オイリンさんこんにちは!
情報ありがとうございます。
かなりリアルで詳しくで感謝!です。

最近、もう一個、部屋が追加されたという
その部屋が気になってるんですよね。
どうすることも出来ない願いですが^^;;




体験内容: 以前から何度か問合せするも時間が合わずに断念していた初LUXEの初セラピさんでついに予約がとれました。
時間少し前に電話を入れて、時間通りにピンポンしてくださいとのことで、ワンルームの部屋をピンポン。
部屋の中から少し物音がして待っているとドアが開きます。

 

キュートという言葉がピッタリのセラピストさんが出迎えてくれます。
服装はピッタリした黒のTシャツとMNSK。
初訪問のお店で初めてのセラピストさんの上に、キュートさにドキドキしてしまいますが、こちらの緊張が伝わったのか、どことなくセラピストさんも緊張しているような。。お茶をいただいて90分コースの支払いを済ませます。

 

着替えてシャワーですが、他のレポでもあるように狭いワンルームの廊下?キッチン?にトイレやお風呂のドアの大きさや開きがちょっと変でぶつからないように進みます。。
シャワーを浴びて指定された神T(小さめ)をはき部屋へ戻ります。

 

 

 





 

 

 

うつ伏せ指圧から施術開始。
「オイルマッサージは初めてですか?」という会話からスタート。緊張してたせいか慣れてないように見えたのかも。
「ちょこちょこ行きますよ。」などと話をしつつ、施術は足裏の指圧から順番に上がってきます。
「マッサージの力強い方なので痛かったら言ってください。」という言葉の通り、スリムな容姿からは想像できなかった圧でのマッサージ。期待していなかったところへしっかりしたマッサージで嬉しい誤算。
いろいろ話をしていると見た目どおりの若さだということも解り、でも落ち着いた丁寧な接客で安心して施術を受けられます。

 

指圧マッサージは両足から、おしり・腰もしっかりほぐして、お尻の上に跨って背中のマッサージ。肩まで来ると腕のマッサージはスパイダー3着施術。話しをしながらなので、吐息が耳にかかる感じが、ぐっときます。

 

 

 



 

 

 

マッサージの技術に驚いていると「マッサージはするのもされるのも好きなんです。」という期待ワードですが、純粋にマッサージ店での施術受けて良かった施術は取り入れてみてるという真面目さです。
そうそう、最初にセラピストさんも緊張して見えたのは、久しぶりの出勤だったからということが判明。話しているうちに段々和んだ雰囲気に。

 

一通りの指圧が終わって、「オイル付けていいですか?」の確認されつつ足裏からオイルマッサージです。
変わらずしっかりしたマッサージで上へと上がってきます。
上がってくるにつれて、片手で太腿あたりのマッサージをしている時にはもう片方の手が内ももというか中央部に添えられていたり男心をくすぐられつつ、そして内ももからさらにKWへ、そして手は下へもぐって鼠径部。鼠径部を流した手は戻り際に第0鼠径部を通過してリアルに男(心)をくすぐられ戻っていきます。なんだか男心をわかってらっしゃる感ハンパ無いです。

 

両足が終わりお尻に進むところで「足を閉じてください」ということで太腿あたりに跨ってお尻施術です。おしりから閉じている足をこじ開けるように手が体の下へ入り再び第0鼠径部へ前半から期待を超えてBSも膨らみます。
そのままセラピストさんはお尻の上へ移動して腰から背中へ。
背中・肩と進んで戻る際に今度は脇を通過して下へ。そして心なしかセラピストさんも腰が動いているような。そんな要所要所でメンエス要素を入れてくれます。
さらに肩をほぐして腕へはスパイダー3着施術。そしてそこから腕を取られて後ろ手になり、なっていうか取り押さえられてる体勢。(笑)
初めての体勢で少しびっくりしていると肩甲骨のマッサージ、後ろ手にすることで浮き上がってしっかりマッサージできるんだそうです。

 

 

 

 

 

 

そしてここからメンエス要素が加速していきます。
足を開いて片足ずつのカエル。KWから中央へ中央からKWへ、セラピストさんの手の往復運動の中、いつの間にか窮屈になっていた神Tが透明になっていた気がします。
うつ伏せが苦しくなってきたところで「楽な体勢で座ってください」ということであぐらをかいて座ります。すると後ろからBTKと第0鼠径部へのダブル攻撃。こちらも思わず足へ手が伸びますが、セラピストさんの足の上にはバスタオル。。防御力が高い。。
さらに体勢を変えて4281たっぷりのオイルをHIPから追加、垂らされHIPの中央から第0鼠径部への往復運動。
激YBになってきたところで仰向けに。セラピストさんは太腿の上に跨りGPでの往復運動。
こちらも足をSWSWするも「だーめ、我慢して!」と可愛く言われて余計に萌えてしまいます。
往復運動も速度が上がり、色々我慢できるはずもなく、こちらも少しずつ中央へ、かわいいフリルの付いた布の感触を味わいながら大量5葉9です。

 

 

 

 

 

 

まだ時間があるということで、凝っている肩まわりを時間までほぐしてもらって終了です。
施術中の話の流れで、予約の段取りで次のお客さんとのインターバルが無いということだったので、少し急いでシャワーを浴びます。
シャワーから出ると、セラピストさんが「体拭きますよ。」と施術が終わっても男心がくすぐられます。
早めにシャワーと着替えを済ませたので、急がせてしまっていることに気を使ってくれましたが、「おしゃべりより少しでも休憩とって」とそのまま帰ろうと玄関へ。靴を履き終わると背中をツンツンとされ振り向くと握手の手を差し伸べられ、そしてハグも。
最後まで男心を逃さないセラピストさんです。

 

Luxe ラグゼ 基本情報

 

セツビレベル(ワンルームは○・内装設計は?)
★★☆☆☆
セラピコノミ度(キュート&丁寧)
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★☆☆
ムフフレベル()
★★★★☆
マッサージレベル()
★★★★☆

情報提供(オイリン)→Luxe ラグゼ(岡山県岡山市)
Tagged on: