特にエステという気分じゃなかったのですが、
ついついスマホのLINEを眺めて^^;;
ついつい予約になりました。

 

でもね。
魅力無く予約したわけじゃないです。
100分12000円とメンエス標準金額。
場所的には少し離れた場所。

 

施術が深くなりそうな、そんな予感。

 

 

 

それは、セラピストの施術服がそう言ってくれてます。
いい感じの施術服でした。

 

さて、どうなる?

 

僕は、渦流で、あっさりカタメン。
サービスクーポンで唐揚げ2個を食べエステに向かいます。

 

 

 

このお店のLINEの反応はかなりいいです。
まあ、一度行った人なら分かるかと思いますが、
送って「既読」までの時間が短く、
返事も早い。

 

 

 

そうそう、LINEと言えば、
「既読」スルーって悪いことなのかな…

飲んでてさ、

店員「あーーー!!
店員「既読スルーーー!!
僕「ん?何?」
僕「みたよ!ってことだからいいじゃん」
店員「返事しなきゃ?
僕「え?そうなの???」
店員「うん。
僕「見ない方がダメでしょ??」
店員「スルーも同じ。

 

 

僕には既読スルーが悪い事かどうかわからないけど、
このお店は既読から返事が来るのが早く、
そのままLINE眺めててもいいかな?くらいです。

 

さて、お店の場所ですが、車でしか行けない場所です。

かつ、駐車場は少し入れにくい。
切り返さないと入らない^^;;

(下手なのか??)

 

少し苦労しながらお店に到着です。

 

そしてピンポン。

少しして出てきてくれたセラピスト。
いい感じの可愛い系セラピストです。

 

 

セラピストの施術服もYシャツ?
って感じで^^;;

 

すぐに2階に案内されます。

 

 

っと、僕が先に上がってどうする(`・д・´)キリッ

 

 

階段途中で、セラピストに先に上るように手で合図します。

 

セ「え?あっ^^;;はい!

 

 

 

 

( ̄ー+ ̄)キラーン

 

 

BLACK GET!


(小学生かよ!)

 

僕「久しぶりですね♪」
セ「もう来ないかと思ってました^^;;
僕「そんなことないよ…」

 

そしてHG。

 

手が力入らず落ちます…

 

それが、いい感じで^^

 

何故がH.B.K
僕はそのことをセラピストに伝えます。

 

セ「え~もぅ???

 

僕「…」
僕「先に料金払いますね^-^」
僕「12000円でしたよね」
セ「はい♪

 

そう言って、100分コース12000円を支払います。

 

サクッとマッパになりシャワーに向かいます。

 

実は、その時すでに…

 

 

セ「えーーー♪
セ「なんで^^;;

 

(〃’▽’〃)テレ

 

何故だ!

 

まあ…

 

そしてタオルを巻いてシャワー室に向かいます。

 

神Pは2種類。

僕「これってスリットありなのかな??」
セ「どうやろ…
セ「多分あると思う
セ「開けてみようか…

 

お!

 

サイドスリット!

 

僕はシャワーを済ませ、
神トランクスを装着して部屋に戻ります。

 

そしてうつ伏せから施術が始まります。

 

部屋の温度がどうか…
聞かれたかな^-^

 

いきなりオイルマッサージだったと思うけど、
軽くGY9に当たります。

 

この段階で、既に前回よりも深い!
そう認識。

 

セラピストのマッサージの圧はそんなに強くはなかったど、
バリエーション豊かで…
いい感じのマッサージです。

 

 

そして…

 

 

深い所をマッサージされます。
そこへオイル増量。

 

 

さらに深く。

 

 

そしてオイル。

 

 

もっと深く。

 

 

深層リンパマッサージは、
GY9のサイドをスルッとくぐり抜けて、
前面鼠径部リンパマッサージになります。

 

その深い箇所を、
身体のラインに合わせ、
指先を巧に使うマッサージ。

 

そんなマッサージは、、、

 

DKx2度MAXにしてしまいます。

 

 

両足のマッサージが終わった頃には、
何故か疲れていました。

 

そこへ来て追い打ち。

 

セ「足、(・∀・)カエル!!にしてくれますか?

 

さっきの深さよりさらに深くマッサージされます。

 

セラピストは仕留めにかかります
(`・д・´)キリッ

 

うつ伏せが厳しくなります。

上半身だけひねりました。

 

セラピストは察した。
僕のデコルテにオイルを塗布したかと思うと、
ソフトにマッサージします。

 

 

そこから、ピンポイントデコルテマッサージ。
もう片方の手は鼠径部リンパマッサージ。

 

セラピストには見えない…

 

かもしれないが…

 

そこは、これ以上深く行けない頂点。
突き当り。

 

かなりの時間そんなマッサージが続きます。

そして、

セ「今度は反対側♪

 

施術は淡々と続き、
部屋の空気は何の変化もないごく普通。

 

でもね…

 

(*^^*)

 

僕「もう、うつ伏せ難しいです(´;ω;`)ウゥゥ」

そして仰向け施術。

 

セラピストはサイドから施術してくれます。

しばらくして

 

(〃’▽’〃)テレ

 

 

(*ノ∀`*)テレ

 

(*^^*)

 

….

 

多分、大分時間余ってたと思うけど、
セラピストに問う。

 

僕「まだ時間ありますよね」
セ「大丈夫です。ありますよ^-^

 

僕「背中マッサージしてくれますか?」
セ「はい

 

あろうことか、

先の施術のせいだろう。
酷い睡魔に襲われた。

 

時に、脇腹のマッサージで、

ビクンとなるものの、

Zzzzz

気がついたら、

僕「(´・ω`・)エッ?」

僕「ひょっとして眠ってました?」
セ「はい
僕「イビキかいてました???」
セ「はい( ´∀` )

 

どのくらいマッサージされたのか分からないけど、
どうも眠ってしまってました。

 

僕「もう時間かな?」

セ「はい。そろそろお時間です。

 

僕「そっか…」

僕「シャワーに行ってきます//」

シャワーから戻って服を着ます。

セ「お茶は?
僕「あっ…いい^^」
僕「大丈夫です」

 

僕は、両手を差し出した。

 

少しだけ温かい時間を過ごして部屋を出ます。

 

 

おっと、

心(右は少し見にくいな)

僕は左に出て、帰りながら考える。

いい施術だった。
マッサージはまあ…
癒しという面ではこれ以上ない時間でした。

 

満足です(*^^*)

 

( ´・ω・)y-~ エト…

予感^^;;、、的中でした

 

ヽ(´ー`)ノ

 

 

DEW A//

 

 

ルーナ

 

 

セツビレベル()
★★★★☆
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル()
★★★★☆
メンズ向き(3.6)
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

 

 

 

ルーナ③(香川県高松市)
Tagged on: