特に大した理由じゃないのですが、
ちょっと行ってみよう。
そんな気になって訪問しました。

 

受付は男性の方だったけど、
かなり丁寧な印象を受けました。

 

時間になり部屋番号をプッシュ、
「どうぞ~♪」
と同時にオートロック解除。
ピンポンから出てきてくれたセラピストは、
笑顔の可愛いセラピストです。

 

どちらかと言えば可愛い系だと思います。

 

恐らく、街中で見かけると振り向いてしまう。
それくらい可愛いセラピスト。
校庭で朝礼があったら目を引くセラピスト。

 

そんなセラピストに部屋に案内されました。

 

 



 

 

 

 

 

90分11000円の料金を支払い。
Welcomeドリンクを持ってきてくれます。

 

飲み物を一口飲んで、
セラピストがシャワーの用意に向かいました。
シャワーを浴び、施術になります。

 

 

うつ伏せ指圧から始まった施術。
斜めに置かれた二つの鏡。
それに映るセラピストの姿は、
E~感じそのものです。

 

指圧ですが、かなりしっかり目でうまい指圧です。
ギリギリ我慢できる程度まで圧をかけマッサージしてくれます。

 

セラピストが腰に跨るときには、
鏡に映るE~感じのセラピストに反応し、
圧迫されます^^;;

 

そんな指圧が終わって、オイルマッサージ。
オーソドックスなオイルマッサージ。
なんとなくですが、久しぶりに正統派に近いマッサージでした。

 

ただ深さはそれほどでもありません。
あくまで健全ラインじゃないかな?
ギリギリかする感じのマッサージです。

 

両足のマッサージが終わると臀部、腰、背中のマッサージ。
肩甲骨や首のあたりまでマッサージするかなり本格的なマッサージです。

 

メンズエステじゃなく正統派マッサージに近いものを感じました。

 

ここまで、特にメンズエステってのは無かったと思います。
ただ、セラピストの話がE~感じの話題だったのと、
可愛いビジュアル。
そして、鏡に映るMNSK奥のPCR。
これらの事でどうしても反応してしまいます。

 

その後、カエルリンパ鼠径部マッサージ。
ここでもあくまで正統派のラインです。
微妙に当たる感じはあるものの、
当てる、じゃなく、当たる。
そんなマッサージです。

 

 

 

 

 

 

そのマッサージはセラピストが
両腕で円を描き鼠径部を流すマッサージ。
後ろからと、腰サイドからのマッサージ。

そしてそれが、正統派マッサージであろうとも、
鏡に映る姿がどうしても反応させます。

 

セ「4テラバイトになりますか?

(Hさん使わせていただきます。)

 

僕はその体勢になり横の鏡を眺めた。
と同時に、自分の自己管理の甘さに気づかされました。

 

醜い…

 

ここからでした。
セラピストの手というか腕が、
神Tに侵入しマッサージしてくれます。
膨らんだ鼠径部が、
腕に挟まって大きく振られます。

 

 

ヤバい。

 

 

セ「〇〇オイルが溢れてますよ

僕「マジ?」

セ「うん。だって冷たいもん…

 

自分では意識してなかったけど、
それまでの施術でHBKとFBKを繰り返すうちに、
どうも溢れてしまったようだ。

 

 

 





 

 

そんなにメンズエステって感じじゃなかった。
けど、セラピストのVisual。
後は、会話なんだろうなと思う。

 

積み重ねてきた微ER。
これが着実に、
ヒューマンナチュラルオイルを製造し、
体外に放出していたのだ。

そして4281は、コアなリンパを施術します。
触れるかどうか、微かに当たる施術。

メンズエステの醍醐味です。

セ「大〇〇ですね

 

僕は言葉を返す余裕はありませんでした。

 

そして仰向けマッサージ。

 

セラピストが腰に跨ってのデコルテマッサージ。
ピンポイントに少しマッサージします。

 

僕「いい感じです…」

 

セ「ちょっと待ってね
なにかピンポイント周辺のデコルテをマッサージ。
しばらくマッサージしたあと
再度、ピンポイントマッサージ

 

セ「ほら。大きくなった♪

 

僕は、少し考えたけど…
その違いはよくわかりませんでした。
ただどっちのマッサージも、
ドンピシャのツボだったのは言うまでもありません。

 

と同時に、セラピストはタオルの上から、
鼠径部を使って鼠径部リンパマッサージをしています。

 

僕は、透けた白いシャツが気になって^^;;
少しだけボタンを触ってました。

 

セ「手、震えてますよ♪
僕「緊張してて」

と同時にセラピストの鼠径部。
マッサージ深くと思いきや…

セ「STOP

 

セラピストは、完全否定じゃなく、
ここまで大丈夫。
ここからはアウト。
という感じで言ってくれます。

 

 

 

 

 

まあ、上手いなぁ~と思いました。
完全否定じゃない譲歩するというところが、
ソフトに思えるのだ。

 

施術は最終局面に向かいます。

 

セラピストが足の間に入っての、
最終、鼠径部リンパマッサージ。
その手技は、
まるでたまごで遊んでいるのと、
匹敵する施術。

 

そんな施術の最中

 

セ「やっぱり、大〇〇
セ「普段どのくらい?

セラピストは、親指と人差し指で、
いろいろ幅を変えながら、

 

セ「このくらい?

と聞いてきます。

 

でもね。

 

考える余裕なんてなかったです^^;;

 

長割不能ポジション。
そこから、少しだけお願いして、
サイドポジションに…

 

サイドポジションから、
少しお願いして、条件付きで、
ベストポジションに…

 

 

 

 

 

その状態からの施術は到達点に達するのは、
そんなに時間はかからなかったと思います。

セ「ん?
セ「どこまで飛んだ?

 

なーんて探して施術の片づけを始めました。
いいセラピスト。

 

でもね、

まだ続きます。

 

仰向けでぐったり感満載の僕を
セラピストは遊んでいます^-^

 

僕「くすぐったいです」
セ「分かってます(笑)
セ「だからです♪

 

( ´・ω・)y-~ エト…

 

Sなのか???

 

ふと時計を見るともうシャワーの時間です。

 

セラピストはシャワーの準備に行きました。
僕はサクッとシャワーを浴び部屋に戻って服を着ます。

 

服を着ながら、壁を眺めます。

 

(* ̄- ̄)ふ~ん

 

こんなオプションあるんだ。
知らなかった^^;;

 

結構種類が多くビックリでした^^;;

 

 

 



 

 

最後、セラピストと別れる時、
少し話します。
最終施術がセラピストによっては、
違うという事。

 

なるほど。
そうだったのか…

 

妙に納得しました。

 

セ「どんなのがタイプ?
僕「E~満載」
セ「うーん
セ「じゃ○○さんいってみたら?
僕「ふーんそっか^-^」

 

 

 

 

 

 

最後、セラピストに笑顔で手を振り別れます。
エレベータの壁に貼られた、
コロッケとメンチカツの広告。

 

ジューシーメンチカツ旨そうだ。

 

 

 

DEW A/kk/

 

 

 

リラクゼーションサロン Glad(グラッド) 基本情報

 

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度(切川、楽しいセラピスト)
★★★★A
キワレベル()
★★★+☆
メンズ向き(3.2)
★★★+☆
マッサージレベル()
★★★★☆

リラクゼーションサロン Glad(グラッド)④(岡山県岡山市)
Tagged on: