A店の予約が、、、
前日に都合悪くなった。

 

候補のB店にLINE。
少しまったけど、返事がなかった。

 

少し考えてみる…

 

いったい、僕はどこに行けばよいのだろう…

 

新店に決めました。

 

 

 

 

 

 

SMSで予約確認。
大丈夫との返事。

 

情報より指名します。

 

90分コース+指名www、計12000円。

 

 

偶然が重ならなければたぶん、もう少し後になってたろうお店だろうと思う。

 

 

 

 

天気の良いピクニック日和の岡山。
携帯片手にマンションまで受付の女性に案内してもらいます。

受「オレンジ色のマンションです

 

ん?

 

凄いです。
多分、を建設。
住人が増えたので、
もっと住人が増えたので、オレンジ
そんな推測をしながらマンションを眺めます。

 

歩きながらなので、BOSSの自動販売機?

 

これか…

 

奥から入らないとダメのようで、青を目指します。

 

偶然は重なる。

青、それは僕のラッキーカラーだ。

 

 

階段で上がってピンポン。
出てきてくれたセラピストは、可愛いセラピストです。

 

 

 

 

芸能人の誰かに似ていると思ったけど浮かびませんでした。

 

 

テーブルに不安定な四角いオレンジ色の椅子。
ガラステーブルにはアンケート。
早速、アンケートにサインをします。

 

そして、90分12000円を支払い。
灰皿を持ってきてもらいます。

 

一服しながらの会話。

 

セ「エステよく行かれるのですか?
挨拶の様なものです。

 

そう、施術服は…ゲキMNなタイトSKTに。
ん?白い服。
この白い服がどうだったかの記憶がありません。

 

あ!。

 

TNMの話をしたのでBRが透けた白いTシャツだ。
ゆったり感満載のTNMは眩しかった。

 

 

エステにはよく行くという話をしました。

セ「へ~県外にもいかれるのですね
僕「ここも県外だけど」
セ「そうですね^^;;

セ「私、釜玉バターが好き

 

ん~。

ラーメンの話の前にうどんでセラピストに先手を取られてしまいます^^;;

 

僕「ところで、そのTNMいいですね」
セ「寄せて上げてるだけですよ^^;;

 

後で分ったことなのでですが、良型でした^^*

 

 

 

 

 

服をボックスにいれシャワーを浴びます。
神P…たしかNPだっかと…

 

僕「うつ伏せからですね。」
セ「はいそうです。
僕「さっきエステ行ってきたばかりです」
セ「え?そうですか
僕「なので脹脛あたりからでいいですよ。」
セ「わかりました^-^

少しだけ施術をカスタマイズ。
マッサージそのものは以外にしっかりとしたマッサージです。

 

セ「めっちゃ綺麗な肌ですね
セ「よく言われるでしょ。
僕「ちょくちょく聞きます^^;;」
僕「しかもさっきエステ行ったばかりなので^^;;」

 

そこから、セラピストは足裏に跨っての太もものマッサージ。
結構、というか足裏にセラピストがフィット。
これもよくある事です。

 

でも、今日の足裏は良く震えます。

 

僕「どうも緊張しちゃって^^;;」
セ「(笑)

 

そんな太もものマッサージが終わると、
もう片方の足ですが…
施術で微妙に変化しつつある僕は、

 

僕「太ももからでいいですか?」
セ「太ももですね^-^
セ「わかりました^-^

 

でもこっちの足は若干しか震えません。

利き足ってあるのだな…

いや、もう緊張しなくなったんだと思います^^;;

 

そこからのカエルリンパ鼠蹊部マッサージ。
鼠蹊部経由、彼の頬経由、そして…
第零鼠蹊部リンパをさするようなマッサージ。
そんなマッサージに慣れていないせいなのか、
恥ずかしいのか真っ赤だったんだとおもいます。

 

そんなカエル鼠蹊部リンパマッサージ
そしてセラピストが腰に跨っての背中のマッサージ。

 

 

 

 

 

どう言えばよいか…
当たり前なのですが、普通にうまいマッサージなのです。
そこからぼぼスパイダー気味にマッサージ。

 

この時、僕は仰向けマッサージで行われる施術を想像することはできませんでした。

 

 

 


セラピスト募集中!!



 

 

僕「もう仰向けいいでしょうか?」
セ「はい♪

 

 

多分、太もものマッサージと腰に跨っての施術が続いていたと思います。

彼はセラピストの鼠蹊部リンパに挟まれる感じでした。
でも、今度はセラピストが緊張しているのか少し震えていました。

 

その震えと、第零鼠蹊部マッサージ。
これで、施術終了?
そう思っていたのですが、、、

 

僕は自分の手を鼠蹊部に伸ばそうとしたのですが、
そこにはセラピストが…
辿り着く前に…
セラピストに当たってしまいます。

 

PCRはRED。

 

そのサイドに手が伸びて隙間を作ろうと思っていた。
その事を察したセラピストは笑顔で、
REDとさようなら!!

 

ん?デコルテのREDは、僕が肩甲骨のマッサージをしながら、
REDとさようなら!!

 

 

 

 

 

 

それでも施術は先と変わらない。
相変わらず跨って鼠蹊部マッサージ。
そしてデコルテマッサージ。

 

鼠蹊部リンパは高級オイルで施術されていました。
そんな、リンパマッサージ。
彼はどのタイミングだったか、
分らないけど、高級オイルを全身で浴びることになります。

 

震度3の縦揺れの地震を体感しつつのマッサージは、

 

僕「881です」

 

 

 

Aブロック

Aブロックについて

An (アン)(岡山県岡山市)

 

 

その時の、セラピストの声は、
絶品でした。

 

 

 



 

 

そして、
僕はこの店名の意味を理解しました…

 

 

DEW A/vv/

 

An (アン) 基本情報

 

セツビレベル(綺麗ですね)
★★★☆☆
セラピコノミ度(ルックスがいいです)
★★★★☆
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★★
ムフフレベル(とっぱですね)
★★★★★
マッサージレベル(普通に上手いです)
★★★☆☆

 

 

 

An (アン)(岡山県岡山市)
Tagged on: