前日、かなりの歩数を歩いた僕は、
本町から南下していました。

 

地下鉄とも思ったけど、
歩いていけない距離でもなかった。

 

少しレイニーな大阪。
僕は、セブンイレブンのそばの露店で一本の傘を買いました。
その傘を使うことはあまりなく。
アーケードを南下して桜川まで向かいます。

 

 

 



 

 

途中のセブンイレブンで、
おでんを買ってそのまま食べている美人女性も、
なんでもない店で行列を作ってる人も、
多分、日本人じゃないだろう。
そう思う。

 

読めない感じは中国語だと思い。
マツモトキヨシの看板で日本を感じる。
マクドナルドのスペルってこうだった?
とか思いながら。
またまた、
マツモトキヨシ!

 

(。´・ω・)ん?

 

僕は、あまり意味のない看板にスマホのカメラを向けた。

 

 

 

 

 

これで僕も周りから見れば彼らと同化したはず。

 

黒いマスクもおそらく日本人じゃないだろうし、
橋のスペースを半分くらい使って、
グリコの記念撮影をしてる人も
日本人じゃない。
そう思う。

 

あの、グリコを眺めて、
タイ式ストレッチを思い出す。
既にエステ病だ。
グリコさんは紳士だ!

 

両手がバンザイしているので決して触れることはしないだろう。

 

そんなことを考えながら、

 

今度は西に向かった。

 

 

 

 

 

 

甘い香り満載のなんばウォークをひたすら西へ。

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

 

どっちだ、直線なのか、斜めなのか…
直線を選んだ。

 

しばらく歩くとOCAT。
そこを出てセブンイレブンで一服。

ここまでくれば分かる。
まっすぐなのだ。

前夜、アポロビルに向かう時に通った。

 

 


 

アポロビル 6F
プードルピンク

 

そう、アポロビル。
別世界でした。
兎に角、6Fから見ていこうと考えていたのですが、
が、でした。
少し中を見ると、美人の店員が、
凄く安い服をきて手を振ってます。

 

どの店員も美人で^^;;
僕はそのフロアーに吸い込まれました。
そう6Fのプードルピンク。

 

白い透けた服のしたはノーガード。
白い透けたMNSKの下は透けた感満載のWhiteなT。

 

そんな店員が、デコルテを使って、
フェイシャルマッサージで挨拶してくれます。

 

入って正面にダンス用のステージ。
ステージそばに客席。
丸いテーブルがいくつかあり、
右奥は、特別室でした。

 

店員は立ったまま接客してくれます。
初めての僕に色々教えてくれました。

 

でもね。
僕の目線より少し上にP。
少ししたにもP。

 

目線が安定しません。
そんな中、女性店員のショーが始まります。
ポールダンスのような感じなんだけど、
店員の4281を眺めてました。

 

この状況で反応せずにいることなど難しい。
ふと、客と店員が右奥に入っていった。

 

しばらくして出てきたお客さんは、
まるで、一気に年を取ったかのように、
腰が曲がってしまってました。

 

いったいあそこには何があるんだ?
興味深々で店員に尋ねた。

 

どうもチケットを購入すればいいみたいです。
チケット10枚10000円。
それまで、
入場料10000円に、
生中3杯位追加。

 

ここでは、冷静な判断が出来なくなってしまう。
そんな空気。

 

大きな声で、

店「こちらのお客さんにチケットいただきました!!

 

心(はずかしい(*ノωノ))

冷静じゃないか^^;;

 

僕はチケット10枚購入しました。
20時までだと、3分3枚のところ、
5分3枚でいいらしい。
バブル崩壊してもここはバブリーなままだ。
古き良き時代、昭和のままのようだ。
1分1000円のチケット。

 

いつ使おうか…

 

そう考えていたけど。
好みの店員がやってきた。

 

その店員にチケット3枚を渡します。

 

はやッ^^;;

 

その間も、
30分おきに出勤してくる店員は、
デコルテでフェイシャルマッサージ挨拶してくれます。
ステージは相変わらず、4281など…

 

僕は、右奥に向かいました。

 

奥ではもう一人の客が店員に3着施術をしています。
僕は、3着する店員に施術をしました。

 

店員は勝手に4281になって臀部で、
僕の鼠径部リンパマッサージをしてくれます。

 

この状況で変化せずにいることなど、
難しい。

 

 

 

 

 

 

僕は、さっきの客が、
何故歳をとったように見えたのか、
理解することができた。

 

このお店に行くときのスタイルは、
ジーンズよりスーツがオススメだ。

 

大まかに内容が分かったところで、
9枚のチケットを使った。

 

割高だと思った。

 

だけど、何故か僕は、
残り1枚の期限無しのチケットを、
財布にそっとしまって店を出た。

 

 

 


 

ミセス美オーラ

 

前夜の事を考えながら、
セブンイレブンから指定されたマンションに向かいます。
さて、本題の美オーラ。
予約はちょっと前に予約。

 

このお店はセラピストが多く年齢層も幅広い。
それ故、店から入ればセラピスト選びに迷うだろう。

 

 

僕はたまたま、セラピストから選び、お店を選択しました。
それ故、内容はほぼ確定なのだ。

 

 

ほぼ時間丁度にオートロックを解除してもらい、
部屋の前でピンポン。
そして出てきてくれたセラピストは、
満面の笑みで迎えてくれました。
ただ、勝手な想像とは若干違ったけど、、、

 

 

 



 

 

 

服装はメンズエステそのもの。
僕は100分13000円を支払い。

 

僕「禁煙ですか?」
セ「はい禁煙です

 

部屋は禁煙だったけどベランダは大丈夫のようです。

 

服を脱ぎシャワーを浴び部屋に戻ります。
そうNPでの施術でした。

 

 

つづく/Aブロック必至/

 

 

 

ミセス美オーラ 基本情報

 

 

 


セラピスト募集中!!



ミセス美オーラ(大阪難波)