朝食を食べてチェックアクト時間まで眠ります。
前日の疲れを残したままの少しレイニーな日曜日。

寝起きのコーヒーを飲もうと珈琲館に向かいます。
その途中で軽くリールなんか回したりしたせいで着いたのは、11:30分くらい。

駅前ハリウッド横の珈琲館は客は少なく、いつものように喫煙フロアーの3Fに向かいます。
途中、2Fにいつものかわいいウエイトレスが笑顔で迎えてくれます。

そして3Fに。
客は僕と奥に仕事の話をしている2人組の客。

ウエイトレス「今日は遅いですね^^;;」
僕「覚えていてくれてありがとう♪キュンとします」
ウエイトレス「いつも日曜日でしょ?」
僕「そそ。モーニングはタイムオーバーか…」

迷ったあげくホットドックとアイスコーヒーにしました。
おっと、月曜日のモーニングセットがホットドックだったことに後で気づきます。

僕「明日もいる?」
ウエイトレス「休みです♪」
僕「そっか…ならこない」
ウエイトレス「そんなこと言わず来てくださいよ~」

などと会話しつつモーニングを食べ夜に備えます。
珈琲館から帰り際、笑顔で手を振るウエイトレスに、少しだけドキッとしてエステ探しです。

そもそも今日の予定が一番で土曜日、月曜日はおまけのようなもの(←失礼)。
そして適当なエステも見つからず、ホテルで眠ります。
途中呼ぼうかとも思ったけどそんな気にもなれなかったです。
気が付けば夜8時頃?
そして鯉乃群っていう焼き鳥屋さんに向かいます。
image

image

うまい。
ここはそれだけ。
肝がなかったのが残念。

そっからいつもの居酒屋に岩牡蠣あるかとメッセ。
すると2個あります。とのこと。
相変わらず気が利きます。
その岩牡蠣を食べ、水槽の虎魚を眺め、少し早い時間なんだけどZzzzz!
本当なら呼んでたとこなんだけどその気になれず。

さて、早めに目が覚め、そもそも予約してあったエステに早められないかとショートメール。
話したいことがあるので電話してもいいですかとの返事。
いいですとショートメール打つより電話をかけます。

まさかの、体調不良TT
っで別のセラピストになるそうです。

心「まじかよ」
僕「しかたないですね」

などと話し込んでると、
受「朝ごはん食べられました?」

との流れからモーニングをご馳走に。
image

そして最終はキャンセルにTT

仕方なく(受)には悪いけど他を予約。
流石の月曜日//
すぐにいけるとのこと。

心「すぐ行ける?って予約はいってなかったんじゃん^^;;」
心「本当にいいのか?BOSS」

などと考えつつ別の店なんだけど送ってもらいました。
もし不発でも昼からやってるいいお店があるので送って行ってくれるそうです。
まあ、ありがとうございます。と答え。
エステマンションに到着。
ピンポンプッシュ。


セラピスト募集中!!


びっくりです。これはないだろっていうセラピストの服装

 

 

KBれたウエストには似合わない大きさ。
そして可愛いセラピスト。
スイートチークもびっくりしたけど…
BOSS「大儲け
BOSS「肩甲骨よ、腰よ、背中よ、今回お前たちの出番はない。」

BOSSが脳に伝えます。
脳「かしこまりました…」

体内の血液をBOSSに委ねます。
そのせいでフラッとしながら部屋にはいります。
申し訳ないけど、そのせいで記憶が定かじゃないです

サインはしました。
煙草はすえました。
お茶は氷入りです。
椅子は3人掛けか?

そっから施術なのですが…いかんせんBNBNのBOSS。
それに賛成するセラピスト。
シャワーに向かいきっちり目の神P装着必須。

指圧??あったっけ?
忘れたけど、カエルはセラピストが横に座るタイプ。
マッサージは思ったよりうまかった、そんな記憶。
記憶なんて不確かというより脳に血液不足なんだから仕方ない。
悪いのはBOSS

だた肝心な箇所での長割は不可でした。
4281ありで289仕度なるほどの施術。
4281は両サイドと最終は後ろからのおなかと鼠蹊部。
両サイドではBCKマッサ。
TRTR必至。

そしてオイルマッサージ施術は最後の仰向け鼠蹊部マッサージに向かいます。
僕「289いいですか?」
セ「え?そんなんでいいの?
僕「え?…」

後に589。

そして一服、
セ「まだ時間ありますよ」
僕「どのくらい?」
セ「20分くらいかな?」
セ「どっかマッサージしようか?」
僕「うーん」
BOSS「もう一回鼠蹊部589で行こうぜ!」
脳「了解です!」

セ「どうすればいいですか?」

…..

622

…..
あっという間の出来事で…
セ「施術満足しました?」
僕とBOSSと脳「代満足です。」

久しぶりの589x2でフラフラな僕はシャワーを浴び、
親しくなった(受)に連絡します。

僕「もう自分で帰りますので今日はありがとうございました..」
受「近くにいるので駅まで送ります。」

なんとなく申し訳なく思いながら駅まで案内されます。
うまい居酒屋や楽しい飲み屋さんなど。

そっからマリンで帰るとき友達のFuに連絡。
Fu「了解です。迎えに行きます」
僕「3ks」

マリンで高松につくとFuが待ってました。
相変わらず元気なFuです。
どこにそんな元気があるのか…
僕が色々な面で疲れていると言うと、
Fu「今日は飲んでぐっすり休んでください…」
とのことです。

受、Fu、そして大切な人、さらにF
みんな3ks
DEW A//

そそ、セラピストの服装ですが…写真はAの部屋でアップします。
セラピストにも了解済ですが…ここに載せるのは無理なので…察してください。

relaxation salon Bliss(ブリス) 基本情報

セツビレベル()
★★★☆☆
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★☆
ムフフレベル()
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★☆☆

relaxation salon Bliss(ブリス)(岡山県岡山市)
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)