気が付けば9時頃でした。
兎にも角にも喉が渇く。
というのも最後の〆のラーメンのせいです。

水を500cc一気飲み。
うーん。まだまだ水分不足のようだ。
こんな時はスポーツドリンクの方がいいのかな?

そんな風に思いつつも水を飲んだ。
昨日のエステは突然予定変更から放り込んだお店。
本当は僕の情報から他のお店だったのですが…

やっぱり友達との忘年会。
これを考えると仕方なくそうなりました(←失礼^^;;)

体調…悪くもなく良くもない。
シャワーを浴びて重装備に着替えました。

そして、南で少し遊びに行きます。

 

 

 

天気は良くもなく悪くもないそんな感じです。
うーん。自転車かりよう。

ブリスを超える手前の珈琲館。
今日はポテトタマゴサンド?
サラダ付きで560円。

 

 

 

 

ここは、オススメです。
この寒い時期アイスコーヒー飲んだけど、
やっぱり少し寒く感じて、追加でホットコーヒーを注文しました。

追加で頼んだコーヒー…
なかなか来ない。
時計を眺める…少しやばくない?
僕「すみません。追加のコーヒー何時来ますか?」
店「すみません。ちょっと待ってください。」
すると、すぐにコーヒーがやってきた。

 

 

 

 

熱いコーヒーだったけど、時間の都合でほぼ一気飲みです^^;

そのコーヒー追加のせいで700円そこそこになったかな。
コーヒー2杯目は半額です。

そっから再度南下。

 

 

 

180分の用事はあっという間で、
ん?時計まちがっていない?

とか、地球の自転の速度が一瞬変わったとかじゃ?
などくだらないことを考える。

 

僕はそんな時間の速さを恨んだ…

 

そんな用事を済ませて、ラーメン食べます。
気分的には浅月だったけど、
餐休泉田本店に何故か行きました。

 

 

少し薄めで注文。

あっさりと完食。
餐休のラーメンはスープに多少癖があります。
多分魚介系の何かなのですが、
分かりません。なので好き好みは若干あるかな?
僕は好きな方になります。

 

支那そばの店 餐休(さんきゅう)泉田本店

 

 

 

僕「ありがとうございます」
僕「相変わらず絶品ですね。」
店員は笑って会釈しました。

 

そこからは、再度、北上、
大雲寺から西へ西へ

 

 

時間があったのでマルハチで少し休憩。
スロッていたけど。
良くわからない台。
時間潰しにはもってこいで、30分くらい前になった。

 

 

心(念のため一応、確認の電話をしておこう)
僕「確認ですが、〇時〇さんであってますよね」
受「はい大丈夫です。
僕「自転車ってどこにとめればいいのでしょうか?」
受「えーと向かいにあります。
僕「分りました。ではその時間に伺います。」
受「すみません。ちょっと確認して折り返します。

心(はて?)
心(時間早く行けるのだろうか?)
心(この後のエステを考えると好都合)

 

 

などと勝手に都合のいい方に考えていました。

再度電話がかかってきて…
受「すみません。場所は〇になります。
僕「そうですか…わかりました。」

 

何故

ここに来て。

 

 



 

またまたに昇らなきゃ?

 

少しだけイラっとしました。

時間になり、天に昇ります。
うーん。
なんだかなぁ~。

 

 

 

ピンポンから出てきてくれたセラピスト。

 

 

可愛い系セラピストでスタイルも申し分ない。
こうも揃うのが不思議に思う。

 

そして案内された部屋。
その部屋は昨日と同じ部屋

 

この時、僕はエステを楽しむというよりも、
このお店に対する不信感。

その方が強かったし、セラピストが良くても、
天に上ると一定の線は超えるものの、
そう良くないというのを理解しつつありました。

 

 

セラピストの表情は硬く、緊張しているようにも見えました。
その表情を作り出したのは間違いなく、

の空気。

 

セ「はじめまして、〇〇です。
僕「えっ?〇〇さんじゃ?」

 

この疑問は解決したのですが、
平たく言えば、昨日は予定していたセラピストが別セラピスト
今日は、予定していた場所が別さらには一瞬別セラピスト
そう思うと、気分は↓↓で。

 

僕「13000円ですね」
セ「12000円です。」

 

もうこの金額の相違感も理解しつつあります。
その金額を支払い一服。
スマホを眺めます。

 

バックに流れている音楽も昨日と同じで、
「恋に落ちて。」

 

セ「服を着替えて準備が出来たらボタンおしてください
セラピストは部屋を出ました。

 

何故か気持ちの整理をしよう。
そう思いもう一服してから着替えます。
10分くらいかかったかな。

 

 

 

 

ピンポンを鳴らすとセラピストが戻ってきました。
セ「シャワーこちらになります。
セ「神P履いて部屋に戻ってください。
セ「準備ができたらピンポンしてください。

 

サクっとシャワーを浴びて部屋に戻ります。
そしてピンポン???
ここはピンポンだったかな?
多少、記憶が曖昧です。

 

またまた一服。
一服しなからセラピストと話ます。
セ「まだ入って〇〇くらいなんですよ
セ「よろしくお願いします。

 

僕は今回最終局面がもう分かっていました。
僕「なんとなくだけど」
僕「ファミマ裏とこことじゃ違う気がします。」
セ「そうですか。

セ「煙草、頭の上で吸いますか?

 

いいセラピストだ。

 

だけど、そこに至る過程が。
何故か…

 

僕「吸ってからでいいです。」

 

という不愛想な返事になってしまった。
そんな空気を察したセラピスト。

 

余り、笑顔はなかったような気がします。
そう見えただけかもしれません。

 


セラピスト募集中!!



 

うつ伏せから始まった施術。
やはりぎこちなく感じたけど、首の指圧は結構な力でいい感じです。
少しの指圧の後、
オイルマッサージになります。

うつ伏せ、足裏からのオイルマッサージ。
殆ど、脹脛、太ももと足一本のマッサージです。

 

太もものマッサージではセンターラインを通過。
掠ってきます。
やはり深い施術。

 

セ「足曲げてください

 

カエルリンパ鼠蹊部マッサージ。
深いし掠るし、GYO9から手前のリンパ鼠蹊部マッサージ。
当然、FKとなるはずなんだけど、これが反応無しでした。

 

途中、セラピストが、
セ「すみません
僕「〇さんが悪いんじゃないよ」
僕「なんだかゴメンね。」

 

そういってまたまた反対の足のマッサージ。
同じく深い。

 

この時のマッサージ圧がどうのこうのっていうのは、
全く思い出すことができませんでした。

 

ただ、セラピストの手はスムーズな動きじゃなく、
どこか偏った感じのマッサージ。
何故か緊張しているかの様。

 

そこから、腰、背中のマッサージ。
肩甲骨や首のマッサージもありました。

サイドの鏡では、セラピストが4281。
その眺めは絶景で。

でもね、何故か反応しないのです。

 

セ「仰向けになってください
僕「はい」

足から始まり、腰に跨ってのマッサージ。
ここからがメンズエステ。

 

 

 

 

セラピストの鼠蹊部リンパマッサージにと思いきや。

セ「ダメ!

 

僕は頭の後ろで手を組みました…

 

 

でもね、ここからの施術は凄かった。
それまでの、

 

不信感、不快感。

 

不信感を、
セラピストが見事にかき消す。
そして、
さらには、不も消えた。

NAturAlに残ったもの、

(n*´ω`*n)

流石のセラピスト!!

 

 

 

セラピストはIRな目で僕をみつつ、

僕とセラピストの距離は-3cmになります。

長割。

セ「ううん?いいですよ。

 

この返事は、トラップじゃない。
そう確信しました。

 

途中、今回は時白でよいかな。
なーんて思っていました。

 

でもね。
ここからのセラピストの施術。
これは、それまでの何かを一気に解消してくれるもので、

デコルテMタイプオイルマッサージ。

 

最初のDAMEが再トライで少しOK。
何時しか、施術服の色が変化。
表情は虚ろな感じ。

 

 

僕も施術。
音楽に大人のメロディーが混ざります。

 

そして、ここ数年、僕はこのエンディングは無かったかな。

 

施術は終盤。

 

リバーススパイダー。

セラピストのが、

少し前に変化した僕に近づきます。

 

そして、あろうことか、

 

 

Aブロック

Aブロックについて

Luxe ラグゼ④(岡山県岡山市)

 

 

施術は息切れと共に終了しました。

実際、終わってみればかなり満足した施術には違いなく、
僕「めっちゃよかったです。」
セ「満足してくれてよかったです。
僕「最初は最悪って感じだったけど」
僕「あっ。君のせいじゃないよ」
セ「うん。でも嬉しいです。
セ「シャワーの準備してきますね♪

 

僕「はい^-^」

 

服を着て、ピンポン。
一服してセラピストと話します。

 

何でもない会話?
いや、まあ重要な会話。

 

そして、笑顔で見送られました。

 

気が付けばあっという間の90分。

 

 

 

 

そして僕はもう一度、

そんな時間の速さを恨んだ…

 

DEW A/FLSIK/

 

Luxe ラグゼ 基本情報

 

セツビレベル(不満を入れるとすればここかな)
★☆☆☆☆
セラピコノミ度()
★★★★★
キワレベル()
★★★★★
カンヨウレベル()
★★★★☆
ムフフレベル(5でもいいんだけどやっぱり。)
★★★★☆
マッサージレベル(これからだけど指圧はシッカリ^^;;)
★★★☆☆

 

Luxe ラグゼ④(岡山県岡山市)
Tagged on: