スマホを眺めながらふと目に留まる。
その表情。
そして優しそうな目。

 

大阪予定が決まるとすぐに予約を入れました。

 

施術がどうか…

予約時は問題なかろう。
そんな風に思っていたのですが、
DMにて、
「きちんとリンパ流しますね」

 

というワードが妙に気になる。

 

正統派?ではなかろうか…

などと勝手に推測。

 

ただ、僕にとって超ドストライクなVisual。

 

過去の事や今よく遊ぶ友達を思い返してみる。

僕は、、、目に弱い。
という事が分かった。

 

 

 



 

ただ、そのワードを目にしてからもう一個エステを考える。

 

その日の他店の出勤表などを眺める。

 

( ´・ω・)y-~ エト…

 

このお店は、このセラピスト。
出勤時間はどうか?

 

このエステが◯時頃終わって、
その後、夕食やボーリングや〆。

 

その後になるから…

 

(´ε`; )ウーン

 

こんな事を考えつつ当日を迎えます。

 

目に見える景色の境界線が色鮮やかに見えるほどの澄んだ空気に、
優しい風が木の葉を揺らす。
世界が輝いて見えるそんな日。

 

 

 

 

僕は、高速バスで大阪に向かいました。

 

 

 

途中、GoogleMapで到着時刻を調べ友達にLINEをします。
そして合流。

 

この前食べ損ねた、関口精肉店のメンチカツを食べます。
少し甘めだけど、うまい。

 

そのメンチカツを食べ歩きします。

 

日本橋で友達を別れ、堺筋線で長堀橋に向かいます。
友達に行き方は聞いていたけど、
やっぱり乗り場を駅員さんに確認しました^^;;

 

そうそう、友達の、

・先頭車両に乗る事。
・下りてすぐのエスカレーターで上がる事。
・そんなに時間的余裕はない事。

この指示は的確でした。

 

 

僕は少しセブンイレブンで時間を潰し、時間丁度にお店に連絡します。
オートロックを解除。

 

想像とオーバーラップする声で、

セ「はーい

 

僕はエレベータで部屋に向かいます。
そしてピンポン。

 

セ「逢いたかったです

 

とセラピストがやってきました^-^

 

少しその場から動くことは許されず。
僕の手は、セラピストの背中からさらに下に(*^^*)

 

そんな挨拶が終わって、部屋の中に案内されます。

 

 

 

 

 

施術服は少し個性ある感じで、
兎に角、笑顔満載のセラピスト。

 

僕の様な、
いい歳した、おじさんで、
ポッコリ….
なんの取り^^;;もない。

 

だけど、セラピストは心の底から嬉しそうにしてくれます。

 

 

爽やかで可愛いセラピスト。
そのVisial+優しい出迎え。

 

まるで自分の家に帰ってきたかの様。

床施術用に準備された部屋。
右にソファーにテーブル。

 

そして、オイルを聞かれます。

 

セラピストとの会話が弾んで、何を選んだのか。

 

忘れたけど^^;;

 

100分13000円新規、事前予約割を先に支払います。
セラピストは後でもいいといってくれたのですが…
何となく先に払っておかないと落ち着かないタイプです^^

 

 

施術料金を支払うと、セラピストが隣に座ってきました。

 

もう…
心臓爆爆で@@)

 

そのまま、座って話をしていると、
セラピストが肩にタオルをかけてくれます。

 

(。´・ω・)ん?

 

何が始まる???

 

 

セラピストは座った僕の後ろに座って、
肩をもみ始めました。

僕の首の後ろが、セラピストの鼠径部。
その状態での肩のマッサージ。

 

このパターンは初めてでした。

 

そして服を脱ぎシャワーに案内されます。

 

シャワーを浴び部屋に戻ると、、、、

 

 

と、、、とっと、、、

 

 

∑(゚Д゚; )マジッ

 

 

施術服が変化しておりました…

 

SBSがSSに変化。
セラピストの上にレッドの上にWhiteな薄い施術服。

 

ットビ!

 

うつ伏せから施術が始まりました。

 

 

 

 

 

セラピストは軽い指圧?
の手前で背面スパイダー!

 

 

耳元で挨拶。

 

 

べったり感満載の挨拶は、
耳つぼをセラピストエアーでマッサージしてくれました。

 

 

その耳つぼマッサージは、遠隔鼠径部リンパのコリをほぐしてくれます。

 

そして、後ろ向きに足に跨っての足裏マッサージ。
セラピストの片足は、
僕の足の間奥にフィットさせています。
そして微かに動いているように思えました。

 

 

この施術で好転反応しない人などいないだろう。
そんなマッサージ。

 

それが両足。

 

 

そして太もものマッサージ。
深いです。

 

どこからかオイルマッサージになります。

 

 

どこから…

 

記憶がもう定かでなくて…

 

足を曲げての施術。
どういう風にマッサージしているのか…

 

ここでも深さは十分。

 

そしてセラピストが背中に3着して、
セラピストの両足で僕の両足をマッサージします。

 

 

(´ε`; )ウーン

 

 

分かりにくいな…
こうか?

 

あぶない!!

 

伏せて!!

 

で、僕は伏せる。

 

そこに、セラピストが僕を背後からかばう体勢。

 

 

 

その状態のまま、膝と太ももを使っての足のマッサージ。

 

どこかで、
「自制してくださいね」

 

そう言われた技。
もちろん超3着状態になります。

 

 

(´・ω`・)エッ?

 

どっかでSWSW施術があってさ。

 

やっぱりSWSW…

 

無理でした^^;;

 

ただ、今回の施術で唯一、間があったとすればこのSWSWだったと思います。

 

そんなマッサージが続いて仰向けマッサージになります。

 

 

 

 

 

頭上からデコルテマッサージ。
大きな円を描くようなマッサージ徐々に半径を短くしてゆき。
ピンポイントデコルテマッサージとなります。

 

そこから、お腹、深い鼠径部リンパマッサージ。
もう、リバーススパイダー状態での施術。
目の前はRED。

 

(´・ω`・)エッ?

 

またまた、前後するけど、
どこかで初めて受けるような施術がありました。

 

鼠径部リンパマッサージですが、

 

….

 

( ´・ω・)y-~ エト…

 

 

を以てを制す


これがピッタリだろう。

 

そこからは…

 

セラピストが腰に跨っての施術や、
同じ体勢での施術などなど…

 

いろんな手技が繰り広げられ、

 

 

(´・∀・`)ニコッ

 

 

(〃’▽’〃)テレ

 

 

( ´ー`)フゥー...

 

 

大満足施術が終了します。

 

僕はシャワーを浴び服を着ます。

 

少しの間、話をしていたのですが、
ふと時計に目をやると時間になってました。

 

僕「もう時間ですね」
僕「滅茶苦茶よかったです」

 

褒め言葉ではなく、事実そう感じました。

 

今まで、いろんなセラピストの施術を受けたけど、
その施術内容は指折りであることは間違いない。

 

最後に少し?HGで別れます。

 

その帰り際、

セ「これ食べてください
セ「何人いるのですか?
僕「3人です」
セ「良かった♪

 

その袋には、パンが3個とお茶が入ってました。

 

僕「ありがとう」

 

そう言ってセラピストに笑顔で手を振り別れます。

 

今思えば、もう少し気の利いた言葉があったかなと思うけど、
突然のことで浮かばなかった。

 

 

僕は、背中にリュック。
肩にショルダーバック。
右手にパンをもって、地下鉄長堀橋駅に向かいながら考える。

 

 

セラピストからみれば僕は初めての客。
どんな思いでこのパンを買ったのだろうか。

 

 

長堀橋の交差点にたどり着いた。

 

 

 



 

 

 

何故か、体は気だるく^-^
お腹は空いてたけど、胸はいっぱいでした。

 

えーと。

 

堺筋線???

 

流石、駅員さん

 

朗報を届けに日本橋に向かおう//

 

 

 

DEW A/(*´σー`)エヘヘ/

 

 

 

Sanando(サナンド)南船場

 

 

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度(+α)
★★★★A
キワレベル(もうこれ以上あんの?)
★★★★A
メンズ向き(4.5+)
★★★★A
マッサージレベル()
★★★☆☆

 





 

Sanando(サナンド)南船場(大阪)
Tagged on: