何故行こうと思ったのか。
小さい「行ってみるか」ってのが積みあがって予約です。
セラピストは指名しました。

ずーと前のアンケート割引はダメでしたが…
前予約は、後で言ったのですがつけてくれました。
本当は予約時なのですが^^;;
いいお店です。

 

 

 



 

 

さて、当日お店に向かいます。
美観地区が有名な倉敷市。
去年初めて行きました。
友達のオススメで行ったままかり亭。
うまいお店です。

ままかり亭(ままかりてい)(岡山県倉敷市)

その日の事を思い出しながらお店に向かいます。

 

僕「もう近くにきました。」
僕「時間丁度に行けばいいでしょうか?」
受「少し確認して折り返します^^;;

 

ほぼ予約時間丁度に電話がかかってきます。

受「◯号室にお願いします
僕「◯号室ですね!わかりました。」

 

オートロックを解除してもらいエレベーターで部屋に向かいます。

 

(。´・ω・)ん?

 

どっちだ?

 

えーと、

 

この部屋の番号がこれで、

 

その隣がこうだから、

 

こっちか!

 

いい景色を眺めながら。

 

おお!

 

ここか?

 

ピンポンがないので^^;;

 

大丈夫かな?

 

などと思いつつノックします。

 

しばらくしてドアを開けてくれたセラピストは、

あどけなさがまだ残る、
ゆるふわ可愛い若いセラピスト。

 

見ているだけで癒される。
間違いなく可愛い系セラピスト。

 

 

 

 

 

そんなセラピストの施術服は、
フィットした黒いMNSK1P。

 

大きく開いたTNMからは、
もう、、、落ちそうな程で^^*

 

見ているだけで反応してしまいそうな光景です。
PCR?なんて考える必要など、なさそうだ。

 

そんなE~オーラ満載のセラピストに部屋に案内されました。

 

セラピストはWelcomeドリンクのメニューを見せて。

 

セ「どれにしましょうか?
僕「うーん」

 

お茶やコーヒーなどあったのですが、
その最後のカルピス。
これが妙に引っかかります。

 

僕「カルピスかな~。」
僕「うーん、悩むな~。」

 

正確には、
意味もなく、
悩んだ振りをして、
そっとセラピストを覗き込む。

 

セ「(笑)

 

もともとカルピスなど飲む気はなかったのですが、
何故か観察しました。

 

ただ、セラピストの表情変わらずで^^;;
ニッコリしたまま。

 

僕「冷たいお茶で!」

セラピストは灰皿とお茶を用意してくれました。

 

そうそう、90分12000円をどっかで支払いました。

 

セ「シャワーの準備してきますので
セ「服を脱いでタオル巻いて待っててください♪

 

しばらくして、
セラピストにシャワー室に案内されます。

セ「シャワー終わりましたら
セ「この紙ショーツはいて戻ってきてください

僕「わかりました」

 

どうやら神P必須です。

神PはTタイプですが、
あまり見ないスライドタイプです。

 

 

どっかのお店で神Pについて相談されたことがあってさ。

別セ「どれがいいかな??
別セ「このスライドってよくないです?
僕「やっぱりオーソドックなTがいいんじゃ??」

その時初めてこんなのあるんだって見ました。

 

 

そんな神Pを装着して部屋に戻ります。

部屋に戻って一服しながら、

僕「めちゃめちゃいいTNMですね」
セ「(〃’▽’〃)テレ

 

そんなE~話にも軽く対応するセラピスト。

僕「うつ伏せからですか?」
セ「はい!うつ伏せでお願いします。

 

そんなうつ伏せから始まったマッサージ。
指圧あったかな???

 

微妙ですが^^;;

 

ホットオイルを使用したオイルマッサージは、
かなり気持ちいいもので、
まるでSPのRプレイのようです。

 

 

 





 

 

マッサージは、軽めでした。
僕が軽めと感じたので、
他の人にとっては、
撫でる感じと思われるかもしれません。

 

ただ、マッサージのポイントはあってました。

 

マッサージ中。

 

セラピストが跨ってのマッサージなどは全くありません。
どちらかと言えば3着度低めの施術になります。

 

 

KWもまあ、普通くらいの深さ。
それはカエルリンパ鼠径部マッサージになっても
同じだったかな?

 

お世辞にもうまいと思えなかったマッサージですが、
ホットオイルがそれをカバーしている。

 

なので施術としては満足できるいい時間に感じます。
上手く表現できませんが^^;;

 

そんなマッサージ、
足、腰、背中と施術され。

 

セ「仰向けになってください。

 

(・・?

 

あら?

 

4281?

 

なかったと思います。

 

 

ただそこそこ深い施術と、
セラピストのVisualのせいで、
反応してました(*^^*)

 

そんな施術は、
相変わらずですが、
3着度低めで施術されていきます。

 

それでも、
セラピストの手技がメンズエステよりなのと、
仰向け効果(PCRなど)で眺めがいいので、
DKDK度MAXになっていきます。

 

 

そんな施術は、
心拍数が上がらない人っているだろうか…
と思える施術となります。

 

そして、

 

僕「881です。これ」

 

 

うつむき加減のセラピストは、
セラピストは時計周り90度振り向きます。

 

そしてニッコリ微笑みました。

 

さらに心拍数が上がります。

 

メンズエステの同意書によくある…

心臓病の人が施術を受けてはいけない理由。

僕は理解しました…

 

 

 

 

 

そんな心拍数はMAXの622。

(。´・ω・)ん?
死んでない???

 

 

満足度高い施術が、
しばらくして終了します。

 

僕「…….」
僕「シャワー行ってきていいですか?」

セ「………..
セ「あっ♪
セ「準備しますね

 

僕はシャワーを浴び部屋に戻ります。

そしてまだ時間はあったけど、
服をきて一服しながら話をします。

 

 

まぁ~メンズエステについてだけどね^^;;
セラピストの話は、
僕の想像の範囲を超えた内容で、
とても興味深いものでした。

 

 

 

 

目の前のセラピストとの話は、
何時間でも飽きないだろう。
そう思います。

 

でも、着実に時間は過ぎて、
僕は時間を確認。

 

そして、

僕「ありがとう!」
僕「もう出ますね」

 

そう言って部屋をでます。

 

(。´・ω・)ん?

 

ドアを開けたところに、
クリーニングされたであろう。
茶色いタオルの束が二つ。

 

僕「あ!タオルあるよ」
僕はそれを手にとりセラピストに渡します。

 

セ「いいですよ^-^
セ「私しますから^^;;

 

僕「いいよ。このくらい」
僕はもう一個のタオルの束をセラピストに渡しました。

 

こういうの見ると、
お店の清潔感を感じます。

僕は笑顔で手を振ります。

 

それを鏡に映したかの様なセラピスト。
ゆるやかな笑顔でした。

 

さて、帰ろう…
通路を眺めます。

 

 

 



 

え?

 

うわっ!

 

タオルの山が置かれてる部屋が多数。

 

 

僕は人気店だということを理解しました。

 

 

DEW A//

 

 

 

ほっとSPA (ホットスパ)

 

 

 

セツビレベル()
★★★+☆
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル()
★★★+☆
メンズ向き(4.5+)
★★★★A
マッサージレベル()
★★+☆☆

ほっとSPA③(岡山県倉敷市)
Tagged on: