前日の飲み過ぎが祟ったTT
少し頭が痛む。

当初の予定がキャンセルになった。
まあ、仕方ないことだけど…

僕はふとエステに方向転換することにしました。

僕はもう一度、透明度高いあのパレオ。
それを眺めるため予約します。

もう二日酔いもさめようか…
ふとタバコが切れてます。

僕は、ラーメン経由タバコを買いに行くことにしました。
この頃予約。

僕はさらに眠った。

県を跨っての移動が出来ない今。
県内のエステばかりになってしまうのですが、
これが最近結構楽しめる。

思った以上にメンズエステ向けなのだ。

正直、大満足施術なども普通になってきた?
ような気もする。

 

 

 

 

 

さて、頃合い、出かけよう。
一ヵ月前までガラガラだったパチンコ屋の駐車場は、
もうそこにコロナがいないかの様に結構車が止まっています。
そんな光景を横目で見ながら、エステマンションに向かいます。

 

そして時間ちょっと前に到着。
着いたよ電話をして折り返しの連絡を待ちます。

 

受付は多分若い男性だと思うけど結構丁寧で、
割と融通がきくような感じ。
かといって無理言うわけじゃないですが^^;;

 

この時、僕の頭の中は透明度高いパレオ。
そのことでいっぱいでした…

 

しばらくして折り返しの電話がかかってきます。
部屋番号を教えて貰ってエレベータで部屋に上がります。

 

オートロックなどはありません。
ピンポンも微妙な感じ。

 

その外観とは違って、出てきてくれたセラピストはいい感じのセラピスト。
部屋は割と普通です。
というか綺麗に手入れされているといった方がよいだろうか…

 

僕の目線はセラピストのVisual。
上からパレオへと…

 

 

 

あ゛ーーー!

 

えっ???

 

∑(゚Д゚; )マジッ

 

その…

透明度が…

 

 

Nomal…

 

 

でもセラピストはいい感じでした。
P元もいい感じで(*^^*)

 

愛想のいい切川セラピストになるのかな^-^

 

そんなセラピストとの90分コース。
料金を支払います。

 

その間に、飲み物など聞かれて緑茶を選択。
灰皿を持ってきてもらって一服。

 

P元、サイドスリットパレオの中のWhiteパールが眩しい。

 

そんな目がくらむ景色を見ながら、
色んな事を話します。
P元をうまく調整しているとか、
White?とかBlack?とか…

 

その会話の内容は僕を反応させるのに十分なものでした(*^^*)

少ししてシャワーに案内されます。

 

 

神Pは小さいのと大きいのが用意されていました。
設備はボディシャンプーだけという少し寂しい感じですが、
僕自身はあまり気になりません。

 

軽くシャワーを浴びタオルを巻いて部屋に戻ります。

 

うつ伏せから始まった施術は、
まあ、いい感じのマッサージです。
これ以上強ければ、、、
「少し弱く」
とお願いするくらいの強さ。

 

 

そんな脹脛のマッサージを両足終わると太もものマッサージ。

 

 

深い…

 

 

マッサージが正統派マッサージから、
深くなるにつれてメンズエステに変化します。

 

指先はOライン、Iラインを通過し、
GY9を包み込むような感覚を受けました。
そして、足元まで指先が伸びていきます。

 

言うまでもなく、前面鼠径部リンパマッサージに。

 

恐らく、この段階でここまで深くマッサージされたのは、
ここ何回か記憶にないくらいのマッサージでした。

 

 

そしてそのダイレクトな感覚は、もう…

 

言うまでもなくFBKTRになります。

 

 

僕「すみません…」
僕「もう苦しいです><」
セ「え~~~
セ「もう?
セ「まだ早い♪

 

 

典型的S。
それも℃を付加した強力なセラピスト。

 

施術は流石としか言いようがなく、

 

これは、エステなのか?

 

そう思えるマッサージです。

 

 

苦しい状況に立たされた僕は、
少し腹筋を使って空間を作ります。

 

 

それを察したセラピスト。

 

足を曲げての施術になりました。
今度は、OラインからIライン。
GY9を包み込むような感触のマッサージから、
さらに足元、
胴体、
ヘッドまでダイレクトな感覚を受けるようなマッサージに、

 

 

僕は溢れました><

 

 

苦しくて今度は上半身が横向きになってしまいます。

 

それを見逃さないセラピスト。

今度は、ピンポイントデコルテマッサージ。

もう逃げ場を失います。
僕はセラピストの多彩な手技にダイブ。

 

 

予想通り…

溺れます…

 

 

息苦しくなって、なんども深呼吸。
されど、酸素が入ってこない感じ。

 

えっ?

 

 

これが新型エステマッサージなのか…

 

 

 

セラピストの手技に対し、
足がぴくりと動いたり、意に反して体が反応してしまいます。
時にはブルっと震えたり。

 

セ「もう片方の太ももどうしましょうか♪
僕「ちょ…」
僕「苦しいかもです」
セ「そうですよね♪
セ「足曲げましょうか♪

 

そして逆も同じく。

 

セ「こっから背中のマッサージなのですが…
セ「4281にしましょうか?

 

 

僕は答えると同時くらいに4281になります。
マスクはしていたんだけど、
かなり危険な状況でした。

 

僕を防御するものは、マスクのみ。
背後から、セラピストが容赦なく深い施術を施します。
そして手が伸びたと思えば、ピンポイントデコルテマッサージ。

 

その、鼠径部リンパを中継する様は、
まるで℃S。

 

イッパイイッパイだったのですが、
回復の予兆。

 

TRがさらに溢れます(*^^*)

 

4281が終わると、
さらに…

 

 

変則…

 

そして仰向けマッサージ。

 

頭上からのマッサージは、デコルテマッサージメインなんだけど…
流石のセラピスト。
凝っている所が分かってます。

 

セ「こういうのと
セ「こういうの…
セ「どっちがいい?

 

 

施術の仕方について聞かれたけど…

 

この状況で応えることなど出来ない。

 

 

そして、お腹のマッサージで、
セラピストのTNMが目の前を通過します。

 

そっから、背中に手が入って肩甲骨周りのリンパマッサージ。
その肩甲骨周りは正統派。
目の前はメンエス。

 

そのせいで、PANx2は継続します。

 

そっから、確か脛のマッサージだったかな。

 

セ「普通だったらSYUNとなるのに…

 

そのあと褒め言葉だろうか…
なにを言われたか忘れました。

 

そして太もも、
鼠径部リンパマッサージ。
足を外に倒しての鼠径部リンパマッサージ。

 

 

もう深いリンパマッサージ故。
当たってしまいます。

 

それも丁度いい感じマッサージ。
これを、耐えることが出来る人いないんじゃないかなと思うくらい、
巧の技を使ったマッサージになります。

 

 

そして横無き施術。

 

もう直撃…

 

そして最終施術。

 

セラピストは横にきました。
同じデコルテと深い施術が続きます。

 

 

そっからはもう…

 

集中治療されます。

 

血液が逆流するような感覚と、
少し悪寒が走った…

 

 

 

Aブロック

Aブロックについて

リラクゼーションサロン AROMA ROYAL (アロマロイヤル)②(香川県高松市)

 

 

 

気か付くと、まるで新型White憑き物から解放されたかの様。
僕はお茶を一飲み。

 

そして一服。

 

 

一気に苦しい状態が解放されました。
リアルに軽くなってます。

 

 

冷静に考えると、、、

うつ伏せの脹脛…
仰向けの脛…

 

このマッサージ以外の時間は殆どKW連だったと思う。
ここまでの施術は多分なかなかないんじゃないかな。

 

そんな事を思いながらシャワーを浴びます。

そして服を着て一服。

しばらく話してセラピストと笑顔でわかれます。

 

帰り道考える…

まだ何人かセラピストが在席するお店。
もう一度、透明度高い施術服を身に行こう。

 

もみ返しの好転反応によるぐったり感は、
すぐにやってきて、僕は倒れるように眠った。

 

 

DEW A/BL/

 

リラクゼーションサロン AROMA ROYAL (アロマロイヤル) 基本情報

 

お店の対応(なーんとなく)
★★★★A
セツビレベル(もう一声)
★★+☆☆
セラピコノミ度()
★★★★☆
キワレベル(これは大きく+α)
★★★★A
メンズ向き(3.9)
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★★☆

リラクゼーションサロン AROMA ROYAL (アロマロイヤル)②(香川県高松市)