どうでも良いことなのですが…

HOTEL O

これは、「ゼロ」なのか、「オー」なのか。
前からこれだったっけ???

そんな事を考えながらお店に向かいます。

久しぶりのパフォーマンスタイム!!

そう言えば、ここは書いてない時もあって^^;;

その時も健全化店との梯子だったかな。

 

少し早めに到着。
お店に電話します。
部屋番号も聞かないと行けなかったので。

 

 

 

 

僕「もう多分着きそうなのですが、」
僕「どうでしょうか?」
受「今、後2分で大丈夫と連絡ありました。
僕「確か禁煙でしたね」
受「そうなのですよ…
僕「分かりました。一服してから入ります」
僕「それで大丈夫でしょうか?」
受「大丈夫です
僕「よろしくお願いします。」

 

そういって、川を見つめながら一服します。
こんなところ人に見られたら変な人だな^^;;
なーんて思いながら頃合い!

 

階段を上がってピンポン。
しばらくして出てきてくれたセラピスト。
若いセラピストでした。
普通の施術服のように見える。
けど、、、
丈がMNSK以上です^^

 

 

セラピストは挨拶して部屋に入れてくれました。
僕は奥に座ります。

 

ん?

 

アンケートと何かカードのようなもの。
それにサインします。

 

セ「え~香川から?
僕「そうです。」
セ「エステのため?
僕「まあ、そんな感じです。」

 

サインを書きながら。
紙コップにお水だったかな、
持ってきてくれました。

 

セ「90分コースですね
僕「はいそうです。」
セ「12000円になります

 

僕は丁度をセラピストに渡しました。

 

 

 

 

 

 

セ「シャワーの準備してきますので、
セ「ここで服を脱いで
セ「神Pもって
セ「タオルを腰にまいてください。

 

僕は何故か頭が回らず手順を確認していました。

 

そして言われた通りにして、
いつもはもたない神Tをもってシャワー室に案内されます。

 

セ「ここに神Pをおいて
セ「シャワーを浴びて部屋に戻ってください。

僕は何故か違和感を感じる。

僕「あれ???」
僕「音楽は?」
セ「部屋に戻ってからです。
僕「へ~そうなのですね。」

 

 

僕は、シャワーを浴びタオルを巻きました。
神Pは置きっぱなしで。
一応確認します。

 

僕「すみません」
僕「神Pはここに置いておいていいのでしょうか?」
セ「え??
セ「履かないでタイプですか?
僕「履かない方がいいかな^-^」
セ「じゃーそのままで。

僕は床に斜めに置かれた5cmの円筒状の神P。
それを一瞬みて、部屋にもどります。

 

 

部屋は、
受付場所と施術場所が、シースルーなカーテンで仕切られています。
少し狭いけど奥に鏡があります。

 

そんな床施術にうつ伏せになりました。

 

セ「それでは指圧から始めて行きますね♪
僕「さっき本格的なマッサージうけたばかりなので」
僕「メンズエステ満載のオイルマッサージからでいいですよ」
セ「わかりました。

 

カスタマイズ。

 

そう、オイルが数種類あって、

 

セ「どれにしますか?
僕「うーん」
僕「一番、E~オイルはどれ?」
セ「ローズかな
セ「ピンクの…

 

僕「じゃーそれでお願いします。」

 

そんなオイルマッサージ。
どう言えばよいか…
かなり単調なのです。
心ここに非ず。

 

 

 

 

同じ作業をひたすら正確にこなしている。
そんな感じのマッサージ。
強弱というものもなく、
コースも同じ。

 

脹脛、太もも、太ももはKIWまでしっかり、
そんな往復をひたすらでした。

 

まあ、そもそもマッサージにはそれほど期待していなかったのですが…
スゲーと思いつつマッサージを受けます。

 

バックの音楽の音量が小さいかなを思い。

 

僕「もう少し音量上げてくれます?」
セ「はい♪

 

 

セラピストは多分、音量MAXにしました。

これが後に大変なことになります(笑)

 

右足のオイルマッサージは余りに長く。

 

僕「カエルリンパ鼠蹊部マッサージとかあるの?」
セ「ありますよ♪
セ「時間配分もあるので^^;;
僕「そうですね」

セラピストは時々時計を眺めていました。

僕「カエルリンパ鼠蹊部マッサージでいいですか?」
セ「はい。

そんなカエルリンパ鼠蹊部マッサージは、
後方からと脇腹からの両サイドからのリンパマッサージです。
若干かするものの。
まあマッサージのついでで当たる感じです。

 

 

 

突然、

セ「Aの体験記って知ってます?
僕「ん?」

 

少し迷った…
けど。

僕「知ってますよ」
セ「あれ詳しいですよね。

 

ん?
少し迷った…
けど。

 

僕「あまり知らないけど」
僕「そうかな」

 

セ「そうそう会話とか。

 

ん?
少し迷った…
けど。

 

 

 

 

 

 

 

僕「そうなのかな」

セ「….

セ「Aの人じゃないですよね…

ん?マジか…
少し迷った…
けど。

 

 

 


セラピスト募集中!!



 

僕「さあ。だたAだとどうなの?」

セ「うーん。緊張するかな

僕「どうせ、くだらん人だから」
僕「気にすることないんじゃ?」

 

微妙にツボに嵌りそうだったので、

 

僕「なんか、他のマッサージってないの?」

 

と方向転換です。
というのも、相変わらずマッサージは単調で。
さっきのマッサージと比較するとorz
こうも違うのか…
ただ、メンズエステ要素は満載。

 

僕「仰向けいいですか?」
セラピストは時計を見ながら。
セ「少し早いかな。

 

僕「じゃーもう片足のカエルリンパ鼠蹊部マッサージは」
セ「はい♪

 

もう片方の鼠蹊部リンパマッサージをしていると、
バックの音楽が気になり始めました。

 

ん?

 

今になってですが、

音量が大きくないか。

 

 

バックはE~音楽に、
正にその行為が浮かぶ様。

 

僕は、
僕「いい音楽ですね」
セ「男の人にとってはね^-^

 

僕「仰向けいいですか?」

セラピストは少し時計を見ながら、
セ「はい。

 

僕は仰向けになった。
彼はもう背伸びをしていました。

 

セラピストは足の間に入ってのマッサージです。
肘で彼をなぎ倒すような、
鼠蹊部リンパマッサージ。

 

両手はデコルテマッサージ。

 

僕「ピンポイントでお願いできますか?」
セ「こう?
僕「そうぅぅぅ…」

 

そんなマッサージは、
ピンポイントな鼠蹊部リンパマッサージ。

 

そのマッサージはローリングマッサージだったけど、
なによりもバックの
9(●´Д`)ε`○)
9(●´Д`)ε`○)

音と重なった。

 

 

彼は元気いっぱいだったけど、
恥ずかしかったのか、
顔を真っ赤にしていました。

 

セ「いったん第一施術終わって
セ「第二施術にします?

 

セラピストからの提案でした。

僕は少し考えて、
僕「第一施術だけでいいかな…

 

でもね。

しばらくすると、

音楽は

 

MAX

 

で…

 

19満載でした。

 

合間で、9(●´Д`)ε`○)x2

 

そんな音楽は、

 

たとえ施術が単調でも、
内容が濃いものとなった。

 

僕は、もう彼を制御することはできなかった。

セ「(笑)

第一施術は終了です。

 

 

 

 

 

しばらく、ぼんやりと天井を眺めていたのですが、
再度、施術が開始されます。

 

僕は、長割をお願いしました。

セ「少しなら(*^^*)

 

僕の手は鼠蹊部リンパマッサージ。

 

 

そして、Vオイルを確認してからは、

バックの音楽にシンクロさせます。

 

 

さっきまで眠っていた彼は、
その様子にビックリしたようにのぞき込みました。

 

バックの音楽。

いったい、大声で

 

どこへ

 

のだろう。

 

音量をMAXにしたことに少し大丈夫だろうか…
そう思い始めました。

 

なんどもどこかへ出かける音楽。

 

そんな音楽に施術は

 

シンクロ率100

いや…暴走!

 

僕は、ピンポイントデコルテマッサージ。
それを練習させてもらいながら、
第二施術が終了となりました。

 

アロマオイルマッサージ…
揉み返しが速攻やってきて。
何故か気だるい。

 

 

 



 

 

セ「シャワーの準備してきますね
僕「はい。」

 

僕はサクっとシャワーを浴び、
服を着ます。

 

そして、スマホを眺め少しだけ考えました。
このスマホ。

壊れてるTT

 

もっといいスマホ買わなきゃ^^;;
でも何故かセラピストが、

すみません

という言葉は印象的でした。

 

 

 

パフォーマンスタイム 基本情報

 

 

セツビレベル()
★★☆☆☆
セラピコノミ度()
★★★☆☆
キワレベル()
★★★☆☆
カンヨウレベル()
★★★★★
ムフフレベル()
★★★★☆
マッサージレベル()
★★☆☆☆

パフォーマンスタイム②(岡山県岡山市)