新店ラッシュの一つ??
どうなのか…というのは、
ブログの更新がないので^^;;
やっているのかどうなのかという点。
後は施術がどうなのかという点。
この2点が気になってました。

 

施術に関してはおおよそ、やまけんさんの情報で想像は出来るものの。
実際に体験してみないとわからない。

 

やっているかどうか…
LINE使いました。
営業時間外だったと思うのですが、
割と返信も早く、
スムーズに予約できました。
そう言えばですが、
名前など聞かれませんでした。
これには少しビックリです。

 

 

 



 

 

さて、岡山です。

 

 

少し時間あったのでラーメンとも思ったけど。
その手前にスシローがあってさ、
量のコントロールがきくスシロー食べます。

 

次回は、麺屋はやたろうの白たべよう。

肌寒いけど、いい天気です。

 

 

そんな空を眺めながらお店に向かいます。

 

お店までは、
やまけんさんの言う通り狭い道です。
これ車じゃ行きにくいんじゃないかな。

 

そして、
少し早くついて、
お店に連絡します。

 

最初に指定された駐車場からは、
少し離れたところにお店はあります。

 

離れたといっても20m位だろうか…

 

指定された部屋。

 

(。´・ω・)ん?

 

ここかな?

 

などと念入りに確認してピンポン。

 

出てきてくれたセラピスト。
いい感じでE~オーラ満載のセラピストです。

 

ワンルームで、
入って右に風呂場とトイレが並んでます。
ドアの向こうが施術部屋になっていて、
右奥にテレビ。
真ん中に床施術用マット。
左に同意書が置かれたテーブル。

 

真ん中奥には、加湿器。
その加湿器はスライム形のピンクに光るもの。
間接照明を兼ねているのだろうか…

 

(´・ω`・)エッ?

 

右に梯子。
何故かのぼってみたくなります。
そう、暖房器具もおかれていました。

 

ロフトがあって、
ぶら下がれます。

 

 

 

 

 

 

そんな部屋に案内され、

 

セ「90分12000円前払いでお願いいたします^^;;
僕「はい!ぴったり持ってきました!」

セラピストに料金を支払います。

セ「おタバコ吸われますか?

 

ソッコー

 

僕「はい!」

 

ちょっと待っててくださいね。

 

セラピストは冷たいお茶と灰皿を用意してくれました。

 

僕はその用意している間に、
アンケートに記入します。

 

僕「この名前って何でもいいの?」
セ「はい♪大丈夫ですよ

 

そんなアンケートに記入してただけど、

施術して欲しいところ?

僕「うーん..」
僕「ここ書きたいんだけど…」
僕「だけど…」

 

セラピストはニッコリわらって。

 

セ「いいですよ♪

察します

 

いいセラピストです。
そうセラピストの服装ですが…
上は普通なんだけど…
黒いMNSKが…
これ以上ないくらいなMNSKです。

 

僕はロフトを見上げた。

 

 

 

 

 

 

僕「ここにぶら下ってPCRどう?」
セ「え?ここ古いし^^;;
セ「そんなの嬉しいの?
僕「いや。」

 

僕「シャワー行きます。」

 

セラピストはシャワーの温度を適温にきてくれてました。
いいサービスです。

 

シャワーを浴び、部屋に戻ります。

 

セ「あ!背中びしょびしょですよ!

 

セラピストが拭いてくれます。

 

僕「うつ伏せからですね」
セ「はい

 

指圧なしでオイルマッサージからお願いしていました。
そのせいです。

 

セ「私、手が冷たいのです
セ「いつも指圧で温めるので^^;;
セ「あったまるまで待ってくれますか?

 

暖房器具で手を温めてました。

 

僕「そしたら一服しますね」
セ「はい

 

セ「その鞄、籠に入れてもらってもいいですか?
僕「いいですよ?」
僕「なんで???」

 

セ「たまにね…良くないことする人がいるのです。

これは想像の範囲外でした…

 

僕は籠を持ってきてもらって、その中に鞄を入れます。

セラピストの手があったまったようだ。
セ「オイル、香料と無香料どっちにします?
僕「ん~」

 

悩むようなことじゃないど…

僕「無香料で!」

セ「足に塗っていきますね

 

うつ伏せからのオイルマッサージ開始です。

 

 

 

 

 

 

その間、
僕は昔、呼ぶ方なんだけど、
そのプレイを録画したことがあって。
そのことを話してました。

 

セ「それは合意のもとでしょう?
僕「そそ」
僕「相手の子がね。」
僕「ここだと全体が入るからいいじゃん!」

 

などといってた話をしてました。

 

 

 

 

 

 

脹脛、太もも、脹脛、太もも…だったか..
脹脛、脹脛、太もも、太もも…だったか忘れたけど。

脹脛は手全体でほぐす感じのマッサージ。
でも太もものマッサージ。
もう、メンエスそのものです。

 

これぞ一流の施術。

フェザーとマッサージの中間でくすぐったい感じは全くしない。
Iラインをソフトに当たるかどうかのゆっくりしたマッサージ。
指先に強弱の変化をつけたGY9のマッサージに体が震え、
そのサイドを指先がナチュラルに通り抜ける。

 

 

彼の足元付近を指先が通過してリンパ鼠径部をマッサージ。
その指先は彼の頬を掠めた。

 

カエルリンパ鼠径部マッサージじゃないです。
通常のうつ伏せ太もものマッサージ。
普通引っかかったりするんだけど。

 

かなり滑らかな施術です。

 

僕は言葉を失った….

 

 

 

 

 

 

 

恐らく、ラクゼーションサロンKIW選手権、
本大会があったとすれば、

今日のセラピストは間違いなくシード選手になるだろう。

 

そんなうつ伏せ太もものマッサージが終わると、
セラピストが臀部に跨っての腰、背中のマッサージ。
そのまま倒れこむように、背面スパイダー。
それからデコルテマッサージ。
そんなデコルテマッサージは、
ピンポイントでリンパをとらえる。

 

そして脇腹をマッサージ。

 

もう施術の圧などは文句無し。
彼は緊張して真っ赤になっていたと思う。

 

セラピストは静かに耳元で囁く。
セ「足曲げてくれますか?

 

この背面スパイダーからの、
カエルリンパ鼠径部マッサージ。

 

神Pはどっちでも良かったのでNPでの施術。
Iラインリンパマッサージ。
GY9を転がすようなリンパマッサージ。
そして鼠径部リンパマッサージ。
ヘッドマッサージと、
メンエスフルコースに、
もうイッパイイッパイでした。

セ「大きく…ってる♪

 

そんなことを囁かれるとね…
Mが目覚めます(*^^*)

 

もう片方の鼠径部リンパマッサージ。
そのマッサージの頃に、
またまたセラピストが耳元で、

 

セ「2回..します?

 

と問いかけてきました。

僕は少し考えて、

僕「いえ、ノーマル施術で大丈夫ですよ。」
僕「濃いめのがいいです」

 

そんな背面施術は、

 

セ「4281になってください。

 

で4281鼠径部リンパ集中施術になります。
セラピストは多めのオイルと手のひらに取ると、

 

臀部に塗布するというより流す感じです。
そのオイルは高い所から低い所へゆっくりと移動します。
KI9、GY9を伝い、
彼の足元から、
彼の胴体。
そして彼の頭。
そこから落ちていきました。

 

その様を眺めていたのですが、
セラピストのうすいTが眩しい><

 

 

 

 

 

 

施術は鼠径部リンパと、
ピンポイントデコルテマッサージ。
主にこの二つでした。

 

かなり881施術を乗り越え仰向け施術になります。

 

セラピストM字で太ももをマッサージし始めました。

 

何故かオーソドックな太もものマッサージ。
そんなマッサージが少しだけあって、

セラピストが腰に跨ってデコルテマッサージをします。
邪魔だったんでしょうね。
もう片方の手で、固定しながらのマッサージ。

 

固定というか、
施術を終了させるかのようなマッサージでした。

 

 

色々お願いして…
少し長割りが…
どんどん深くなってきます。

 

いつしかセラピストのTのサイドの隙間から…

 

 

 

 

 

 

(。´・ω・)ん?

 

ピンポイント前面鼠径部リンパマッサージ。

 

セラピストの声が変わりました。

 

 





 

 

そんなマッサージから少し奥のマッサージ。

 

あれっ?

 

こんなところにもオイルがあったのか。

しかも満載です!!

 

 

相変わらず、セラピストはピンポイントデコルテマッサージ。

そして第0鼠径部リンパマッサージをしていました。

 

 

僕もピンポイントデコルテマッサージ。

 

僕「えっ!返信したよ!」
セ「触れるから♪

 

心(まるで、河豚のようだな…)

 

どこかで、
どうやって施術しているのか分からなかったけど…

 

セラピストは腰に跨って両手でデコルテマッサージをしていました。
そしてそれは最強施術のようだったけど、
最強施術じゃなかったと僕は思う。

 

しばらくして、
仰向けスパイダー。
セラピストの顔との距離は0cm。

 

TR満載はピークを突破して、
施術は終了しました。

 

セ「全部?

 

僕「もうありません…」

 

ストック全放出!

 

息が切れます。

 

セラピストはオイルを片づけてました。
僕は一服します。

 

どう計算したのか、、、
時間はほぼシャワーの時間を残すのみとなり…

 

僕はシャワーを浴び、
服を着ます。

 

ここで色々話をしたのですが…
正直かなりびっくりした話。

 

(。´・ω・)?

何故分かる?

 

 

 

 



 

 

施術で身体はスッキリしたのですが、
その話が、心に引っかかるものを残してしまいました。

 

その引っかかるものは、
リピって見るしか解消しないようだ…

 

 

DEW A/*N*L*/

 

 

 

岡山RJリビング 基本情報

 

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル(+★★★)
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★★
ムフフレベル()
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

岡山RJリビング(岡山県岡山市)