Hさんの情報のみでした。
後でオイルショックさんのレポに気づきます。

少しわかりにくい場所にあるお店。
LINEで予約です。
かなり丁寧なLINEの返事。

恐らく、健全なお店なんだろう印象。
ただカエルリンパ鼠径部マッサージ。
また4281などあるので、
多少のメンズエステ要素はあるんじゃ?
と思いつつ…
行ってみました。

 

 

 



 

 

当日、LINEで住所を詳しく送ってもらっていたのですが、
GoogleMapで検索できませんでした。

 

そのせいもあって、
浜街道をグルグルまわります^^;;
それでも何とか到着。

 

そしてここかな?
と思いつつピンポン。

 

出てきてくれたセラピストは、
ちょうどいい年齢の美人セラピストでした。

 

施術服はキッチリタイプです。

 

そんなセラピストに部屋に案内されますが、
階段で二階に上がるタイプです。
セラピストが先に上がって案内されます。

 

えーと、

 

間違ってもPCRなど見えない丈のタイトスカート。
そんなセラピストを見上げながらあとについて行きます。

 

カーテンで仕切られた通路の奥に部屋。
その向かいがシャワー室。

 

部屋は、入ってすぐに床施術用にマットが用意されていて、
右奥にテーブル。
テーブルの上には同意書がありました。

 

料金は前払い12000円でした。

 

同意書には、名前、生年月日、住所、連絡先など書く欄。
注意事項があって最後に日付とサイン。

 

僕「えーと何年だっけ^^;;」
セ「元年ですね

おお!

 

今年一年は迷う事なかれ!

 

「元」

の4角ですみます。

 

そんなオーソドックスな受付を済ませると、
シャワーに案内されます。

 

セラピストがシャワーの準備をしている間にマッパになり、
タオルを巻きます。

 

そしてシャワー。

 

セ「終わりましたら
セ「こちらの神ショーツ履いて部屋にもどってください

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

僕「どっちが人気ですか?」
セ「みなさんTですかね♪

 

そこにはTタイプとトランクスタイプが用意されていました。
トランクスタイプにスリットがあるか否か。

 

多分、スリットはあると思うのですが、
もしなかった場合、メンズエステ要素は皆無だろう。

 

ただ、ここで答えを出すよりも、
施術中のセラピストの手技や深さで判断したかったので、
僕はTタイプを選択します。

 

シャワー室。

 

 

 

 

 

素晴らしい!

綺麗だし温かいです。
シャワー室そのものが…

 

後、シャンプーやコンディショナー。
ボディシャンプーなど

 

一通りありますが、
シャンプーはいいものじゃないかな。

 

普段、エステでシャンプーなどしないのですが、
ついついやってしまいました^-^

 

いい香りに包まれながら、
神Tを装着して部屋に戻ります。

しばらくしてセラピストが戻ってきて施術がはじまります。

 

セ「うつ伏せになって下さい♪

 

そんな感じで始まったオイルマッサージ。
指圧などはなくストレートにオイルマッサージから始まるスタイルです。

 

セラピストが足をもって施術しやすいように、
自分の足に載せて行う脹脛のマッサージ。

 

強さは若干強めでしたが、
ちょうど我慢できる強さのマッサージです。
親指を使ってリンパを流したり、
方向を変えたりと多彩なマッサージが続きます。

 

結構、長い脹脛のマッサージでした。
そして、太もものマッサージ。
いい感じのラインなのですが、
ここぞ!という局面で、外へ逃げていきます。

 

深いといえば深い。
こればかりは受ける側の感じ方になってきます。
浅いという人もいるでしょうけど。

 

そもそも深い施術になるかどうか…
微妙かな?と思ってきた人には、

え?

ここまで?
って深さになると思います。

 

そんな脹脛、太もものマッサージは、
かなりの時間使って丁寧にほぐしてくれました。

 

これで全身大丈夫かな^^;;
と思えるほどの時間です。

3着度合いはどうか…
ほぼ皆無です。

 

ただ、セラピストとの話は、
何でもない話だったのですが、
面白く、楽しい話たっだので退屈することはなかったと思います。

 

臀部、腰、肩甲骨、首のマッサージ。
タイプ的に掌で行う施術ではなく、
ピンポイントに指先でリンパを流すような、
僕の苦手なマッサージ。

 

ただ、外していないので、
きちんとほぐれる、
そんなマッサージになります。

 

当然ですが、跨ってのマッサージなどではありません。

セ「仰向けになってください。

 

 

 





 

 

え?

蛙が居ない…

僕「カエルは…?」
セ「え?

僕「いや…」
僕「なんでもありません…」

 

仰向けになります。

 

4.2.8.1…

 

仰向けマッサージは脛からだったと思います。
脹脛と同じくらい丁寧なマッサージでした。

 

そして、太もものマッサージ。

どこかで、

セ「足曲げてください。

 

おお!!

仰向けカエルリンパ鼠径部マッサージ。

 

きっちりと鼠径部リンパを流してくれます。
流すというよりもグイーンを圧をかける感じです。

 

これが不思議と反応思想になるのです。
その様をセラピストは…
眺めていたと思います。

 

美人セラピストが眺める様に、
助長してさらに変化。

 

そんなマッサージも終盤。
セラピストは両足の間に入っての
鼠径部リンパマッサージ。

 

 

 

 

 

ぎりぎりという感じの鼠径部リンパマッサージ。

 

 

例えが悪いかもしれませんが、
もう、無くなりかけのマヨネーズのチューブ。
そのチューブの先に両指でなんとか!と押し出す。

 

そんな感じのマッサージは、
不思議とマヨネーズが出るように、
彼も変化します。

 

これ以上はないだろう。
そう思いました。

 

僕はセラピストにサインを送ります。

 

 

(^^;;)

 

 

施術は終了しました。

 

セ「まだ時間ありますよ?
セ「どこかマッサージしましょうか?

 

僕は時計を眺めたけど、
どう見てもギリギリの時間です。

 

僕「え?◯分までだから」
僕「シャワー浴びると丁度じゃないかな」

僕「シャワーいきますよ♪」
僕「そう言えば喉が渇きました」

 

サクッとシャワーを浴び。

 

部屋に戻り服をきます。

 

僕「えーと。もう時間ですよね」
セ「気を遣わせてすみません。
僕「いえ。」
僕「ありがとう!」

 

そう言って部屋をでます。

 

 

 



 

 

そして帰り道。
セラピストのマッサージの効果に気づきます。
長かった、脹脛や脛のマッサージは、
とても軽い体にしてくれました。

 

 

DEW A//

 

 

 

ルーナ 基本情報

 

 

 

 

セツビレベル()
★★★★☆
セラピコノミ度()
★★★★+
キワレベル()
★★★☆☆
メンズ向き(1.6)
★★☆☆☆
マッサージレベル()
★★★★☆

ルーナ(香川県高松市)
Tagged on: