手のひらを上に向け、
どうぞ~という感じで案内します。

セ「ちょっとまってね

 

セラピストは靴を整えると、階段を上がって行きました。
僕はその階段を後ろから登ったのですが…

 

「ですが…」までです^^;;

部屋に案内され、
またまたサインです。

 

ん?

 

毎回サインだったけ?
などと考えつつ。

名前の欄で少し考えます。
セラピストと相談した結果。

10本の手先が器用に動く人を想像し、サインします。

そんなサイン、
何故か、セラピストにはうけました。

 

 

 

 

 

 

料金は60分、9000円と割高ですが、
まあ仕方ないです。

10000円を渡し、

僕「お釣りあります?」
と何故聞いたのか、
自分でも分からない^^;;
答えが決まっている質問をします。

 

セ「ありますよ♪

 

セラピストがお茶。
お釣りなど準備しようと部屋を出る前。
E~オーラ満載のセラピストと目があいます。

カットビ!
施術が始まってしまいました。

そんな施術はメンズエステ要素満載!

超3着に、
…双方鼠蹊部リンパマッサージ。

超3着に、
…双方Mタイプオイルによるフェイシャルマッサージ。

 

そんな、軽い挨拶代わりの施術。
それは、
昼間の彼のライフゲージを数十秒で

 

MAXまで回復させました。

 

僕は、マッパにタオルを巻いてセラピストを待ちます。
しばらくしてセラピストが戻ってきました。

 

僕はさっきの施術の続き…
そう思っていたのですが、

 

セ「は~や~い♪
セ「あ、と、で♪

 

この言葉は、
後の施術内容が保証されたようなもので、
若干暴走気味になります。

セ「えーと
セ「これ。

セラピストは両手で僕の右手をもって、
施術服デコルテ内部に…

 

心(ん?)
心(なんだろう…)

 

え?

もしやこのPはブラフ?

 

いや違った。
カットビ施術で忘れかけていた、
お釣りの1000円がそこにありました。

 

僕は、
その1000円をテーブルの上に置くと、
セラピストのシャワーに案内されます。

 

そして部屋をでる直前。
またまた、さっきの施術再開。
その施術は、
腰に巻いたタオルを変化させてしてしまいました。

 

そして、セラピストにシャワーに案内されるのですが、
本来、手をつないで案内されるところ。

 

セラピストはあろうことか。
腰の少し変化したタオルをもって案内してくれます。

他の人がいるかどうか…
確認しながらのシャワー室までの道のり。

この光景をみられたら
、、、orz。

 

少し不安になりながらシャワー室に向かいます。

セ「これ自由に使ってくださいね

 

自由ということは、使わなくてもよいということだ。

僕はNPで部屋に戻り、

 

ん?

どの部屋だったか…

脳に血液不足のせいでよく分からなくなってて。

 

心(セラピストが戻って来るまで待つ?)

 

片方は「Open」
もう片方は「Closed」
だったかな…

 

ここか?

僕はOpenをあけてみた。
外れでした^^;;

誰もいなくてよかった。

 

もう片方の部屋に入り一服。
セラピストを待ちます。

 

ここまで…
どのくらいの時間を消費したのか…
分からなかったけど。

 

セラピストが戻ってくるまでの間考えます。

 

あまりにもよくできてないか?
ここぞという局面で強ガードになってしまう。
そんなパターンじゃなかろうか…

 

 

セラピストが戻って来て、
床マットの上で施術が始まります。

 

 

 

 

 

 

僕「仰向けからですか?」
セ「仰向けからがいいですか?(*^^*)
僕「いや、うつ伏せからで^^;;」

 

僕は施術を受けたかったのは、
うつ伏せでのカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。

確認したかったのです。

 

セラピストが背中にタオルをかぶせ、
オイルマッサージが始まりました。

 

まぁ~想像していたことが、
想像通りになった。

 

そういう感じです。

 

太ももの深いオイルマッサージは早々に終わり。

 

セ「足曲げて下さい♪

 

の頃にはもう体勢が整ってます。

 

セ「はやっ(*^^*)

 

そんなカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。

 

セラピストがGY9をソフトに施術。
そこから、FKのサイドを意識したかの、
鼠蹊部リンパマッサージ。

 

もう文句無しのメンズエステ。

 

でも、ここで気づきます。

ん?

昼間、少し?

負傷?

僕「すみません…」
僕「オイルが少しTT」

 

ならば、とセラピストは、
ヘッドマッサージ。

 

そこから、この体勢が苦しくなって…
僕は仰向けになりました。

 

 

 

 


セラピスト募集中!!



 

 

 

そっからというもの…

 

マッサージってあったけ?
殆ど3着状態での、
ピンポイントなデコルテマッサージ。
時にMタイプオイルでのマッサージ。
そして、鼠蹊部リンパマッサージ…

 

殆どがそんな感じのマッサージです。

 

 

 

 

でも、何故かなかなか終了にならない。
それは、今、目の前のセラピストのせではない。

僕「後、何分くらいですか?」
セ「15分くらいです

 

自分での施術でもいいかな…

 

と思うようになってきました。
当初、寛容かと思っていた感じだったのですが…
やはり途中の予感は当たっていました。
★3.5~4という感じです。

 

僕「自分でいいかな?」
セ「え~せっかく来たのに?

 

少しして、、、

自分での施術は終了しました…

 

僕「一服していいかな?」
セ「
セ「あっどうぞ^^

多分、殆どは五莫だと思います。
ただ、調子が悪かった…

 

 

 

 



 

 

部屋を後にして、
友達と合流します。

 

 

 

 

 

 

 

友「どう言えばいいかな…」
友「セラピストが殆ど無口で…」

 

でも最後は満足したようで…

 

途中のセ「お上手…」

 

そのセリフが印象的でツボに嵌りました。

 

一方、僕の方は、
3茶9が素晴らしいなど、
いいセラピストであるには間違いないのですが…

 

 

お互いのエステの話で盛り上がりながら、
相変わらずお気に入りのお店で料理を堪能します。

 

 

 

 

心 -Sin-(シン) 基本情報

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度()
★★★☆☆
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★☆
ムフフレベル()
★★★☆☆
マッサージレベル()
★★☆☆☆
 

心 -Sin-(シン)⑤(岡山県岡山市)
Tagged on: